検索結果 30,461 件中 1 件 〜 50
  1. 2020070706125

    人間の利他的本質へ回帰を 五箇公一室長  国立環境研究所生態リスク評価・対策研究室長の五箇公一氏=茨城県つくば市の同研究所 大型評論「新型コロナと文明」(オピニオン欄用)

  2. 2020070304251

    コロナで医療領域強化へ 豊田合成の小山社長  インタビューに答える豊田合成の小山享社長

  3. 2020070304247

    コロナで医療領域強化へ 小山享社長  豊田合成の小山享社長

  4. 2020070304243

    コロナで医療領域強化へ 豊田合成の小山享社長  インタビューに答える豊田合成の小山享社長

  5. 2020070300056

    金氏、コロナ対策強化指示 会議に出席した金氏  2日、北朝鮮・平壌で開かれた朝鮮労働党政治局拡大会議に出席した金正恩党委員長(中央)(朝鮮中央通信=共同)

  6. 2020070300055

    金氏、コロナ対策強化指示 金正恩氏  2日、北朝鮮・平壌で開かれた朝鮮労働党政治局拡大会議に出席した金正恩党委員長(朝鮮中央通信=共同)

  7. 2020070200015

    レーザー測距、小さく安く 実演  「2次元フォトニック結晶」レーザーを使い、対象までの距離を測定する装置の実演をする京都大の野田進教授=京都大

  8. 2020070113218

    第2波に備え検証会議 西村経済再生相  新型コロナウイルス感染症対策の効果を検証する会議の会合で、あいさつする西村経済再生相(左上)、その右は黒川清委員長。奥の画面の右側は京都大の山中伸弥教授=1日午前、東京都千代田区

  9. 2020070600219

    中国の研究者、貴重なナガミカズラ属の植物をチベットで発見  2015年にチベット自治区メトク(墨脱)県で採集したAeschynanthusmonetariaの標本。(資料写真)中国科学院成都生物研究所は6月28日、国内の研究者が2015年にチベット自治区メトク(墨脱)県で発見したナガミカズラ属の植物が、100年前に姿を消した「Aeschynanthusmonetaria」だったことが分かり、同種に初めて「貝葉芒毛苣苔」という中国名を付けたことを明らかにした。(成都=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020070600187

    中国の研究者、貴重なナガミカズラ属の植物をチベットで発見  生長したAeschynanthusmonetariaの植物体。(資料写真)中国科学院成都生物研究所は6月28日、国内の研究者が2015年にチベット自治区メトク(墨脱)県で発見したナガミカズラ属の植物が、100年前に姿を消した「Aeschynanthusmonetaria」だったことが分かり、同種に初めて「貝葉芒毛苣苔」という中国名を付けたことを明らかにした。(成都=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020063007724

    金正恩氏の動静激減 着工式に臨む金正恩氏  平壌総合病院の着工式に臨む北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左から2人目)=3月(朝鮮中央通信=共同)

  12. 2020063007720

    金正恩氏の動静激減 会議に臨む金正恩氏  北朝鮮の朝鮮労働党政治局会議に臨む金正恩党委員長(中央)=6月(朝鮮通信=共同)

  13. 2020063006648

    知らないことを知る旅 越冬隊の見送り  記者や第61次南極観測隊の夏隊は、ヘリコプターで昭和基地をはなれ、日本に帰るしらせへ移動(いどう)。基地に残る越冬隊のメンバーが見送ってくれました=2月4日(共同) 「お天気記者のなるほど南極」15回続きの(15)

  14. 2020063006636

    知らないことを知る旅 記念写真におさまる記者  第61次南極観測隊員と記念写真におさまる記者(右)。初めての南極大陸に思わずはしゃいでしまいました=1月(共同) 「お天気記者のなるほど南極」15回続きの(15)

  15. 2020063005055

    村上彩佳さん  仏議会研究者、2019年6月2日撮影、東京・東新橋の共同通信社

  16. 2020062914115

    黒川清 (くろかわ・きよし)  政策研究大学院大名誉教授、2018年10月5日、東京・六本木で撮影

  17. 2020062908621

    反核の初代横断幕どこに? 写真を手にする山川さん  所在不明となった反核座り込みの初代横断幕の写真を手にする被爆者の山川剛さん=8日、長崎市 「核の75年」

  18. 2020062708506

    平壌市民の生活改善優先 C1化学工業の関連施設  北朝鮮平安南道で建設中の「C1化学工業」関連施設。朝鮮中央通信が16日配信した(朝鮮通信=共同)

  19. 2020062610466

    霊長類研で5億円不正支出 松沢哲郎氏  松沢哲郎・京都大特別教授

  20. 2020062609920

    シジュウカラ語に耳澄ます 剝製を手にする鈴木氏  実験に使うカラスの剝製を手にする京都大の鈴木俊貴特定助教=13日、長野県軽井沢町 「ニッポンの現場―記者がゆく」

