検索結果 14,594 件中 1 件 〜 50
  1. 2020052901124

    日産工場閉鎖、撤回を説得 スペイン外相  インタビューに応じるスペインのゴンサレス外相=28日、マドリード(ロイター=共同)

  2. 2020052901123

    日産工場閉鎖、撤回を説得 抗議する従業員  スペイン・バルセロナで、タイヤを燃やして工場閉鎖に抗議する日産自動車の従業員=28日(ゲッティ=共同)

  3. 2020052805186

    従業員「闘いこれから」 煙に包まれる日産のロゴ  日産自動車のスペイン・バルセロナ工場閉鎖に向け協議するとの発表に抗議し、従業員が燃やしたタイヤの煙に包まれるロゴ=28日(ゲッティ=共同)

  4. 2020052804426

    従業員「闘いこれから」 抗議する従業員ら  スペインのバルセロナにある日産の工場前で、タイヤを燃やして抗議する従業員ら=28日(ロイター=共同)

  5. 2020052801739

    ボーイング737生産再開 ボーイング工場  米ワシントン州にあるボーイングの工場=4月29日(ゲッティ=共同)

  6. 2020052701950

    車種投資額を最大40%削減 3社連合のトップ  インターネットを通じて記者会見する、(左から)ルノーのジャンドミニク・スナール会長、三菱自動車の益子修会長、日産自動車の内田誠社長兼CEO=27日午後

  7. 2020052701949

    車種投資額を最大40%削減 3社連合のネット記者会見  日産自動車と三菱自動車、フランス大手ルノーの3社連合がインターネットを通じて開いた記者会見=27日午後

  8. 2020052602976

    日産スペイン工場継続を バルセロナ工場  スペイン・バルセロナの日産自動車の工場=2014年5月(ロイター=共同)

  9. 2020052802170

    上汽通用五菱、2200万台突破全世界向け新エンブレム発表  25日、上汽通用五菱の新たな銀色のエンブレムを使用した新車種「Victory」もラインオフ。中国の自動車大手、上汽通用五菱汽車は25日、累計2200万台目となる完成車のラインオフを記念する式典を開き、全世界向けの新たな銀色のエンブレムを初披露した。新エンブレムを使用した新車種「Victory」も同時に発表した。(柳州=新華社配信)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052802206

    上汽通用五菱、2200万台突破全世界向け新エンブレム発表  25日、上汽通用五菱が初公開した銀色のエンブレムと新エンブレムを使用した新車種「Victory」。中国の自動車大手、上汽通用五菱汽車は25日、累計2200万台目となる完成車のラインオフを記念する式典を開き、全世界向けの新たな銀色のエンブレムを初披露した。新エンブレムを使用した新車種「Victory」も同時に発表した。(柳州=新華社配信)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052802205

    上汽通用五菱、2200万台突破全世界向け新エンブレム発表  25日、上汽通用五菱が開いた累計2200万台目の完成車ラインオフ記念式典。全世界向けの新たな銀色のエンブレムも初公開された。中国の自動車大手、上汽通用五菱汽車は25日、累計2200万台目となる完成車のラインオフを記念する式典を開き、全世界向けの新たな銀色のエンブレムを初披露した。新エンブレムを使用した新車種「Victory」も同時に発表した。(柳州=新華社配信)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052300961

    NY自動車ショー中止 スバルの発表会場  2019年4月、ニューヨーク国際自動車ショーで、大勢の報道陣らが集まったSUBARU(スバル)の発表会場(共同)

  13. 2020052701279

    日本の企業・機関代表60人超、上海AIイノベーション試験区を視察  22日、基調講演をする上海馬橋人工知能創新試験区建設発展の史宏超(し・こうちょう)董事長。花王、東芝、ヤマハ、三菱グループなど日本の企業や機関の代表60人余りが22日、中国上海市閔行区の上海馬橋人工知能(AI)イノベーション試験区を視察した。(上海=新華社記者/黄安琪)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020052701263

