検索結果 5,362 件中 1 件 〜 50
  1. 2020080706742

    永遠に手を合わせる場所を 読経する辻和尚  慰霊祭で読経する豊川稲荷の辻和明和尚=7日午後、愛知県豊川市 「戦後75年」

  2. 2020080706600

    涅槃図裏に光秀妻の戒名 涅槃図  涅槃図の表面=大津市歴史博物館

  3. 2020080706598

    涅槃図裏に光秀妻の戒名 熙子の戒名  明智光秀の妻熙子の戒名などが書かれている涅槃図の裏面=大津市歴史博物館

  4. 2020080706597

    涅槃図裏に光秀妻の戒名 涅槃図の裏面  明智光秀の妻熙子の戒名などが書かれている涅槃図の裏面=大津市歴史博物館

  5. 2020080405264

    子どもが僧侶の仲間入り 記念写真の子供ら  京都・東本願寺で「得度式」を終え、記念撮影に臨む子どもたち=4日午前

  6. 2020080405246

    子どもが僧侶の仲間入り 記念撮影に臨む子どもたち  京都・東本願寺で「得度式」を終え、記念撮影に臨む子どもたち=4日午前

  7. 2020080405245

    子どもが僧侶の仲間入り 記念写真の子供ら  京都・東本願寺で「得度式」を終え、記念撮影に臨む子どもたち=4日午前

  8. 2020080405244

    子どもが僧侶の仲間入り 記念写真に収まる子供ら  京都・東本願寺で「得度式」を終え、記念撮影に臨む子どもたち=4日午前

  9. 2020080507830

    パンチェン・エルデニ、大昭寺の釈迦牟尼像を参拝  3日、釈迦牟尼像を参拝するパンチェン・エルデニ。中国人民政治協商会議(政協)全国委員会常務委員、中国仏教協会副会長、中国仏教協会チベット分会会長のパンチェン・エルデニ(パンチェン・ラマ)11世(ギェンツェン・ノルブ氏)が3日、チベット自治区ラサ市の大昭寺(ジョカン寺)を訪れ、釈迦牟尼像を参拝し、僧侶たちの頭に手を置いて祝福を授けた。(ラサ=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020080507809

    パンチェン・エルデニ、大昭寺の釈迦牟尼像を参拝  3日、釈迦牟尼像に金粉を塗るパンチェン・エルデニ。中国人民政治協商会議(政協)全国委員会常務委員、中国仏教協会副会長、中国仏教協会チベット分会会長のパンチェン・エルデニ(パンチェン・ラマ)11世(ギェンツェン・ノルブ氏)が3日、チベット自治区ラサ市の大昭寺(ジョカン寺)を訪れ、釈迦牟尼像を参拝し、僧侶たちの頭に手を置いて祝福を授けた。(ラサ=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020080507813

    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開  7月31日、大悲禅院の境内に立つ祖師殿。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020080507743

    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開  7月31日、大悲禅院の境内に立つ地蔵殿。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020080303214

    広州五大名刹の一つ華林禅寺を訪ねて  華林禅寺の境内の一角。(資料写真)中国広東省広州市茘湾区(れいわんく)にある華林禅寺は524年に創建された禅宗の古刹(こさつ)で、1500年近い歴史を持つ。インドの高僧、菩提達磨(ぼだいだるま、達磨大師)が中国で最初に禅の教えを説いた聖地とされる。達磨大師は、師の般若多羅(はんにゃたら)より受け継いだ禅の教えを広めるため、南北朝時代の梁の普通年間(520~527年)に海を渡り、3年かけて広州城外の珠江北岸にたどり着いた。後に華林禅寺となる「西来庵」をこの地に構え、修行に打ち込んだと伝えられている。境内には、有名な五百羅漢堂や星岩漢白玉舎利塔などがある。羅漢堂内に祭られている五百羅漢は、厳しい表情で座っていたり、腹を出して微笑んでいたりと、一体ずつ動きや表情が異なり、今にも動き出しそうな躍動感がある。(広州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020080507741

    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開  7月31日、大悲禅院の入り口。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020080507783

    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開  7月31日、大悲禅院の境内に立つ念仏堂。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020073008643

    感染者増加、今やるの? 清水寺周辺  閑散とする京都・清水寺周辺=30日午後 「大型サイド」GoTo

  17. 2020073006830

    日本が景観や文化保護支援 僧侶と観光客  ラオス・ルアンプラバンで、僧侶の持つ鉢にもち米を入れる観光客=3月(共同) 「アジア発」

  18. 2020073006828

    日本が景観や文化保護支援 僧侶とブンミーさん  ラオス・ルアンプラバンで、僧侶にもち米をささげるブンミーさん(中央)=3月(共同) 「アジア発」

  19. 2020073004852

    大谷派新門首が記者会見 大谷暢裕氏  就任の記者会見をする真宗大谷派第26代門首の大谷暢裕氏=30日午前、京都市の東本願寺

  20. 2020072702257

    平城京離れ、謎の彷徨 万灯供養会  奈良・東大寺の「万灯供養会」 文化財企画「遺跡からの警告―疫病編」第1部「先史時代―奈良時代」5回続きの(4)

  21. 2020072702245

    平城京離れ、謎の彷徨 訪れる人  奈良・東大寺の「万灯供養会」。大仏開眼会から1200年余が過ぎた今も、訪れる人が絶えない 文化財企画「遺跡からの警告―疫病編」第1部「先史時代―奈良時代」5回続きの(4)

