検索結果 1,678 件中 1 件 〜 50
  1. 2020011403507

    「DPA」 Climate protest in Argentina 10 January 2020, Argentina, Buenos Aires: A demonstrator who has symbolically painted a kangaroo running away from the fire on her face is taking part in a protest against climate policy in front of the Australian Embassy in Buenos Aires. Among others, the organization Extinction Rebellion had called for protest. Since the big bushfires began, more than ten million hectares of land have been burned and at least 26 people have lost their lives. The plume of bush fires in Australia has reached Chile and Argentina. Photo: Florencia Martin/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  2. 2020011403562

    「DPA」 Climate protest in Argentina dpatop - 10 January 2020, Argentina, Buenos Aires: A demonstrator who has symbolically painted a kangaroo running away from the fire on her face is taking part in a protest against climate policy in front of the Australian Embassy in Buenos Aires. Among others, the organization Extinction Rebellion had called for protest. Since the big bushfires began, more than ten million hectares of land have been burned and at least 26 people have lost their lives. The plume of bush fires in Australia has reached Chile and Argentina. Photo: Florencia Martin/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  3. 2020011403558

    「DPA」 Climate protest in Argentina 10 January 2020, Argentina, Buenos Aires: “The fire is progressing - animals are dying - the world is watching,“ is written on the poster of a demonstrator protesting against climate policy in front of the Australian Embassy in Buenos Aires. Among others, the organization Extinction Rebellion had called for protest. Since the big bushfires began, more than ten million hectares of land have been burned and at least 26 people have lost their lives. The plume of bush fires in Australia has reached Chile and Argentina. Photo: Florencia Martin/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  4. 2020011403487

    「DPA」 Climate protest in Argentina 10 January 2020, Argentina, Buenos Aires: A demonstrator who has symbolically painted a kangaroo running away from the fire on her face is taking part in a protest against climate policy in front of the Australian Embassy in Buenos Aires. Among others, the organization Extinction Rebellion had called for protest. Since the big bushfires began, more than ten million hectares of land have been burned and at least 26 people have lost their lives. The plume of bush fires in Australia has reached Chile and Argentina. Photo: Florencia Martin/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  5. 2020010704276

    「CTK」 Aidan Dudas Happy Canadian player Aidan Dudas poses with gold medal and national flag after his team won the 2020 IIHF World Junior Ice Hockey Championships, as they won the final game between Russia and Canada in Ostrava, Czech Republic, on January 5, 2020. (CTK Photo/Petr Sznapka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  6. 2020010704200

    「CTK」 Aidan Dudas Happy Canadian player Aidan Dudas poses with gold medal and winner‘s trophy after his team won the 2020 IIHF World Junior Ice Hockey Championships, as they won the final game between Russia and Canada in Ostrava, Czech Republic, on January 5, 2020. (CTK Photo/Pavel Paprskar)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  7. 2020010704257

    「CTK」 Aidan Dudas Happy Canadian player Aidan Dudas poses with gold medal and winner‘s trophy after his team won the 2020 IIHF World Junior Ice Hockey Championships, as they won the final game between Russia and Canada in Ostrava, Czech Republic, on January 5, 2020. (CTK Photo/Pavel Paprskar)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  8. 2019122402732

