検索結果 1,161 件中 1 件 〜 50
  1. 2020080602225

    中国のネットで人気の古鎮、芙蓉鎮が観光客でにぎわう  2日、湘西トゥチャ族ミャオ族自治州芙蓉鎮の滝の周囲に建てられた住宅。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県の芙蓉鎮は夏を迎え、新型コロナウイルスの感染防止対策を徹底しながら観光客を迎え入れている。ここ1カ月ほどは1日平均約4千人が訪れており、観光客数は引き続き回復傾向にあるという。芙蓉鎮はもともと王村という名の2千年以上の歴史を持つ古鎮で、至る所に滝があるため、「滝の上に掛かる千年の古鎮」とも呼ばれている。1987年に公開された映画『芙蓉鎮』のロケ地として有名になったことから、「芙蓉鎮」と改名された。(永順=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020080303457

    中国のアンコールワット修復支援、研究は継続中  カンボジアのシェムリアップにあるアンコール遺跡群の王宮遺跡。(小型無人機から、資料写真)中国がカンボジアで進める「アンコールワット王宮遺跡修復プロジェクト」が休むことなく続けられている。同プロジェクトは、中国がアンコール遺跡群で進めている3番目の保護修復プロジェクトで、2030年修了を予定している。中国文化遺産研究院は19年11月に同プロジェクトの応急処置と考古学調査を開始。中国側の考古スタッフとカンボジアのアンコール遺跡群の保護管理を担うアプサラ機構の考古スタッフによる合同調査チームが、遺跡に駐在し研究を進めている。新型コロナウイルス感染症の発生後、遺跡の発掘作業は中断されたが、調査チームはこれまでに出土した文化財の研究に急ピッチで取り組んでいる。出土した器物の中には中国の磁器片も含まれており、クメールの歴史における中国カンボジア両国の緊密な文化交流を裏付けている。(プノンペン=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020080303521

    トウモロコシの加工産業で増収を後押し黒竜江省大慶市  7月30日、黒竜江伊品生物科技の工場。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はここ数年、トウモロコシの高付加価値加工産業を積極的に発展させている。県内と周辺地区のトウモロコシ栽培農家の増収をけん引するとともに、物流業やサービス業など他分野の発展も促進している。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020080303491

    トウモロコシの加工産業で増収を後押し黒竜江省大慶市  7月30日、黒竜江伊品生物科技の工場。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はここ数年、トウモロコシの高付加価値加工産業を積極的に発展させている。県内と周辺地区のトウモロコシ栽培農家の増収をけん引するとともに、物流業やサービス業など他分野の発展も促進している。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020072801067

    中欧班列、鄭州発着路線が開業7周年  18日、中鉄聯合集装箱の鄭州中心駅に停車する中欧班列の列車。(小型無人機から)中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」は18日、鄭州発着路線で開業7周年を迎えた。開業当時は月1便だった運行本数も今では多い時で往路週14便、復路週10便にまで増え、目的地も30カ国130都市となった。貨物は高級衣料・帽子、陶磁器、自動車(完成車)、医療機器、生鮮食品などに及ぶ。2013年7月18日から今月18日までの運行本数は累計3274便で、貨物の輸送額は138億8300万ドル(1ドル=約107円)に上る。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020072800896

    中欧班列、鄭州発着路線が開業7周年  18日、中鉄聯合集装箱の鄭州中心駅を出発する中欧班列の列車。(小型無人機から)中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」は18日、鄭州発着路線で開業7周年を迎えた。開業当時は月1便だった運行本数も今では多い時で往路週14便、復路週10便にまで増え、目的地も30カ国130都市となった。貨物は高級衣料・帽子、陶磁器、自動車(完成車)、医療機器、生鮮食品などに及ぶ。2013年7月18日から今月18日までの運行本数は累計3274便で、貨物の輸送額は138億8300万ドル(1ドル=約107円)に上る。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020072800977