  21. 2020062609912

    シジュウカラ語に耳澄ます 観察する鈴木俊貴特定助教  シジュウカラを観察する京都大の鈴木俊貴特定助教=13日、長野県軽井沢町 「ニッポンの現場―記者がゆく」

  22. 2020062511714

    プラスチック全体の削減を 東大の高村ゆかり教授  インタビューに答える高村ゆかり東大教授 1㌻特集「レジ袋有料化」

  23. 2020062511713

    プラスチック全体の削減を 高村ゆかり教授  インタビューに答える高村ゆかり東大教授 1㌻特集「レジ袋有料化」

  24. 2020062511711

    プラスチック全体の削減を 高村ゆかり氏  高村ゆかり東大教授 1㌻特集「レジ袋有料化」

  25. 2020062804854

    プロバイオティクスに毒性低減効果中国科学院のチームが発見  プロバイオティクスを配合した餌をメスのゼブラフィッシュに与えた実験の概略図。(資料写真)人体への毒性が強く、健康リスクが指摘される残留性有機汚染物質(POPs)が深刻な地球環境問題となる中、人体に良い影響を与えるとされる微生物のプロバイオティクスに水環境中の汚染物質の毒性作用を低減する効果があることが、中国科学院水生生物研究所の最新研究で分かった。(武漢=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020062804905

    プロバイオティクスに毒性低減効果中国科学院のチームが発見  プロバイオティクスを配合した餌をオスのゼブラフィッシュに与えた実験の概略図。(資料写真)人体への毒性が強く、健康リスクが指摘される残留性有機汚染物質(POPs)が深刻な地球環境問題となる中、人体に良い影響を与えるとされる微生物のプロバイオティクスに水環境中の汚染物質の毒性作用を低減する効果があることが、中国科学院水生生物研究所の最新研究で分かった。(武漢=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020062408926

    北朝鮮、文政権揺さぶり 金正恩氏ら2人  北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(コリアメディア提供・共同)、金与正党第1副部長(聯合=共同)

  28. 2020062408808

    柳井氏、100億円寄付 本庶・柳井・山中氏  記念撮影する(左から)本庶佑氏、柳井正氏、山中伸弥氏=24日午後、京都大

  29. 2020062408040

    セグウェイ、普及せず引退 ウィングレットの実証実験  トヨタ自動車の立ち乗り電動二輪車ウィングレットの実証実験=2016年3月、東京都江東区

  30. 2020062407967

    スパコン富岳が世界一に 公開された富岳  理化学研究所計算科学研究センターで報道陣(ほうどうじん)に公開された「富岳」=6月16日、兵庫県神戸市 「ニュースアラカルト」(科学)「スパコン富岳が世界一に」

  31. 2020062407820

    「見えない化学プラント」 使用済み核燃料再処理工場  日本原燃の使用済み核燃料再処理工場=5月、青森県六ケ所村 連載企画「核燃料再処理 問われる意義」3回続きの(上)

  32. 2020062306725

    スパコン富岳世界一で会見 松本氏記念撮影  新型スーパーコンピューター「富岳」と記念撮影する理化学研究所の松本紘理事長=23日午後、神戸市

  33. 2020062306721

    スパコン富岳世界一で会見 記念撮影  新型スーパーコンピューター「富岳」の前で、記念撮影する理化学研究所の松本紘理事長(右から2人目)ら=23日午後、神戸市

  34. 2020062306173

    スパコン富岳世界一で会見 理研の記者会見  記者会見する理化学研究所の松本紘理事長(中央)ら=23日午前、神戸市

  35. 2020062306172

    スパコン富岳世界一で会見 理事長記者会見  記者会見する理化学研究所の松本紘理事長=23日午前、神戸市

  36. 2020062306110

    スパコン富岳世界一で会見 松本紘理事長  記者会見する理化学研究所の松本紘理事長=23日午前、神戸市

  37. 2020062204206

    「世界一」成果へ手応え 理化学研究所  神戸市の理化学研究所計算科学研究センター=22日午後(共同通信社ヘリから)

  38. 2020062204204

    「世界一」成果へ手応え 神戸市の理化学研究所  神戸市の理化学研究所計算科学研究センター=22日午後(共同通信社ヘリから)

  39. 2020070611536

    北京新発地卸売市場の牛・羊肉フロア、消毒と搬出作業実施  消毒液の噴霧装置を設置するスタッフ。(6月21日撮影)中国北京市の新発地卸売市場でこのほど、新型コロナウイルスの集団感染が発生した牛・羊肉フロアの消毒と搬出作業が行われた。関係部門は特別処理計画を策定し、専門のボランティアチームがフロア周辺で1回目の消毒・殺菌作業を実施した。臭気が強いため、屋内作業に先立ち、建物の屋上換気システムに接続された室内空気浄化装置を屋外に設置。汚染された空気をあらかじめ処理した。汚染された空気の「漏出」を防ぐため、2次汚染を引き起こす可能性のある有害な気体をこのシステムでろ過する必要があり、PM0・5以下の微小粒子状物質をフィルターで除去し、次に活性炭に腐敗臭のガスを吸着させてから、最後に消毒液を漏れなく噴霧して空気を消毒する方式を採用した。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020062204723