  22. 2020072301062

    75年今も眠る被爆者遺骨 身元不明犠牲者の法要  東本願寺長崎教会の原爆の身元不明犠牲者を悼む法要=9日、長崎市 「核の75年」

  23. 2020072909472

    広州の禅古刹六榕寺を訪ねて  六榕寺の境内にある柱状の平和記念碑。(21日撮影)中国広東省広州市にある六榕寺(りくようじ)は1500年余りの歴史を持つ古刹(こさつ)で、中国禅宗の6番目の祖とされる慧能(えのう)の興した南宗禅の道場として今も使われている。寺の敷地面積は8500平方メートルで、境内には3体の大仏が並ぶ大雄宝殿(だいゆうほうでん)や観音殿、弥勒殿、天王殿、韋駄天を祭った韋駄殿、慧能の像を安置した六祖堂、蔵経閣、六榕花塔、碑廊などがある。境内の中央にそびえる六榕花塔は高さ57メートルで八角形をしており、外観は9層、内部は17層となっている。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020071500801

    「期待」「怖い」交錯 清水寺周辺  観光支援事業「Go To トラベル」に期待がかかる世界遺産・清水寺の周辺=15日午後、京都市東山区

  25. 2020071500799

    「期待」「怖い」交錯 清水寺周辺  観光支援事業「Go To トラベル」に期待がかかる世界遺産・清水寺の周辺=15日午後、京都市東山区

  26. 2020072801956

    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開  15日、雨の中で一般公開を再開した竜華寺。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020072801972

    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開  15日、雨の中で一般公開を再開した竜華寺。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020072802132

    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開  15日、竜華寺に入る前に情報登録を行う参拝者。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020072802095

    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開  15日、竜華寺を訪れた参拝者。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020072802125

    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開  15日、雨の中で一般公開を再開した竜華寺。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020072802126

    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開  15日、竜華寺の中で写経をする信徒。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020072802128

    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開  15日、雨の中で一般公開を再開した竜華寺。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020072802040

    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開  15日、竜華寺を訪れた参拝者。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020072802099

    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開  15日、竜華寺を訪れた参拝者。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020072802131

    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開  15日、竜華寺を訪れた参拝者。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020072802133

    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開  15日、竜華寺に入る前に体温測定を受ける参拝者。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020072802067

    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開  15日、竜華寺を訪れた参拝者。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020072802123

    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開  15日、雨の中で一般公開を再開した竜華寺。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020071411733

    国宝・百済観音、鮮明に 百済観音像と僧侶ら  新しいケースに入れられた百済観音像と読経する僧侶ら=14日午後、奈良県斑鳩町の法隆寺

  40. 2020071305442

    戸松義晴さん  全日本仏教会理事長に就任した戸松義晴(とまつ・よしはる)さん 「時の人」

  41. 2020071304237

    500年の時を超えた美しさ河北省毘盧寺に残る壁画  毘盧殿内部の壁に描かれた壁画。(資料写真)中国河北省の省都、石家荘市にある中国仏教の悠久の歴史を今に伝える毘盧(びる)寺は、見事な壁画が残されていることで知られる。(石家荘=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020071304279

    500年の時を超えた美しさ河北省毘盧寺に残る壁画  釈迦殿の内部に安置されている釈迦仏像と2体の弟子像。(資料写真)中国河北省の省都、石家荘市にある中国仏教の悠久の歴史を今に伝える毘盧(びる)寺は、見事な壁画が残されていることで知られる。(石家荘=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020071304122

    500年の時を超えた美しさ河北省毘盧寺に残る壁画  毘盧殿内部の壁に描かれた壁画。(資料写真)中国河北省の省都、石家荘市にある中国仏教の悠久の歴史を今に伝える毘盧(びる)寺は、見事な壁画が残されていることで知られる。(石家荘=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020071304299

    500年の時を超えた美しさ河北省毘盧寺に残る壁画  毘盧殿内部の壁に描かれた壁画。(資料写真)中国河北省の省都、石家荘市にある中国仏教の悠久の歴史を今に伝える毘盧(びる)寺は、見事な壁画が残されていることで知られる。(石家荘=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020071304307

    500年の時を超えた美しさ河北省毘盧寺に残る壁画  毘盧殿内部の壁に描かれた壁画。明代に完成し、面積は約122平方メートルで、人物508人が描かれている。(資料写真)中国河北省の省都、石家荘市にある中国仏教の悠久の歴史を今に伝える毘盧(びる)寺は、見事な壁画が残されていることで知られる。(石家荘=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020071304245

    500年の時を超えた美しさ河北省毘盧寺に残る壁画  毘盧殿の内部に安置されている毘盧遮那(びるしゃな)仏(奥中央)などの仏像。(資料写真)中国河北省の省都、石家荘市にある中国仏教の悠久の歴史を今に伝える毘盧(びる)寺は、見事な壁画が残されていることで知られる。(石家荘=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020072802158

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  8日、雲岡石窟第9窟の彫刻。左側は西域様式、右側は中国様式になっている。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020072802150

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  8日、雲岡石窟第20窟の大仏。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020072802163

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  8日、雲岡石窟第6窟の供養菩薩と執金剛神(しゅこんごうじん)。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020072802058

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  8日、雲岡石窟第19窟の大仏。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像