検索結果 747 件中 1 件 〜 50
  1. 2020080303010

    着水宇宙船に興味津々 クルードラゴン取り囲む船  2日、米フロリダ州沖のメキシコ湾に着水したクルードラゴン(中央)を取り囲む船(NASA提供・共同)

  2. 2020080300687

    米新型宇宙船が無事帰還 帰還後の2飛行士  地球帰還後、クルードラゴン内部でポーズをとるNASAの2人の飛行士=2日(NASA提供・共同)

  3. 2020080300648

    米新型宇宙船が無事帰還  クルードラゴンの帰還の流れと着水場所 「12段用」

  4. 2020080300647

    米新型宇宙船が無事帰還  クルードラゴンの帰還の流れと着水場所 「12段用」

  5. 2020080300646

    米新型宇宙船が無事帰還  クルードラゴンの帰還の流れと着水場所

  6. 2020080300645

    米新型宇宙船が無事帰還  クルードラゴンの帰還の流れと着水場所

  7. 2020080300616

    米新型宇宙船が地球帰還 着水したクルードラゴン  2日、米フロリダ州沖のメキシコ湾に着水したクルードラゴン(NASA提供・共同)

  8. 2020080300615

    米新型宇宙船が地球帰還 着水目前のクルードラゴン  2日、米フロリダ州沖のメキシコ湾に着水目前のクルードラゴン(NASA提供・共同)

  9. 2020080200022

    米新型船が宇宙基地離脱 クルードラゴン  1日、地球帰還に向け国際宇宙ステーションを離脱する新型宇宙船クルードラゴン(NASA提供・AP=共同)

  10. 2020080303517

    火星探査機「天問1号」、1回目の軌道修正を完了  2日、北京宇宙飛行制御センターで働く宇宙科学技術者。中国初の火星探査ミッションとして先月打ち上げられた探査機「天問1号」は2日午前7時(日本時間同8時)、エンジンを20秒間噴射し、1回目の軌道修正を完了した。各システムも順調に稼働しているという。(北京=新華社記者/才揚)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020080303660

    火星探査機「天問1号」、1回目の軌道修正を完了  2日、北京宇宙飛行制御センターで働く宇宙科学技術者。中国初の火星探査ミッションとして先月打ち上げられた探査機「天問1号」は2日午前7時(日本時間同8時)、エンジンを20秒間噴射し、1回目の軌道修正を完了した。各システムも順調に稼働しているという。(北京=新華社記者/才揚)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020080303692

    火星探査機「天問1号」、1回目の軌道修正を完了  2日、北京宇宙飛行制御センターで働く宇宙科学技術者。中国初の火星探査ミッションとして先月打ち上げられた探査機「天問1号」は2日午前7時(日本時間同8時)、エンジンを20秒間噴射し、1回目の軌道修正を完了した。各システムも順調に稼働しているという。(北京=新華社記者/才揚)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020080303688

    火星探査機「天問1号」、1回目の軌道修正を完了  2日、北京宇宙飛行制御センターで撮影した「天問1号」の軌道を示す画像。中国初の火星探査ミッションとして先月打ち上げられた探査機「天問1号」は2日午前7時(日本時間同8時)、エンジンを20秒間噴射し、1回目の軌道修正を完了した。各システムも順調に稼働しているという。(北京=新華社記者/才揚)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020080303753

    火星探査機「天問1号」、1回目の軌道修正を完了  2日、北京宇宙飛行制御センターで働く宇宙科学技術者。中国初の火星探査ミッションとして先月打ち上げられた探査機「天問1号」は2日午前7時(日本時間同8時)、エンジンを20秒間噴射し、1回目の軌道修正を完了した。各システムも順調に稼働しているという。(北京=新華社記者/才揚)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020080303749

    火星探査機「天問1号」、1回目の軌道修正を完了  2日、北京宇宙飛行制御センターで働く宇宙科学技術者。中国初の火星探査ミッションとして先月打ち上げられた探査機「天問1号」は2日午前7時(日本時間同8時)、エンジンを20秒間噴射し、1回目の軌道修正を完了した。各システムも順調に稼働しているという。(北京=新華社記者/才揚)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020080303577

    火星探査機「天問1号」、1回目の軌道修正を完了  2日、北京宇宙飛行制御センターで働く宇宙科学技術者。中国初の火星探査ミッションとして先月打ち上げられた探査機「天問1号」は2日午前7時(日本時間同8時)、エンジンを20秒間噴射し、1回目の軌道修正を完了した。各システムも順調に稼働しているという。(北京=新華社記者/才揚)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020080303667