    動物の起源の謎に迫る6億年前の胚化石を解析中英研究チーム  細胞分裂後期の「瓮安旋孔虫」。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は18日、中国と英国の古生物学者による研究チームがこのほど、3Dイメージング技術を用いて約6億年前の胚化石の詳細な内部構造を初めて解析したことを明らかにした。研究報告によると、これらの古生物は既に現在の動物胚と同じような細胞分裂を行っていた。動物の起源の謎を解明する上で重要な意義を持つ。研究成果は米科学誌「サイエンスアドバンス」に掲載された。(南京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020062204813

    動物の起源の謎に迫る6億年前の胚化石を解析中英研究チーム  「瓮安旋孔虫」の画像。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は18日、中国と英国の古生物学者による研究チームがこのほど、3Dイメージング技術を用いて約6億年前の胚化石の詳細な内部構造を初めて解析したことを明らかにした。研究報告によると、これらの古生物は既に現在の動物胚と同じような細胞分裂を行っていた。動物の起源の謎を解明する上で重要な意義を持つ。研究成果は米科学誌「サイエンスアドバンス」に掲載された。(南京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020070611611

    北京新発地卸売市場の牛・羊肉フロア、消毒と搬出作業実施  新発地卸売市場の作業現場で実施計画について話し合う専門家と技術スタッフ。(6月20日撮影)中国北京市の新発地卸売市場でこのほど、新型コロナウイルスの集団感染が発生した牛・羊肉フロアの消毒と搬出作業が行われた。関係部門は特別処理計画を策定し、専門のボランティアチームがフロア周辺で1回目の消毒・殺菌作業を実施した。臭気が強いため、屋内作業に先立ち、建物の屋上換気システムに接続された室内空気浄化装置を屋外に設置。汚染された空気をあらかじめ処理した。汚染された空気の「漏出」を防ぐため、2次汚染を引き起こす可能性のある有害な気体をこのシステムでろ過する必要があり、PM0・5以下の微小粒子状物質をフィルターで除去し、次に活性炭に腐敗臭のガスを吸着させてから、最後に消毒液を漏れなく噴霧して空気を消毒する方式を採用した。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020062204635

    動物の起源の謎に迫る6億年前の胚化石を解析中英研究チーム  細胞分裂初期の「瓮安旋孔虫」。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は18日、中国と英国の古生物学者による研究チームがこのほど、3Dイメージング技術を用いて約6億年前の胚化石の詳細な内部構造を初めて解析したことを明らかにした。研究報告によると、これらの古生物は既に現在の動物胚と同じような細胞分裂を行っていた。動物の起源の謎を解明する上で重要な意義を持つ。研究成果は米科学誌「サイエンスアドバンス」に掲載された。(南京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020061907153

    金与正氏の役割に注目 李鍾元氏  李鍾元・早稲田大大学院教授 視標「南北関係緊張」(オピニオン欄用)

  45. 2020061907003

    岸本忠三氏に「唐奨」 喜び語る岸本氏  台湾の「唐奨」の「バイオ医薬賞」に選ばれ、オンラインで喜びを語る大阪大の岸本忠三・特任教授=19日、台北(共同)

  46. 2020061906204

    旭日小綬章「希望と勇気」 取材に応じる加藤理事長ら  取材に応じる北海道アイヌ協会の加藤忠理事長。左は内閣官房アイヌ総合政策室の刀禰俊哉室長=19日、北海道白老町 「ウレシパ ともに生きる」

  47. 2020061806202

    押川裕一郎さん  人との距離を意識してもらおうと、1㍍超のフランスパンを作る押川裕一郎(おしかわ・ゆういちろう)さん 「時の人」

  48. 2020061806199

    押川裕一郎さん  人との距離を意識してもらおうと、1㍍超のフランスパンを作る押川裕一郎(おしかわ・ゆういちろう)さん 「時の人」

  49. 2020061806184

    次の災害へ経験生かせ 河田恵昭氏  インタビューに答える河田恵昭・関西大社会安全研究センター長

  50. 2020062403009

    中国水稲研究所、黒竜江省で北方水稲研究センターを起工  18日、黒竜江省双鴨山市宝清県で開かれた北方水稲産業発展シンポジウム。中国黒竜江省双鴨山市宝清県で18日、中国水稲研究所北方水稲研究センターの起工式が行われた。北方水稲産業発展シンポジウムも同時開催された。(宝清=新華社配信/馬淑芬)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像