検索結果 16,460 件中 1 件 〜 50
  1. 2020092502886

    学校法人、手続きせず融資資 釈明する吉村知事  山形県議会で釈明する吉村美栄子知事=25日午前

  2. 2020092502768

    元生徒が暴行の元教諭提訴  提訴に向かう弁護士ら  提訴のため名古屋地裁に向かう、名古屋市立天白養護学校の元男子生徒の弁護士や支援者ら=25日午後

  3. 2020092100424

    コロナ禍「世界知りたい」 手を振る参加者  インターネットのビデオ会議でザンビアのJICA職員らの授業を受けた後、手を振る千葉県立市川工業高の生徒や参加者=7月

  4. 2020092000165

    27自治体「気候非常事態」 断熱材を切る白馬高生ら  教室の壁に詰める断熱材を切る白馬高校の生徒ら=19日、長野県白馬村

  5. 2020091904830

    中国、コロナを愛国教育に 中国の高校の教科書  中国の高校の教科書「思想政治」(共同)

  6. 2020091904829

    中国、コロナを愛国教育に 「中国速度」の記述  教科書「思想政治」の新型コロナに関するページ。「中国速度(スピード)」との記述がある(共同)

  7. 2020091805907

    母語の危機、口閉ざす親ら 民族学校の中国旗  中国国旗がはためくモンゴル族の学校=17日、中国内モンゴル自治区通遼市(共同) 「ルポ」中国、モンゴル族に標準語教育

  8. 2020091805906

    母語の危機、口閉ざす親ら 登校する子どもと警察官  警官(右端)が配備される中、モンゴル族の学校に登校する子どもら=17日、中国内モンゴル自治区通遼市(共同) 「ルポ」中国、モンゴル族に標準語教育

  9. 2020091805903

    母語の危機、口閉ざす親ら モンゴル族の生徒ら  モンゴル族の学校で学ぶ生徒ら=17日、中国内モンゴル自治区通遼市(共同) 「ルポ」中国、モンゴル族に標準語教育

  10. 2020091805900

    母語の危機、口閉ざす親ら 登校する生徒ら  モンゴル族の学校に登校する生徒ら=17日、中国内モンゴル自治区通遼市(共同) 「ルポ」中国、モンゴル族に標準語教育

  11. 2020092501598

    保護者を招かなかった岡山の中学校体育会 岡山市内  保護者を招かずに開催された岡山市内の中学校の体育会。競技する学年以外は教室で待機し、グラウンド上は人が少なかった。岡山市立小中学校が新型コロナウイルス対策を工夫しながら、運動会や体育会を開催している。各校は、保護者を招待せずに無観客で開催したり、密集しないように種目を見直したりして児童生徒の安全確保に努めている。=2020(令和2)年9月18日、岡山市内、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  12. 2020091706541

    子育て誌に維新都構想広告 大阪維新が出した広告  大阪維新の会が出した「大阪都構想」をアピールする広告

  13. 2020092303509

    習近平氏、湖南省長沙市を視察  17日、湖南大学岳麓書院を訪れ、教師や学生たちと親しく交流する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は17日、湖南省長沙市を視察した。(長沙=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020092303421

    習近平氏、湖南省長沙市を視察  17日、湖南大学岳麓書院を訪れ、大学における思想・政治活動の強化・革新や優れた歴史文化の伝承・発揚の状況を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は17日、湖南省長沙市を視察した。(長沙=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020091607563

    支援者歓喜、祝福ムード 湯沢高校にお祝いの垂れ幕  菅氏の母校、秋田県立湯沢高校の校舎にかかげられた首相就任を祝う垂れ幕=16日午後4時33分

  16. 2020091607511

    支援者歓喜、祝福ムード 湯沢の生徒パフォーマンス  菅首相の誕生を祝い書道パフォーマンスをする菅氏の母校、秋田県立湯沢高校の書道部の生徒たち=16日午後5時10分