    火星探査機「天問1号」、1回目の軌道修正を完了  2日、北京宇宙飛行制御センターで働く宇宙科学技術者。中国初の火星探査ミッションとして先月打ち上げられた探査機「天問1号」は2日午前7時(日本時間同8時)、エンジンを20秒間噴射し、1回目の軌道修正を完了した。各システムも順調に稼働しているという。(北京=新華社記者/才揚)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020080103318

    米民間宇宙船が地球帰還へ  クルードラゴンの帰還の流れと七つの着水候補地

  19. 2020080103317

    米民間宇宙船が地球帰還へ  クルードラゴンの帰還の流れと七つの着水候補地

  20. 2020073108338

    空自宇宙作戦隊マーク完成 マーク披露する航空幕僚長  航空自衛隊の宇宙作戦隊のシンボルマークを披露する丸茂吉成航空幕僚長=31日午後、防衛省

  21. 2020073107450

    大停電や衛星の制御不能も  太陽フレアで想定される被害 大型Q&A「ニュース早分かり」

  22. 2020073107446

    大停電や衛星の制御不能も  太陽フレアで想定される被害 大型Q&A「ニュース早分かり」

  23. 2020080303433

    全地球衛星測位システム「北斗3号」の完成・開通式典、北京で開催  中国の全地球衛星測位システム「北斗3号」の完成・開通式典が31日午前、北京の人民大会堂で開かれた。(北京=新華社記者/燕雁)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020073009377

    米火星探査車を打ち上げ 打ち上げられるロケット  米フロリダ州のケープカナベラル空軍基地から打ち上げられる、火星探査車「パーシビアランス」を搭載したアトラス5ロケット=30日(ロイター=共同)

  25. 2020073008907

    米火星探査車を打ち上げ 打ち上げ待つロケット  打ち上げを待つ火星探査車「パーシビアランス」を搭載したアトラス5ロケット=29日、米フロリダ州ケープカナベラル(UPI=共同)

  26. 2020073007147

    米火星探査車を打ち上げ 探査車とヘリコプター  火星での探査車パーシビアランスと飛行する小型ヘリコプターの想像図(NASA提供・共同)

  27. 2020073006079

    向井さん宇宙へ出発 コロンビア打ち上げ  日本初の女性宇宙飛行士・向井千秋さんらを乗せて打ち上げられた米スペースシャトル「コロンビア」=1994(平成6)年7月8日午後0時43分(米東部夏時間)、米フロリダ州のケネディ宇宙センター 米州特派員 725

  28. 2020072908027

    米火星探査車打ち上げへ 開発に参加した大丸さん  火星探査車「パーシビアランス」の開発に参加したNASAジェット推進研究所の大丸拓郎さん=米カリフォルニア州パサデナ(共同)

  29. 2020072908016

    米火星探査車打ち上げへ 開発に参加した小野さん  火星探査車「パーシビアランス」の開発に参加したNASAジェット推進研究所の小野雅裕さん=米カリフォルニア州パサデナ(共同)

  30. 2020072908000

    米火星探査車打ち上げへ パーシビアランスの想像図  火星探査車「パーシビアランス」の想像図(NASA提供・共同)

  31. 2020072700718

    中国、「資源3号03」など衛星3基の打ち上げに成功  中国は25日午前11時13分(日本時間午後0時13分)、山西省太原衛星発射センターから運搬ロケット「長征4号B」を使い、高解像度立体観測衛星「資源3号03」など衛星3基を打ち上げた。衛星は無事、予定の軌道に投入された。(太原=新華社配信/鄭逃逃)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020072700727

    中国、「資源3号03」など衛星3基の打ち上げに成功  中国は25日午前11時13分(日本時間午後0時13分)、山西省太原衛星発射センターから運搬ロケット「長征4号B」を使い、高解像度立体観測衛星「資源3号03」など衛星3基を打ち上げた。衛星は無事、予定の軌道に投入された。(太原=新華社配信/鄭逃逃)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020072701053

    中国、「資源3号03」など衛星3基の打ち上げに成功  中国は25日午前11時13分(日本時間午後0時13分)、山西省太原衛星発射センターから運搬ロケット「長征4号B」を使い、高解像度立体観測衛星「資源3号03」など衛星3基を打ち上げた。衛星は無事、予定の軌道に投入された。(太原=新華社配信/鄭逃逃)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020072400479