    日本の企業・機関代表60人超、上海AIイノベーション試験区を視察  22日、基調講演をする上海馬橋人工知能創新試験区建設発展の史宏超(し・こうちょう)董事長。花王、東芝、ヤマハ、三菱グループなど日本の企業や機関の代表60人余りが22日、中国上海市閔行区の上海馬橋人工知能(AI)イノベーション試験区を視察した。(上海=新華社配信/王翔)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052300900

    湖南省の企業が開発した大型電動ダンプ、迫力の姿をご覧あれ!  オーストラリアの鉱山で稼働する230トンの大型電動ダンプカー。(資料写真)中国湖南省の鉱山用車両メーカー「湘電重型装備」が開発した大型電動ダンプカーが近年、国内外のさまざまな鉱山で活躍している。小高い山のような姿に、大人2人分の身長に相当する巨大なタイヤを持つ。このダンプカー1台で乗用車100台から200台分の重さに相当する土砂などを運ぶことができる(長沙=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020052601958

    中国初の高原型無人ヘリ、初飛行に成功江西省  20日、空を飛ぶ高原型無人ヘリAR500C。高原型無人ヘリAR500Cがこのほど、中国江西省で初飛行に成功した。同機は同省景徳鎮市にある航空工業ヘリコプター設計研究所が独自開発したもので、国内の高原型無人ヘリ分野の空白を埋めた。同機は無人ヘリAR500Bの技術を土台にして開発された高原型無人ヘリ。最大離陸重量は500キロ、離陸高度は5千メートル、実用上昇限度は6700メートル、航続時間は約5時間、最大水平飛行速度は時速170キロ、最大巡航速度は時速165キロとなっている。(景徳鎮=新華社配信/何歓)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020052601961

    中国初の高原型無人ヘリ、初飛行に成功江西省  20日、空を飛ぶ高原型無人ヘリAR500C。高原型無人ヘリAR500Cがこのほど、中国江西省で初飛行に成功した。同機は同省景徳鎮市にある航空工業ヘリコプター設計研究所が独自開発したもので、国内の高原型無人ヘリ分野の空白を埋めた。同機は無人ヘリAR500Bの技術を土台にして開発された高原型無人ヘリ。最大離陸重量は500キロ、離陸高度は5千メートル、実用上昇限度は6700メートル、航続時間は約5時間、最大水平飛行速度は時速170キロ、最大巡航速度は時速165キロとなっている。(景徳鎮=新華社配信/何歓)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020051402168

    幕張メッセ大にぎわい    第28回東京モーターショーが開催され、人と車で埋まった千葉市の幕張メッセ=1989(平成元)年11月3日(共同通信社ヘリから) 元年国内 15371

  19. 2020051402129

    和歌山でも1円落札    広島市水道局の情報管理システム設計などを1円で落札した問題で、記者会見する富士通の山本卓真社長=1989(平成元)年11月1日、東京・丸の内の富士通本社 元年国内 15269

  20. 2020051402127

    和歌山でも1円落札    広島市水道局の情報管理システム設計などを1円で落札した問題で、記者会見する富士通の山本卓真社長=1989(平成元)年11月1日、東京・丸の内の富士通本社 元年国内 15268

  21. 2020052203822

    エアロジーラボのハイブリッド型ドローン試作機「エアロレンジ・プロ」  エアロジーラボ(大阪府箕面市)は14日、搭載パーツを全て日本製で構成する“純国産”の飛行ロボット(ドローン)の試作機「エアロレンジ・プロ=写真」を開発したと発表した。一般的なドローンは搭載パーツの多くを中国製に頼る。米中貿易摩擦など調達リスクが高まる中、純国産の信頼性をアピールする。12月をめどに小ロットの量産開始を目指す。オープンイノベーション拠点を運営する成光精密(大阪市港区)、量産化を支援するコバシロボティクス(岡山市南区)、試作から量産まで包括的にベンチャーを支援するリバネス(東京都新宿区)と連携。関西などの町工場と協業して、スピード感を高めたモノづくりを進めている。エンジンと電気モーターを組み合わせるハイブリッド型ドローン。同分野での純国産化は業界初という。今後、岡山県和気町で実証実験を予定。谷紳一エアロジーラボ社長は「物流や災害対応などで役立てたい」とした。=2020(令和2)年5月14日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  22. 2020051800751