    中欧班列、鄭州発着路線が開業7周年  18日、中鉄聯合集装箱の鄭州中心駅に停車する中欧班列の列車。(小型無人機から)中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」は18日、鄭州発着路線で開業7周年を迎えた。開業当時は月1便だった運行本数も今では多い時で往路週14便、復路週10便にまで増え、目的地も30カ国130都市となった。貨物は高級衣料・帽子、陶磁器、自動車(完成車)、医療機器、生鮮食品などに及ぶ。2013年7月18日から今月18日までの運行本数は累計3274便で、貨物の輸送額は138億8300万ドル(1ドル=約107円)に上る。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020072801063

    中欧班列、鄭州発着路線が開業7周年  18日、中鉄聯合集装箱の鄭州中心駅に停車する中欧班列の列車。(小型無人機から)中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」は18日、鄭州発着路線で開業7周年を迎えた。開業当時は月1便だった運行本数も今では多い時で往路週14便、復路週10便にまで増え、目的地も30カ国130都市となった。貨物は高級衣料・帽子、陶磁器、自動車(完成車)、医療機器、生鮮食品などに及ぶ。2013年7月18日から今月18日までの運行本数は累計3274便で、貨物の輸送額は138億8300万ドル(1ドル=約107円)に上る。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020072802179

    中国GDP、第2四半期は3・2%増  16日、河北省唐山海港経済開発区の自動車物流基地に並ぶ乗用車。(小型無人機から)中国国家統計局が16日発表した上半期(1~6月)の国内総生産(GDP)速報値は、45兆6614億元(1元=約15円)と物価変動の影響を除く実質で前年同期比1・6%減となった。四半期別では、第1四半期(1~3月)が6・8%減、第2四半期(4~6月)が3・2%増だった。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020071304349

    福建省竜岩市の新エネルギー企業で火災2人負傷、2人不明  12日、火災が起きた竜岩卓越新能源の工場。(小型無人機から)中国福建省竜岩市の新エネルギー企業、竜岩卓越新能源で12日午前10時ごろ、機械点検中に火災が起き、午後2時までに2人の負傷が確認された。うち1人は重傷という。そのほか2人が行方不明となっている。負傷者は既に病院に搬送され、現場では行方不明者の捜索活動などが続いている。(竜岩=新華社配信)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020071304256

    福建省竜岩市の新エネルギー企業で火災2人負傷、2人不明  12日、火災が起きた竜岩卓越新能源の工場。(小型無人機から)中国福建省竜岩市の新エネルギー企業、竜岩卓越新能源で12日午前10時ごろ、機械点検中に火災が起き、午後2時までに2人の負傷が確認された。うち1人は重傷という。そのほか2人が行方不明となっている。負傷者は既に病院に搬送され、現場では行方不明者の捜索活動などが続いている。(竜岩=新華社配信)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020070611816

    瀋陽市からモスクワ・ベリラスト向けの中欧班列が運行開始  3日、瀋陽市にある遼寧港口集団の貨物ターミナル駅を出発するモスクワのベリラスト物流センター行きの中欧班列。(小型無人機から)中国で初となるロシア・モスクワのベリラスト物流センター向けの中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が3日、遼寧省の遼寧港口集団傘下の企業が同省瀋陽市で運営する貨物ターミナル駅を出発した。同列車には自動車部品や化学工業製品、機械装置などのほか、ロシア鉄道に寄贈する医療用マスク30万枚が積まれている。15日ほどで目的地に到着するという。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020071304287

    2020世界人工知能大会、上海市で開幕  3日、上海臨港インテリジェント・コネクテッド車総合テストモデル区を走る車。(小型無人機から)中国上海市で9日、2020世界人工知能大会(WAIC2020)が開幕した。今回初めてオンライン形式で開かれた同大会には、世界各地から500人が参加。実況中継やホログラム、第5世代移動通信システム(5G)などにより、世界中から見られるようになった。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020070611676