  17. 2020091607509

    支援者歓喜、祝福ムード 生徒が書いた「座右の銘」  菅氏の母校、秋田県立湯沢高校の書道部の生徒たちによって書かれた菅氏の座右の銘=16日午後5時14分

  18. 2020091607486

    支援者歓喜、祝福ムード 号外を読む湯沢高校の生徒  菅首相誕生の号外を読む菅氏の母校、秋田県立湯沢高校の生徒=16日午後4時26分

  19. 2020091604866

    「自分の問題解決のため」 五所川原署を出る車両  送検のため青森県警五所川原署を出る、男子生徒を乗せた車両=16日午後0時15分五所川原

  20. 2020091801663

    習近平氏、湖南省を視察  16日、郴州(ちんしゅう)市汝城(じょじょう)県文明ヤオ族郷の小学校を訪れ、児童や教師と親しく交流する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は16日、湖南省を視察した。(郴州=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020092303429

    中国四大名陶「坭興陶」の魅力広西チワン族自治区  16日、2006年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「優良手工芸品賞」を受賞した坭興陶作品「高鼓花樽」。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は1300年以上の歴史を持ち、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」と称されている。欽州坭興陶の制作技法は2008年6月、国家級無形文化遺産リストに登録された。(欽州=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020091801659

    習近平氏、湖南省を視察  16日、郴州(ちんしゅう)市汝城(じょじょう)県文明ヤオ族郷沙洲ヤオ族村で革命をテーマとした陳列館を訪れ、歴史教育の状況を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は16日、湖南省を視察した。(郴州=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020091509277

    熱意と工夫あふれる教室 小野沢弘之教諭  水海道中の夜間中学で、数学の授業をする小野沢弘之教諭=7月、茨城県常総市 教育1㌻特集連載企画「学びはどこに」第5部「夜間中学」

  24. 2020091509138

    夜間中学を巡る経過  夜間中学を巡る経過 教育1㌻特集連載企画「学びはどこに」第5部「夜間中学」

  25. 2020091509004

    10都府県34校に千数百人  文部科学省夜間中学調査の結果(公立33校対象) 教育1㌻特集連載企画「学びはどこに」第5部「夜間中学」

  26. 2020091508767

    「学びたい」に応え続ける 見城慶和さん  自主夜間中学「えんぴつの会」で授業をする見城慶和さん=7月、東京都墨田区のすみだボランティアセンター 教育1㌻特集連載企画「学びはどこに」第5部「夜間中学」

  27. 2020091504078

    「対面」全面実施まだ19%  大学と短大、高等専門学校の後期授業 「12段用」

  28. 2020091504071

    「対面」全面実施まだ19%  大学と短大、高等専門学校の後期授業

  29. 2020091605356

    多彩なクラスで学校生活を豊かに内モンゴル自治区  15日、児童とチェスをする教師(左端)。中国内モンゴル自治区通遼市のモンゴル族学校は小中一貫9年制の学校で、同校では数年前から書道や美術、シャタル(モンゴル将棋)などのクラスが開設されている。児童生徒のさまざまな素養や能力を育むとともに、学校生活をさらに多彩で豊かなものにしている。(通遼=新華社記者/劉懿徳)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020091605406

    多彩なクラスで学校生活を豊かに内モンゴル自治区  15日、美術のクラスで自分の作品に色を付ける児童。中国内モンゴル自治区通遼市のモンゴル族学校は小中一貫9年制の学校で、同校では数年前から書道や美術、シャタル(モンゴル将棋)などのクラスが開設されている。児童生徒のさまざまな素養や能力を育むとともに、学校生活をさらに多彩で豊かなものにしている。(通遼=新華社記者/劉懿徳)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020091605414

    多彩なクラスで学校生活を豊かに内モンゴル自治区  15日、チェスのクラスに参加した児童。中国内モンゴル自治区通遼市のモンゴル族学校は小中一貫9年制の学校で、同校では数年前から書道や美術、シャタル(モンゴル将棋)などのクラスが開設されている。児童生徒のさまざまな素養や能力を育むとともに、学校生活をさらに多彩で豊かなものにしている。(通遼=新華社記者/劉懿徳)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020091605320