    ハイテク経済を照らすレーザー産業江蘇省宿遷市  14日、宿遷レーザー産業パークの進出企業、江蘇先河激光技術で全自動ピコ秒レーザー加工機の組み立て調整を行う従業員。中国江蘇省宿遷(しゅくせん)市はここ数年、レーザー産業を精力的に発展させてきた。2016年初めに宿遷レーザー産業パークの建設に着手し、今ではレーザー切断やレーザーマーキング、レーザー治療などの企業や関連機器企業50社余りが進出している。パークの附属施設を絶えず改善していくことでレーザー産業の集積を促進し、研究開発や機器製造、加工応用を備えた産業チェーンを構築している。(宿遷=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020051800772

    ハイテク経済を照らすレーザー産業江蘇省宿遷市  14日、宿遷レーザー産業パークの進出企業、江蘇先河激光技術で全自動ピコ秒レーザー加工機の組み立て調整を行う従業員。中国江蘇省宿遷(しゅくせん)市はここ数年、レーザー産業を精力的に発展させてきた。2016年初めに宿遷レーザー産業パークの建設に着手し、今ではレーザー切断やレーザーマーキング、レーザー治療などの企業や関連機器企業50社余りが進出している。パークの附属施設を絶えず改善していくことでレーザー産業の集積を促進し、研究開発や機器製造、加工応用を備えた産業チェーンを構築している。(宿遷=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020051800789

    ハイテク経済を照らすレーザー産業江蘇省宿遷市  14日、宿遷レーザー産業パークの進出企業、江蘇先河激光技術で全自動ピコ秒レーザー加工機の組み立て調整を行う従業員。中国江蘇省宿遷(しゅくせん)市はここ数年、レーザー産業を精力的に発展させてきた。2016年初めに宿遷レーザー産業パークの建設に着手し、今ではレーザー切断やレーザーマーキング、レーザー治療などの企業や関連機器企業50社余りが進出している。パークの附属施設を絶えず改善していくことでレーザー産業の集積を促進し、研究開発や機器製造、加工応用を備えた産業チェーンを構築している。(宿遷=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020051305875

    稼働まで「長期化懸念」 再処理工場の中央制御室  日本原燃の再処理工場の中央制御室=2019年6月、青森県六ケ所村

  26. 2020051206684

    トヨタ、営業益予想8割減 トヨタ堤工場  生産ラインの稼働を停止しているトヨタ自動車堤工場=12日午後、愛知県豊田市

  27. 2020051206679

    トヨタ、営業益予想8割減 トヨタ自動車堤工場  生産ラインの稼働を停止しているトヨタ自動車堤工場=12日午後、愛知県豊田市

  28. 2020052300808

    湖南省の企業が開発した大型電動ダンプ、迫力の姿をご覧あれ!  湖南省の湘電重型装備で試験走行中の110トンの鉱山用大型電動ダンプカー。(5月12日撮影、小型無人機から)中国湖南省の鉱山用車両メーカー「湘電重型装備」が開発した大型電動ダンプカーが近年、国内外のさまざまな鉱山で活躍している。小高い山のような姿に、大人2人分の身長に相当する巨大なタイヤを持つ。このダンプカー1台で乗用車100台から200台分の重さに相当する土砂などを運ぶことができる(長沙=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020052300910