    「データ主義社会」 AIで倒産確率算出  りそな銀行のシステム販売のイメージ

  9. 2019122402730

    「データ主義社会」 AIで倒産確率算出  りそな銀行のシステム販売のイメージ

  10. 2019122300020

    「データ主義社会」 AIも活用で入場者大幅増  7日の横浜M―FC東京戦で、Jリーグのリーグ戦史上最多の観衆で埋まった日産スタジアムのスタンド=横浜市

  11. 2019122300011

    「データ主義社会」 AIも活用で入場者大幅増  7日の横浜M―FC東京戦で、Jリーグのリーグ戦史上最多の観衆で埋まった日産スタジアムのスタンド=横浜市

  12. 2019122100031

    「12段用」「データ主義社会」 渋滞緩和へAI導入  渋滞分析のAIの導入状況

  13. 2019122100029

    「データ主義社会」 渋滞緩和へAI導入  渋滞分析のAIの導入状況

  14. 2019122100030

    「12段用」「データ主義社会」 渋滞緩和へAI導入  渋滞分析のAIの導入状況

  15. 2019122100028

    「データ主義社会」 渋滞緩和へAI導入  渋滞分析のAIの導入状況

  16. 2019122700310

    「日刊工業新聞」 日本記者クラブで会見する吉野彰・旭化成名誉フェロー  2019年のノーベル化学賞を受賞した旭化成の吉野彰名誉フェローが東京・内幸町の日本記者クラブで会見した。スウェーデン・ストックホルムでの授賞式前に講演した内容について言及し「環境問題に関して世界にそれなりのメッセージを送れた」と自信を見せた。多くの技術を組み合わせたイノベーションが25年にも起きることを予想し「例えばリチウムイオン電池を自動車に搭載し、人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)などを組み合わせることで今からは全く想像していない車の社会になる。地球環境にも良く、個人負担も現在の7分の1程度になるだろう」と将来の社会像を語った。受賞対象となった「リチウムイオン電池の開発」の受賞理由の一つに環境問題の解決への貢献がある。吉野氏は「持続可能な社会へ貢献を期待されており重責を感じている。10―20年後に実現できなければノーベル賞を自主返納しないといけないかな」と会場の笑いを誘った。=2019(令和元)年12月20日、内幸町の日本記者クラブ、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  17. 2019122700315

    「日刊工業新聞」 リブテックでノーベル賞受賞後会見する吉野彰氏  2019年ノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏(写真)は18日、理事長を務めるリチウムイオン電池材料評価研究センター(リブテック、大阪府池田市)を授賞式後初めて訪問し、所属する約70人に報告した。会見した吉野氏は「朝一番にみんなが集まってくれた。サインを入れたノーベル賞メダル型チョコレートをプレゼントした」と笑顔で話した。リブテックはリチウムイオン電池の関連企業から研究者が集い、電極材料や次世代の全固体電池などを研究している。吉野氏は「人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)など電池の周辺との融合を進めていかないといけない」と今後の展望を語り「環境問題は新しい産業が生まれる絶好のチャンス」と力を込めた。=2019(令和元)年12月18日、大阪府池田市のリブテック、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  18. 2019121803744

    「データ主義社会」 AIコーチで野球上達?  AIによる投球フォーム解析のイメージ

  19. 2019121803743

    「データ主義社会」 AIコーチで野球上達?  AIによる投球フォーム解析のイメージ

  20. 2019121503324

    「12段用」「ウイグル文書」 中国、AI監視技術を輸出  中国企業による監視技術輸出

  21. 2019121503323

    「12段用」「ウイグル文書」 中国、AI監視技術を輸出  中国企業による監視技術輸出

  22. 2019121503322

    「ウイグル文書」 中国、AI監視技術を輸出  中国企業による監視技術輸出

  23. 2019121503321

    「ウイグル文書」 中国、AI監視技術を輸出  中国企業による監視技術輸出

  24. 2019121503310

    中国、AI監視技術を輸出  中国新疆ウイグル自治区に設置された監視カメラ=2018年9月(ロイター=共同)

  25. 2019121503309

    「ウイグル文書」 中国、AI監視技術を輸出  北京に設置された杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)の監視カメラ=6月19日(ロイター=共同)