    多彩なクラスで学校生活を豊かに内モンゴル自治区  15日、シャタルのクラスで対局する児童。中国内モンゴル自治区通遼市のモンゴル族学校は小中一貫9年制の学校で、同校では数年前から書道や美術、シャタル(モンゴル将棋)などのクラスが開設されている。児童生徒のさまざまな素養や能力を育むとともに、学校生活をさらに多彩で豊かなものにしている。(通遼=新華社記者/劉懿徳)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020091605384

    多彩なクラスで学校生活を豊かに内モンゴル自治区  15日、美術のクラスで自分の作品に色を付ける児童。中国内モンゴル自治区通遼市のモンゴル族学校は小中一貫9年制の学校で、同校では数年前から書道や美術、シャタル(モンゴル将棋)などのクラスが開設されている。児童生徒のさまざまな素養や能力を育むとともに、学校生活をさらに多彩で豊かなものにしている。(通遼=新華社記者/劉懿徳)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020091605409

    多彩なクラスで学校生活を豊かに内モンゴル自治区  15日、書道を練習する児童。中国内モンゴル自治区通遼市のモンゴル族学校は小中一貫9年制の学校で、同校では数年前から書道や美術、シャタル(モンゴル将棋)などのクラスが開設されている。児童生徒のさまざまな素養や能力を育むとともに、学校生活をさらに多彩で豊かなものにしている。(通遼=新華社記者/劉懿徳)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020091206483

    「言語奪うな」批判集会 横断幕掲げる参加者ら  大阪市で開かれたモンゴル語教育の保護を訴える集会で、横断幕を掲げる参加者ら=12日午後、大阪市

  36. 2020091206403

    宝塚、伝統の「指導」廃止 宝塚音楽学校  宝塚音楽学校=12日午後、兵庫県宝塚市

  37. 2020091206254

    「恐怖植え付けるヘイト」 事件を語る金志成さん  事件について語る朝鮮学校教員の金志成さん=9日、京都市

  38. 2020091103048

    中学生投票で菅氏トップ 話し合う生徒たち  自民党総裁選の3候補者の政策や人柄などを分析し、話し合う岐阜大教育学部付属小中学校の生徒たち=11日午後、岐阜市

  39. 2020091103045

    中学生投票で菅氏トップ 分析する生徒たち  自民党総裁選の3候補者の政策や人柄などを分析し、話し合う岐阜大教育学部付属小中学校の生徒たち=11日午後、岐阜市

  40. 2020091101771

    朗らかな性格、教員志望 取材に応じる高校の校長  冨沢友美さんが通っていた啓新高校で取材に応じる荻原昭人校長=11日、福井市

  41. 2020091101432

    地域で工夫、孤立防げ 日本語を勉強する実習生  日本語教室で地域の住民と日本語を勉強するベトナム人の技能実習生ら=8月、宮城県石巻市 「東日本大震災9年半」

  42. 2020091101429

    地域で工夫、孤立防げ 日本語を勉強する実習生  日本語教室で地域の住民と日本語を勉強するベトナム人の技能実習生(右)=8月、宮城県石巻市 「東日本大震災9年半」

  43. 2020091605389

    ホーチョ族学校で受け継がれる少数民族の伝統黒竜江省撫遠市  11日、抓吉鎮ホーチョ族学校の校内で矢を射る生徒。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉鎮ホーチョ(赫哲)族学校は、地元の少数民族ホーチョ族の文化の伝承と発揚を目的に、2016年から同族の文化を授業に組み込んでいる。児童生徒は2年生でホーチョ族の言語を、3年生でホーチョ族の舞踊や手工芸「魚皮画」を習い始める。体育の授業では「頂杠」「魚王角力」「杜烈其」と呼ばれる伝統的な競技が取り入れられている。児童生徒は体験を通してホーチョ族文化を継承している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020091605376