    湖南省の企業が開発した大型電動ダンプ、迫力の姿をご覧あれ!  湖南省の湘電重型装備で試験走行中の110トンの鉱山用大型電動ダンプカー。(5月12日撮影、小型無人機から)中国湖南省の鉱山用車両メーカー「湘電重型装備」が開発した大型電動ダンプカーが近年、国内外のさまざまな鉱山で活躍している。小高い山のような姿に、大人2人分の身長に相当する巨大なタイヤを持つ。このダンプカー1台で乗用車100台から200台分の重さに相当する土砂などを運ぶことができる(長沙=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020052601790

    湖南省の企業が開発した大型電動ダンプ、迫力の姿をご覧あれ!  湖南省の湘電重型装備で試験走行中の110トンの鉱山用大型電動ダンプカー。(5月12日撮影、小型無人機から)中国湖南省の鉱山用車両メーカー「湘電重型装備」が開発した大型電動ダンプカーが近年、国内外のさまざまな鉱山で活躍している。小高い山のような姿に、大人2人分の身長に相当する巨大なタイヤを持つ。このダンプカー1台で乗用車100台から200台分の重さに相当する土砂などを運ぶことができる(長沙=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020051502244

    一汽トヨタ、初の量産型BEVがラインオフ  11日、トヨタブランドが中国で展開する初のBEV「イゾアEV」。中国第一汽車集団とトヨタ自動車の合弁会社、天津一汽トヨタは13日、同社初の量産型電気自動車(BEV)「イゾアEV」がこのほど、天津経済技術開発区にある工場でラインオフしたことを明らかにした。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  32. 2020051502197

    一汽トヨタ、初の量産型BEVがラインオフ  11日、トヨタブランドが中国で展開する初のBEV「イゾアEV」。中国第一汽車集団とトヨタ自動車の合弁会社、天津一汽トヨタは13日、同社初の量産型電気自動車(BEV)「イゾアEV」がこのほど、天津経済技術開発区にある工場でラインオフしたことを明らかにした。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  33. 2020050903149

    スズキ、インド工場再開へ マルチ・スズキの社屋  インド・ニューデリーにあるマルチ・スズキの社屋=2016年2月(ロイター=共同)

  34. 2020050903061

    スズキ、インド工場再開へ スズキのマネサール工場  インドのマルチ・スズキのマネサール工場に並ぶ車=2019年8月(ロイター=共同)

  35. 2020051102570

    燕山石化、新技術採用でメルトブロー材を1日200トン生産  生産されたポリプロピレン製のメルトブロー材を点検する燕山石化の従業員。(資料写真)中国石油化工集団(シノペック)傘下の燕山石化は6日、新技術を採用してポリプロピレン装置から直接生産したメルトブロー材を、メルトブロー不織布の生産ラインで試用することに成功したと発表した。メルトブロー材の1日当たりの生産量は現在、200トンを超えている。(北京=新華社配信/劉建軍)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020051102540

    燕山石化、新技術採用でメルトブロー材を1日200トン生産  燕山石化が生産したポリプロピレン製のメルトブロー材。(資料写真)中国石油化工集団(シノペック)傘下の燕山石化は6日、新技術を採用してポリプロピレン装置から直接生産したメルトブロー材を、メルトブロー不織布の生産ラインで試用することに成功したと発表した。メルトブロー材の1日当たりの生産量は現在、200トンを超えている。(北京=新華社配信/劉建軍)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020051102822

    長江流域初の千トン級全電動貨物船、試験航行に成功江蘇省常州市  8日、試験航行中の「中天電運001」。(小型無人機から)中国の長江流域で初となる千トン級全電動貨物船「中天電運001」が8日、江蘇省常州市で試験航行に成功した。同船はリチウム電池と電気二重層キャパシタの二つの電池で駆動し、1458キロワット時の電力量は電気自動車(EV)40台分に相当する。岸壁で2時間半充電すれば50キロ航行できるという。年間150回の航行で計算すると、年間電力使用量は45万キロワット時となり、軽油約20トンを代替できる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020051102757