  26. 2019121400238

    AI人材の確保に後れも  三菱電機本社が入るビル=7日、東京・丸の内

  27. 2019121400231

    AI人材の確保に後れも  企業別国際特許登録の出願件数

  28. 2019121400230

    AI人材の確保に後れも  企業別国際特許登録の出願件数

  29. 2019121123092

    ベッドメークをAIが判定  ホテルのベッドメークの仕上がり具合をAIが判定するアプリの画面

  30. 2019120902065

    年末連載企画「追跡2019」7回続きの(4) 「アポ電」対策にAI導入  特殊詐欺対策について話す近藤弥生・東京都足立区長

  31. 2019120700048

    「暮らしアイ」 AIが「仲人」?  AIを活用した婚活のマッチングのイメージ

  32. 2019120700047

    「暮らしアイ」 AIが「仲人」?  AIを活用した婚活のマッチングのイメージ

  33. 2019120503727

    1㌻特集「個人情報保護法見直し」 AI時代前提に制度設計  インタビューに答える新潟大の鈴木正朝教授

  34. 2019120503726

    1㌻特集「個人情報保護法見直し」 AI時代前提に制度設計  インタビューに答える新潟大の鈴木正朝教授

  35. 2019112505825

    「12段用」1㌻特集「AI兵器規制」 AI兵器規制、進まぬ議論  AI兵器規制の指針

  36. 2019112505824

    「12段用」1㌻特集「AI兵器規制」 AI兵器規制、進まぬ議論  AI兵器規制の指針

  37. 2019112505823

    1㌻特集「AI兵器規制」 AI兵器規制、進まぬ議論  AI兵器規制の指針

  38. 2019112505822

    1㌻特集「AI兵器規制」 AI兵器規制、進まぬ議論  AI兵器規制の指針

  39. 2019112505773

    「12段用」1㌻特集「AI兵器規制」 AI兵器規制、進まぬ議論  AI兵器を巡る各国の立場

  40. 2019112505772

    「12段用」1㌻特集「AI兵器規制」 AI兵器規制、進まぬ議論  AI兵器を巡る各国の立場

  41. 2019112505770

    1㌻特集「AI兵器規制」 AI兵器規制、進まぬ議論  AI兵器を巡る各国の立場

  42. 2019112505769

    1㌻特集「AI兵器規制」 AI兵器規制、進まぬ議論  AI兵器を巡る各国の立場

  43. 2019112505372

    「新華社」 武漢大学、AI研究院設立学際交流の新たな場に  22日、人工知能研究院の除幕式に出席した武漢大学の竇賢康(とう・けんこう)校長(左から3人目)。中国湖北省の武漢大学で22日、17の学内機関が共同で立ち上げた人工知能(AI)研究院が発足した。同研究院は、中国におけるAI基礎理論研究や学際的技術革新、学術交流の新たなプラットフォームとなる。(武漢=新華社配信/舒佩)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019112505411

    「新華社」 武漢大学、AI研究院設立学際交流の新たな場に  22日、人工知能研究院の設立式典であいさつする武漢大学の竇賢康(とう・けんこう)校長。中国湖北省の武漢大学で22日、17の学内機関が共同で立ち上げた人工知能(AI)研究院が発足した。同研究院は、中国におけるAI基礎理論研究や学際的技術革新、学術交流の新たなプラットフォームとなる。(武漢=新華社配信/舒佩)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019112505382

    「新華社」 武漢大学、AI研究院設立学際交流の新たな場に  22日、人工知能研究院の設立式典で科学研究協力協定に調印する武漢大学と小米集団(シャオミ)の関係者。中国湖北省の武漢大学で22日、17の学内機関が共同で立ち上げた人工知能(AI)研究院が発足した。同研究院は、中国におけるAI基礎理論研究や学際的技術革新、学術交流の新たなプラットフォームとなる。(武漢=新華社配信/舒佩)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019111501471

    「データ主義社会」 韓国、AIを国家産業に  韓国のAI先行事例

  47. 2019111501470

    「データ主義社会」 韓国、AIを国家産業に  韓国のAI先行事例

  48. 2019111400801

    「新華社」 人間と機械が雲を観測する能力を競う河北省雄安新区  10日、集中して試合を観戦する会場の観衆。第1回中国「観雲識天(雲を観測し、天候を識別する)」人間対機械大会の決勝戦が10日、河北省雄安新区で開催された。機械による画像アルゴリズム部門と人間による雲識別部門の決勝に進出したそれぞれ12チームと12人が対戦した後、最終決戦で人間と機械が対戦した。激しい戦いを経て人間による雲識別部門と機械による画像アルゴリズム部門それぞれの優勝者が決まり、「気象人工知能リーダー賞」「人間対機械大会優秀賞」が選出された。(雄安=新華社記者/杜一方)=2019(令和元)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019111400807

    「新華社」 人間と機械が雲を観測する能力を競う河北省雄安新区  10日に行った「気象人工知能リーダー賞」や「人間対機械大会優秀賞」などの表彰式。第1回中国「観雲識天(雲を観測し、天候を識別する)」人間対機械大会の決勝戦が10日、河北省雄安新区で開催された。機械による画像アルゴリズム部門と人間による雲識別部門の決勝に進出したそれぞれ12チームと12人が対戦した後、最終決戦で人間と機械が対戦した。激しい戦いを経て人間による雲識別部門と機械による画像アルゴリズム部門それぞれの優勝者が決まり、「気象人工知能リーダー賞」「人間対機械大会優秀賞」が選出された。(雄安=新華社記者/杜一方)=2019(令和元)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019111400810

    「新華社」 人間と機械が雲を観測する能力を競う河北省雄安新区  10日、白熱した「観雲識天」人間対機械大会決勝の様子。第1回中国「観雲識天(雲を観測し、天候を識別する)」人間対機械大会の決勝戦が10日、河北省雄安新区で開催された。機械による画像アルゴリズム部門と人間による雲識別部門の決勝に進出したそれぞれ12チームと12人が対戦した後、最終決戦で人間と機械が対戦した。激しい戦いを経て人間による雲識別部門と機械による画像アルゴリズム部門それぞれの優勝者が決まり、「気象人工知能リーダー賞」「人間対機械大会優秀賞」が選出された。(雄安=新華社記者/杜一方)=2019(令和元)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像