    瀋陽市からモスクワ・ベリラスト向けの中欧班列が運行開始  3日、瀋陽市にある遼寧港口集団の貨物ターミナル駅を出発するモスクワのベリラスト物流センター行きの中欧班列。(小型無人機から)中国で初となるロシア・モスクワのベリラスト物流センター向けの中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が3日、遼寧省の遼寧港口集団傘下の企業が同省瀋陽市で運営する貨物ターミナル駅を出発した。同列車には自動車部品や化学工業製品、機械装置などのほか、ロシア鉄道に寄贈する医療用マスク30万枚が積まれている。15日ほどで目的地に到着するという。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020070611490

    山村のインフルエンサー、故郷の景色と美食を発信江西省  1日、蔣金春さんが暮らす早田村。(小型無人機から)中国江西省上饒市横峰県の早田村で暮らす蔣金春(しょう・きんしゅん)さん(42)は、2010年に故郷に戻って起業した後、インターネットを介した商品販売に出合い、16年に自らライブ配信を始めた。ユーモアをちりばめた語り口と朗らかな人柄で村民の収入増をサポートする蔣さんは、瞬く間に人気インフルエンサーとなった。(上饒=新華社記者/周密)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020062204206

    「世界一」成果へ手応え 理化学研究所  神戸市の理化学研究所計算科学研究センター=22日午後(共同通信社ヘリから)

  17. 2020062204204

    「世界一」成果へ手応え 神戸市の理化学研究所  神戸市の理化学研究所計算科学研究センター=22日午後(共同通信社ヘリから)

  18. 2020070600202

    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省  22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地の中を歩く米爾扎提・吾馬爾さんと妻の早然木・吐爾遜さん。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020070600189

    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省  22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地で、コウシンバラの成長具合をチェックする早然木・吐爾遜(下)さんとパートナーの胡婷婷(こ・ていてい)さん。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020070600186

    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省  22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地で、農作業に励む人米爾扎提・吾馬爾やスタッフたち。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020070600207

    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省  22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地で、コウシンバラの成長具合をチェックする米爾扎提・吾馬爾さん(左)と妻の早然木・吐爾遜さん(中)、パートナーの胡婷婷(こ・ていてい)さん。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020062508258

    列車設備の点検・修理で鉄道輸送の安全確保を目指す江蘇省  19日、時速160キロの動力集中方式列車の動輪部分を点検する従業員。(小型無人機から)中国江蘇省の中国鉄路上海局集団合肥「車両段」(鉄道車両の運用、検査などを行う機関)南京「運用車間」(鉄道車両のメンテナンス工場)は25日から始まる端午節連休を控え、設備の補修に着手。車両の点検・修理、設備管理および現場での安全チェックを強化することで、鉄道輸送の安全確保に取り組んでいる。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020072803428

    中国独自開発の10MW洋上風力発電機、グリッド接続発電に成功  10メガワット洋上風力発電ユニットのファンを設置するスタッフ。(6月12日、小型無人機から撮影)中国が独自開発・製造した初の10メガワット(MW)洋上風力発電ユニットが12日午後9時25分、福建省興化湾の第2期洋上風力発電所でグリッド接続発電に成功した。同ユニットは中国国有電力大手、中国長江三峡集団と重電大手の中国東方電気集団が共同で開発した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020072803424

    中国独自開発の10MW洋上風力発電機、グリッド接続発電に成功  中国初の10メガワット洋上風力発電ユニットの設置現場。(6月12日、小型無人機から撮影)中国が独自開発・製造した初の10メガワット(MW)洋上風力発電ユニットが12日午後9時25分、福建省興化湾の第2期洋上風力発電所でグリッド接続発電に成功した。同ユニットは中国国有電力大手、中国長江三峡集団と重電大手の中国東方電気集団が共同で開発した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020072803444