    ロシアと中国が月開発合意 ロゴジン社長  ロシア国営宇宙開発企業ロスコスモスのロゴジン社長=1日、モスクワ(タス=共同)

  35. 2020072700948

    無人の大地で「火星体験」青海省  冷湖に建てられた火星キャンプ。(資料写真)中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州茫崖(ぼうがい)市に属する冷湖鎮は、青海チベット高原ツァイダム盆地の北辺に位置している。冷湖は、俄博梁(がはくりょう)の「ヤルダン」と呼ばれる長年の風雨によって地面が浸食されてできた独特の地形で知られている。荒れ果て乾燥した、ほぼ無人の大地が広がり、火星に似た特徴を持つことから「地球上で最も地球らしくない場所」と呼ばれている。この特徴を生かして地元政府は2017年8月、「冷湖火星都市計画」の始動を宣言。19年3月から惑星生活が疑似体験できる「火星キャンプ」の運用を開始した。キャンプは完全密閉式のカプセル型に設計されており、観光客は「火星着陸」体験を余すところなく堪能できる。(西寧=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020072701012

    無人の大地で「火星体験」青海省  火星キャンプの上に広がる星空。(資料写真)中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州茫崖(ぼうがい)市に属する冷湖鎮は、青海チベット高原ツァイダム盆地の北辺に位置している。冷湖は、俄博梁(がはくりょう)の「ヤルダン」と呼ばれる長年の風雨によって地面が浸食されてできた独特の地形で知られている。荒れ果て乾燥した、ほぼ無人の大地が広がり、火星に似た特徴を持つことから「地球上で最も地球らしくない場所」と呼ばれている。この特徴を生かして地元政府は2017年8月、「冷湖火星都市計画」の始動を宣言。19年3月から惑星生活が疑似体験できる「火星キャンプ」の運用を開始した。キャンプは完全密閉式のカプセル型に設計されており、観光客は「火星着陸」体験を余すところなく堪能できる。(西寧=新華社配信/曾陽)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020072700895

    無人の大地で「火星体験」青海省  俄博梁に広がるヤルダン地形。(資料写真)中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州茫崖(ぼうがい)市に属する冷湖鎮は、青海チベット高原ツァイダム盆地の北辺に位置している。冷湖は、俄博梁(がはくりょう)の「ヤルダン」と呼ばれる長年の風雨によって地面が浸食されてできた独特の地形で知られている。荒れ果て乾燥した、ほぼ無人の大地が広がり、火星に似た特徴を持つことから「地球上で最も地球らしくない場所」と呼ばれている。この特徴を生かして地元政府は2017年8月、「冷湖火星都市計画」の始動を宣言。19年3月から惑星生活が疑似体験できる「火星キャンプ」の運用を開始した。キャンプは完全密閉式のカプセル型に設計されており、観光客は「火星着陸」体験を余すところなく堪能できる。(西寧=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020072700957

    無人の大地で「火星体験」青海省  冷湖で地面から噴き上がる蒸気。(資料写真)中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州茫崖(ぼうがい)市に属する冷湖鎮は、青海チベット高原ツァイダム盆地の北辺に位置している。冷湖は、俄博梁(がはくりょう)の「ヤルダン」と呼ばれる長年の風雨によって地面が浸食されてできた独特の地形で知られている。荒れ果て乾燥した、ほぼ無人の大地が広がり、火星に似た特徴を持つことから「地球上で最も地球らしくない場所」と呼ばれている。この特徴を生かして地元政府は2017年8月、「冷湖火星都市計画」の始動を宣言。19年3月から惑星生活が疑似体験できる「火星キャンプ」の運用を開始した。キャンプは完全密閉式のカプセル型に設計されており、観光客は「火星着陸」体験を余すところなく堪能できる。(西寧=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020072700849

    無人の大地で「火星体験」青海省  火星キャンプの上に広がる星空。(資料写真)中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州茫崖(ぼうがい)市に属する冷湖鎮は、青海チベット高原ツァイダム盆地の北辺に位置している。冷湖は、俄博梁(がはくりょう)の「ヤルダン」と呼ばれる長年の風雨によって地面が浸食されてできた独特の地形で知られている。荒れ果て乾燥した、ほぼ無人の大地が広がり、火星に似た特徴を持つことから「地球上で最も地球らしくない場所」と呼ばれている。この特徴を生かして地元政府は2017年8月、「冷湖火星都市計画」の始動を宣言。19年3月から惑星生活が疑似体験できる「火星キャンプ」の運用を開始した。キャンプは完全密閉式のカプセル型に設計されており、観光客は「火星着陸」体験を余すところなく堪能できる。(西寧=新華社配信/曾陽)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020072300863