    ホーチョ族学校で受け継がれる少数民族の伝統黒竜江省撫遠市  11日、抓吉鎮ホーチョ族学校の校内で「魚王角力」(背中合わせに立った2人が輪にしたひもを腹部に当て引っ張り合い、先に目標物に触れた方が勝ちとなるゲーム)の競技を行う教師と生徒。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉鎮ホーチョ(赫哲)族学校は、地元の少数民族ホーチョ族の文化の伝承と発揚を目的に、2016年から同族の文化を授業に組み込んでいる。児童生徒は2年生でホーチョ族の言語を、3年生でホーチョ族の舞踊や手工芸「魚皮画」を習い始める。体育の授業では「頂杠」「魚王角力」「杜烈其」と呼ばれる伝統的な競技が取り入れられている。児童生徒は体験を通してホーチョ族文化を継承している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020091605385

    ホーチョ族学校で受け継がれる少数民族の伝統黒竜江省撫遠市  11日、抓吉鎮ホーチョ族学校の校内で、女子生徒が矢を装着するのを手伝う男子生徒。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉鎮ホーチョ(赫哲)族学校は、地元の少数民族ホーチョ族の文化の伝承と発揚を目的に、2016年から同族の文化を授業に組み込んでいる。児童生徒は2年生でホーチョ族の言語を、3年生でホーチョ族の舞踊や手工芸「魚皮画」を習い始める。体育の授業では「頂杠」「魚王角力」「杜烈其」と呼ばれる伝統的な競技が取り入れられている。児童生徒は体験を通してホーチョ族文化を継承している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020091008225

    安倍政権下「ヘイト助長」 広島朝鮮初中高級学校長  「政府が差別をあおっている」と話す広島朝鮮初中高級学校の李昌興校長=4日、広島市

  47. 2020090807331

    日本の教育公的支出低調  主なOECD加盟国の教育機関への公的支出割合

  48. 2020091805138

    国立がん研究センターが「ATLAS Project」始動について会見  国立がん研究センター中央病院は8日、アジア地域で臨床研究・治験実施体制の整備を目的とした「アジアがん臨床試験ネットワーク構築に関する事業(アトラスプロジェクト)」を9月から始めたと発表した。日本主導でアジアのがん患者が最先端の治療薬を迅速に使えるようにし、がん細胞の遺伝子変異を調べて最適な治療法を探る「がんゲノム医療」の本格導入を進める。アジア全体の薬剤開発力を高め、アジア特有の治療法が見つかっていない病気に対する医療課題の解決を目指す。8日開いた会見で、国立がん研究センターの中釜斉理事長は「国際連携を通した共同研究を強力に推進していきたい」と述べた。プロジェクトの一環で、日本主導で国際共同試験のための基盤を構築する。がんゲノム医療の導入と、薬事承認申請のための医師主導治験や企業治験の実施を通じて、アジアの早期創薬開発を後押しする。2020年度中にもアジアで罹患(りかん)・死亡率が高い子宮頸(けい)がんの国際医師主導治験など複数の国際共同研究を始める。同基盤を活用して常時5―10の国際共同医師主導治験を行うとともに、製薬企業主導の治験も行えるようにする。20年度内に国際共同試験の患者登録を開始し、21年度以降、年間約500人の登録を維持する計画。対象国はがん治療開発を今後、積極的に推進予定のマレーシア、タイ、フィリピン、インドネシア、ベトナムの5カ国。プロジェクトを推進するため、同5カ国計10の研究機関と20年度内に契約を結び、治験実施に必要な基盤整備や、教育研修プログラムの提供なども行う。国立がん研究センターは21年秋にも同5カ国のいずれかにアジア事務局(仮)を設置する計画だ。=2020(令和2)年9月8日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  49. 2020091801769

    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省  8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、1年生の劉迎喜(りゅう・げいき)さんに字の書き方を教える呉孟津(ご・もうしん)先生。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020091801782

    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省  8日、永泰県の紅星郷礼柄小学校で、同校唯一の児童、徐佳怡(じょ・かい)さんに国語の授業をする黄麗珠先生。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像