    中国独自開発の10MW洋上風力発電機、グリッド接続発電に成功  1200トン級自己昇降式作業台船(SEP船)「三航風和」。(6月12日、小型無人機から撮影)中国が独自開発・製造した初の10メガワット(MW)洋上風力発電ユニットが12日午後9時25分、福建省興化湾の第2期洋上風力発電所でグリッド接続発電に成功した。同ユニットは中国国有電力大手、中国長江三峡集団と重電大手の中国東方電気集団が共同で開発した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020072803408

    中国独自開発の10MW洋上風力発電機、グリッド接続発電に成功  福建省興化湾の第2期洋上風力発電所。(6月12日、小型無人機から撮影)中国が独自開発・製造した初の10メガワット(MW)洋上風力発電ユニットが12日午後9時25分、福建省興化湾の第2期洋上風力発電所でグリッド接続発電に成功した。同ユニットは中国国有電力大手、中国長江三峡集団と重電大手の中国東方電気集団が共同で開発した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020060908048

    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え  3日、走行テストを行う「雲巴」の車両。(小型無人機から)中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020061503246

    ファーウェイ、廊坊基地のデータセンター第1期が運用開始  3日、ファーウェイ廊坊基地の組み立て式モジュラー型データセンタービル。(小型無人機から)中国河北省廊坊市政府はこのほど、通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)が同社廊坊基地で建設を進めるクラウドデータセンター第1期プロジェクトのデータセンターとコントロールセンターが竣工し、運用を開始したと明らかにした。(廊坊=新華社配信)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020061503262

    ファーウェイ、廊坊基地のデータセンター第1期が運用開始  3日、ファーウェイ廊坊基地の組み立て式モジュラー型データセンタービル。(小型無人機から)中国河北省廊坊市政府はこのほど、通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)が同社廊坊基地で建設を進めるクラウドデータセンター第1期プロジェクトのデータセンターとコントロールセンターが竣工し、運用を開始したと明らかにした。(廊坊=新華社配信)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020060908074

    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え  3日、走行テストを行う「雲巴」の車両。(小型無人機から)中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020060908352

    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え  3日、走行テストを行う「雲巴」の車両。(小型無人機から)中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020060908062

    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え  3日、走行テストを行う「雲巴」の車両。(小型無人機から)中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020060907856

    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え  3日、走行テストを行う「雲巴」の車両。(小型無人機から)中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020060908323

    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え  3日、走行テストを行う「雲巴」の車両。(小型無人機から)中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020060908249

    海南省洋浦経済開発区、自由貿易港建設の「先行区」に  2日、海南省洋浦経済開発区にある洋浦港区の疎港大道2期プロジェクトの施工現場。完成後は、同港区の陸上貨物輸送の主要なルートとなる。(小型無人機から)1992年に中国国務院の承認を経て設立された国家級開発区、海南省の洋浦(ようほ)経済開発区は現在、同省の自由貿易港建設における「先行区」としての役割を担っている。また、西部陸海新ルートの水上輸送拠点、先進製造業基地、大口商品の集散交易基地、国際貿易イノベーションモデル区として位置付けられており、海南島全島の自由貿易港建設のための実践経験を蓄積しつつある。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020061102877

    五台山風景名勝区、寺院の一般開放を再開山西省  空から見た五台山の寺院群。(小型無人機から、資料写真)中国山西省北部に位置する五台山風景名勝区の管理委員会によると、新型コロナウイルスの影響により一時非公開となっていた風景区内の寺院は3日に一般開放を再開した。時間は毎日午前8時から午後6時まで。(太原=新華社配信/劉永平)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020052903530

    医療者に敬意、都心を飛行 上空からブルーインパルス  新型コロナウイルス対応の医療従事者に敬意を示すため、東京都庁(左)上空を飛行する航空自衛隊のブルーインパルス=29日午後、東京都新宿区(共同通信社ヘリから)