    宇宙分野も「離脱」に一歩 衛星のイメージ  ワンウェブの衛星のイメージ=2019年2月(ロイター=共同)

  41. 2020072700579

    中国、初の火星探査機を打ち上げ  中国は23日午後0時41分(日本時間同1時41分)、海南省の文昌航天ロケット発射場から、中国初の火星探査機「天問1号」を搭載した運搬ロケット「長征5号遥4」を打ち上げた。(文昌=新華社記者/楊冠宇)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020072700508

    中国、初の火星探査機打ち上げに成功  中国は23日午後0時41分(日本時間同1時41分)、海南省の文昌航天ロケット発射場から、中国初の火星探査機「天問1号」を搭載した運搬ロケット「長征5号遥4」を打ち上げた。約33分後、探査機は予定の軌道に無事投入され、火星への旅を開始した。これにより、中国独自の惑星探査任務が第一歩を踏み出した。(海口=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020072700514

    中国、初の火星探査機打ち上げに成功  中国は23日午後0時41分(日本時間同1時41分)、海南省の文昌航天ロケット発射場から、中国初の火星探査機「天問1号」を搭載した運搬ロケット「長征5号遥4」を打ち上げた。約33分後、探査機は予定の軌道に無事投入され、火星への旅を開始した。これにより、中国独自の惑星探査任務が第一歩を踏み出した。(海口=新華社記者/趙穎全)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020072700516

    中国、初の火星探査機打ち上げに成功  中国は23日午後0時41分(日本時間同1時41分)、海南省の文昌航天ロケット発射場から、中国初の火星探査機「天問1号」を搭載した運搬ロケット「長征5号遥4」を打ち上げた。約33分後、探査機は予定の軌道に無事投入され、火星への旅を開始した。これにより、中国独自の惑星探査任務が第一歩を踏み出した。(海口=新華社記者/楊冠宇)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020072700503

    中国、初の火星探査機打ち上げに成功  中国は23日午後0時41分(日本時間同1時41分)、海南省の文昌航天ロケット発射場から、中国初の火星探査機「天問1号」を搭載した運搬ロケット「長征5号遥4」を打ち上げた。約33分後、探査機は予定の軌道に無事投入され、火星への旅を開始した。これにより、中国独自の惑星探査任務が第一歩を踏み出した。(海口=新華社記者/才揚)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020072700937

    中国、初の火星探査機を打ち上げ  中国は23日午後0時41分(日本時間同1時41分)、海南省の文昌航天ロケット発射場から、中国初の火星探査機「天問1号」を搭載した運搬ロケット「長征5号遥4」を打ち上げた。(文昌=新華社記者/楊冠宇)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020072700617

    中国、初の火星探査機打ち上げに成功  中国は23日午後0時41分(日本時間同1時41分)、海南省の文昌航天ロケット発射場から、中国初の火星探査機「天問1号」を搭載した運搬ロケット「長征5号遥4」を打ち上げた。約33分後、探査機は予定の軌道に無事投入され、火星への旅を開始した。これにより、中国独自の惑星探査任務が第一歩を踏み出した。(海口=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020072700620

    中国、初の火星探査機打ち上げに成功  中国は23日午後0時41分(日本時間同1時41分)、海南省の文昌航天ロケット発射場から、中国初の火星探査機「天問1号」を搭載した運搬ロケット「長征5号遥4」を打ち上げた。約33分後、探査機は予定の軌道に無事投入され、火星への旅を開始した。これにより、中国独自の惑星探査任務が第一歩を踏み出した。(海口=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020072700668

    中国、初の火星探査機打ち上げに成功  中国は23日午後0時41分(日本時間同1時41分)、海南省の文昌航天ロケット発射場から、中国初の火星探査機「天問1号」を搭載した運搬ロケット「長征5号遥4」を打ち上げた。約33分後、探査機は予定の軌道に無事投入され、火星への旅を開始した。これにより、中国独自の惑星探査任務が第一歩を踏み出した。(海口=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020072700596

    中国、初の火星探査機を打ち上げ  中国は23日午後0時41分(日本時間同1時41分)、海南省の文昌航天ロケット発射場から、中国初の火星探査機「天問1号」を搭載した運搬ロケット「長征5号遥4」を打ち上げた。(文昌=新華社記者/才揚)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像