    長江流域初の千トン級全電動貨物船、試験航行に成功江蘇省常州市  8日、試験航行を終えた「中天電運001」。(小型無人機から)中国の長江流域で初となる千トン級全電動貨物船「中天電運001」が8日、江蘇省常州市で試験航行に成功した。同船はリチウム電池と電気二重層キャパシタの二つの電池で駆動し、1458キロワット時の電力量は電気自動車(EV)40台分に相当する。岸壁で2時間半充電すれば50キロ航行できるという。年間150回の航行で計算すると、年間電力使用量は45万キロワット時となり、軽油約20トンを代替できる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020051102729

    長江流域初の千トン級全電動貨物船、試験航行に成功江蘇省常州市  8日、試験航行中の「中天電運001」。(小型無人機から)中国の長江流域で初となる千トン級全電動貨物船「中天電運001」が8日、江蘇省常州市で試験航行に成功した。同船はリチウム電池と電気二重層キャパシタの二つの電池で駆動し、1458キロワット時の電力量は電気自動車(EV)40台分に相当する。岸壁で2時間半充電すれば50キロ航行できるという。年間150回の航行で計算すると、年間電力使用量は45万キロワット時となり、軽油約20トンを代替できる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020051102829

    長江流域初の千トン級全電動貨物船、試験航行に成功江蘇省常州市  8日、江蘇省常州市の鉄鋼メーカー中天鋼鉄集団南工場区の埠頭(ふとう)に停泊する「中天電運001」。(小型無人機から)中国の長江流域で初となる千トン級全電動貨物船「中天電運001」が8日、江蘇省常州市で試験航行に成功した。同船はリチウム電池と電気二重層キャパシタの二つの電池で駆動し、1458キロワット時の電力量は電気自動車(EV)40台分に相当する。岸壁で2時間半充電すれば50キロ航行できるという。年間150回の航行で計算すると、年間電力使用量は45万キロワット時となり、軽油約20トンを代替できる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020051102580

    燕山石化、新技術採用でメルトブロー材を1日200トン生産  燕山石化から出荷されるポリプロピレン製のメルトブロー材。(資料写真)中国石油化工集団(シノペック)傘下の燕山石化は6日、新技術を採用してポリプロピレン装置から直接生産したメルトブロー材を、メルトブロー不織布の生産ラインで試用することに成功したと発表した。メルトブロー材の1日当たりの生産量は現在、200トンを超えている。(北京=新華社配信/劉建軍)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020051102817

    長江流域初の千トン級全電動貨物船、試験航行に成功江蘇省常州市  8日、試験航行中の「中天電運001」。(小型無人機から)中国の長江流域で初となる千トン級全電動貨物船「中天電運001」が8日、江蘇省常州市で試験航行に成功した。同船はリチウム電池と電気二重層キャパシタの二つの電池で駆動し、1458キロワット時の電力量は電気自動車(EV)40台分に相当する。岸壁で2時間半充電すれば50キロ航行できるという。年間150回の航行で計算すると、年間電力使用量は45万キロワット時となり、軽油約20トンを代替できる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020051102824

    長江流域初の千トン級全電動貨物船、試験航行に成功江蘇省常州市  8日、江蘇省常州市の鉄鋼メーカー中天鋼鉄集団南工場区の埠頭(ふとう)に停泊する「中天電運001」。(小型無人機から)中国の長江流域で初となる千トン級全電動貨物船「中天電運001」が8日、江蘇省常州市で試験航行に成功した。同船はリチウム電池と電気二重層キャパシタの二つの電池で駆動し、1458キロワット時の電力量は電気自動車(EV)40台分に相当する。岸壁で2時間半充電すれば50キロ航行できるという。年間150回の航行で計算すると、年間電力使用量は45万キロワット時となり、軽油約20トンを代替できる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020051102828