  38. 2020060307143

    LIBYA RUSSIA CONFLICT Russia Deploys Military Fighter Aircraft to Libya Russian fighter jets were recently deployed to Libya to support Russian state-sponsored private military contractors (PMCs) operating on the ground in-country. The Russian fighter aircraft arrived in Libya, from an airbase in Russia, after transiting Syria, where it is believed they were repainted to camouflage their Russian origin. “The world heard Mr. Haftar declare he was about to unleash a new air campaign. That will be Russian mercenary pilots flying Russian-supplied aircraft to bomb Libyans,“ said U.S. Army Gen. Stephen Townsend, commander, U.S. Africa Command. Photo by U.S. Africa Command/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  39. 2020051800859

    授業再開控えキャンパスに戻る学生たち重慶市  15日、キャンパス内に植えられたジャカランダの木陰で休憩する学生たち。(小型無人機から)中国重慶市の西南大学で15日、授業再開を控えキャンパスに戻る学生の受け入れが始まった。重慶市では各大学の春学期を11日から順次再開している。新型コロナウイルス対策として、学生の移動が重ならないよう時期や時間をずらすなどの措置を取っている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020051800863

    授業再開控えキャンパスに戻る学生たち重慶市  15日、キャンパス内に植えられたジャカランダの木陰で休憩する学生たち。(小型無人機から)中国重慶市の西南大学で15日、授業再開を控えキャンパスに戻る学生の受け入れが始まった。重慶市では各大学の春学期を11日から順次再開している。新型コロナウイルス対策として、学生の移動が重ならないよう時期や時間をずらすなどの措置を取っている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020051402168

    幕張メッセ大にぎわい    第28回東京モーターショーが開催され、人と車で埋まった千葉市の幕張メッセ=1989(平成元)年11月3日(共同通信社ヘリから) 元年国内 15371

  42. 2020051800884

    山東省威海港、逆境下で貨物取扱量増加を実現  13日、威海港のコンテナ置き場。(小型無人機から)中国の山東省港口集団が管理する威海港は、山東半島東端に位置し、中国と日本や韓国、朝鮮を結ぶ重要港湾として高い地理的優位性を持つ。同港はここ数カ月、新型コロナウイルス対策と生産・経営業務を一体的に実施することで、市場開拓や重要プロジェクトの新たな進展を実現。2020年第1四半期(1~3月)の貨物取扱量とコンテナ取扱量は前年同期比でそれぞれ13・8%増、21・8%増となり、逆境の中での増加を遂げた。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020051800799

    山東省威海港、逆境下で貨物取扱量増加を実現  13日、威海港のコンテナ埠頭。(小型無人機から)中国の山東省港口集団が管理する威海港は、山東半島東端に位置し、中国と日本や韓国、朝鮮を結ぶ重要港湾として高い地理的優位性を持つ。同港はここ数カ月、新型コロナウイルス対策と生産・経営業務を一体的に実施することで、市場開拓や重要プロジェクトの新たな進展を実現。2020年第1四半期(1~3月)の貨物取扱量とコンテナ取扱量は前年同期比でそれぞれ13・8%増、21・8%増となり、逆境の中での増加を遂げた。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020051800804

    山東省威海港、逆境下で貨物取扱量増加を実現  13日、威海港のコンテナ埠頭。(小型無人機から)中国の山東省港口集団が管理する威海港は、山東半島東端に位置し、中国と日本や韓国、朝鮮を結ぶ重要港湾として高い地理的優位性を持つ。同港はここ数カ月、新型コロナウイルス対策と生産・経営業務を一体的に実施することで、市場開拓や重要プロジェクトの新たな進展を実現。2020年第1四半期(1~3月)の貨物取扱量とコンテナ取扱量は前年同期比でそれぞれ13・8%増、21・8%増となり、逆境の中での増加を遂げた。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020051800736

    山東省威海港、逆境下で貨物取扱量増加を実現  13日、威海港のコンテナ置き場。(小型無人機から)中国の山東省港口集団が管理する威海港は、山東半島東端に位置し、中国と日本や韓国、朝鮮を結ぶ重要港湾として高い地理的優位性を持つ。同港はここ数カ月、新型コロナウイルス対策と生産・経営業務を一体的に実施することで、市場開拓や重要プロジェクトの新たな進展を実現。2020年第1四半期(1~3月)の貨物取扱量とコンテナ取扱量は前年同期比でそれぞれ13・8%増、21・8%増となり、逆境の中での増加を遂げた。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020051800827

    山東省威海港、逆境下で貨物取扱量増加を実現  13日、夜の威海港国際旅客ターミナル。(小型無人機から)中国の山東省港口集団が管理する威海港は、山東半島東端に位置し、中国と日本や韓国、朝鮮を結ぶ重要港湾として高い地理的優位性を持つ。同港はここ数カ月、新型コロナウイルス対策と生産・経営業務を一体的に実施することで、市場開拓や重要プロジェクトの新たな進展を実現。2020年第1四半期(1~3月)の貨物取扱量とコンテナ取扱量は前年同期比でそれぞれ13・8%増、21・8%増となり、逆境の中での増加を遂げた。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020051800860

    山東省威海港、逆境下で貨物取扱量増加を実現  13日、夜の威海港国際旅客ターミナル。(小型無人機から)中国の山東省港口集団が管理する威海港は、山東半島東端に位置し、中国と日本や韓国、朝鮮を結ぶ重要港湾として高い地理的優位性を持つ。同港はここ数カ月、新型コロナウイルス対策と生産・経営業務を一体的に実施することで、市場開拓や重要プロジェクトの新たな進展を実現。2020年第1四半期(1~3月)の貨物取扱量とコンテナ取扱量は前年同期比でそれぞれ13・8%増、21・8%増となり、逆境の中での増加を遂げた。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020051800876

    山東省威海港、逆境下で貨物取扱量増加を実現  13日、威海港のコンテナ埠頭。(小型無人機から)中国の山東省港口集団が管理する威海港は、山東半島東端に位置し、中国と日本や韓国、朝鮮を結ぶ重要港湾として高い地理的優位性を持つ。同港はここ数カ月、新型コロナウイルス対策と生産・経営業務を一体的に実施することで、市場開拓や重要プロジェクトの新たな進展を実現。2020年第1四半期(1~3月)の貨物取扱量とコンテナ取扱量は前年同期比でそれぞれ13・8%増、21・8%増となり、逆境の中での増加を遂げた。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020051800818

    山東省威海港、逆境下で貨物取扱量増加を実現  13日、威海港のコンテナ置き場。(小型無人機から)中国の山東省港口集団が管理する威海港は、山東半島東端に位置し、中国と日本や韓国、朝鮮を結ぶ重要港湾として高い地理的優位性を持つ。同港はここ数カ月、新型コロナウイルス対策と生産・経営業務を一体的に実施することで、市場開拓や重要プロジェクトの新たな進展を実現。2020年第1四半期(1~3月)の貨物取扱量とコンテナ取扱量は前年同期比でそれぞれ13・8%増、21・8%増となり、逆境の中での増加を遂げた。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020052300808

    湖南省の企業が開発した大型電動ダンプ、迫力の姿をご覧あれ!  湖南省の湘電重型装備で試験走行中の110トンの鉱山用大型電動ダンプカー。(5月12日撮影、小型無人機から)中国湖南省の鉱山用車両メーカー「湘電重型装備」が開発した大型電動ダンプカーが近年、国内外のさまざまな鉱山で活躍している。小高い山のような姿に、大人2人分の身長に相当する巨大なタイヤを持つ。このダンプカー1台で乗用車100台から200台分の重さに相当する土砂などを運ぶことができる(長沙=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像