    長江流域初の千トン級全電動貨物船、試験航行に成功江蘇省常州市  8日、試験航行中の「中天電運001」。(小型無人機から)中国の長江流域で初となる千トン級全電動貨物船「中天電運001」が8日、江蘇省常州市で試験航行に成功した。同船はリチウム電池と電気二重層キャパシタの二つの電池で駆動し、1458キロワット時の電力量は電気自動車(EV)40台分に相当する。岸壁で2時間半充電すれば50キロ航行できるという。年間150回の航行で計算すると、年間電力使用量は45万キロワット時となり、軽油約20トンを代替できる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020050701258

    労働力、世界に34億人 ドイツの自動車工場  ドイツの自動車工場で働く従業員=4月29日(ゲッティ=共同) 大型国際グラフィックス企画「世界が見える」(57)「世界の雇用」

  46. 2020050700968

    労働力、世界に34億人 武漢市の自動車工場  中国湖北省武漢市の自動車工場で働く従業員ら=4月(ロイター=共同) 大型国際グラフィックス企画「世界が見える」(57)「世界の雇用」

  47. 2020051102762

    長江流域初の千トン級全電動貨物船、試験航行に成功江蘇省常州市  7日、江蘇省常州市の鉄鋼メーカー中天鋼鉄集団南工場区の埠頭(ふとう)で「中天電運001」の充電作業を行う従業員。中国の長江流域で初となる千トン級全電動貨物船「中天電運001」が8日、江蘇省常州市で試験航行に成功した。同船はリチウム電池と電気二重層キャパシタの二つの電池で駆動し、1458キロワット時の電力量は電気自動車(EV)40台分に相当する。岸壁で2時間半充電すれば50キロ航行できるという。年間150回の航行で計算すると、年間電力使用量は45万キロワット時となり、軽油約20トンを代替できる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020051102768

    長江流域初の千トン級全電動貨物船、試験航行に成功江蘇省常州市  7日、「中天電運001」の機関室で設備の運転状況を確認する王書金(おう・しょきん)機関長。中国の長江流域で初となる千トン級全電動貨物船「中天電運001」が8日、江蘇省常州市で試験航行に成功した。同船はリチウム電池と電気二重層キャパシタの二つの電池で駆動し、1458キロワット時の電力量は電気自動車(EV)40台分に相当する。岸壁で2時間半充電すれば50キロ航行できるという。年間150回の航行で計算すると、年間電力使用量は45万キロワット時となり、軽油約20トンを代替できる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020051102739

    長江流域初の千トン級全電動貨物船、試験航行に成功江蘇省常州市  7日、江蘇省常州市の鉄鋼メーカー中天鋼鉄集団南工場区の埠頭(ふとう)で充電設備の調整を行う従業員。中国の長江流域で初となる千トン級全電動貨物船「中天電運001」が8日、江蘇省常州市で試験航行に成功した。同船はリチウム電池と電気二重層キャパシタの二つの電池で駆動し、1458キロワット時の電力量は電気自動車(EV)40台分に相当する。岸壁で2時間半充電すれば50キロ航行できるという。年間150回の航行で計算すると、年間電力使用量は45万キロワット時となり、軽油約20トンを代替できる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020051102823

    長江流域初の千トン級全電動貨物船、試験航行に成功江蘇省常州市  7日、「中天電運001」の操舵室で計器を点検する夏舜平(か・しゅんへい)船長。中国の長江流域で初となる千トン級全電動貨物船「中天電運001」が8日、江蘇省常州市で試験航行に成功した。同船はリチウム電池と電気二重層キャパシタの二つの電池で駆動し、1458キロワット時の電力量は電気自動車(EV)40台分に相当する。岸壁で2時間半充電すれば50キロ航行できるという。年間150回の航行で計算すると、年間電力使用量は45万キロワット時となり、軽油約20トンを代替できる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像