検索結果 357 件中 1 件 〜 50 件 "貧困世帯"
  1. 2020060508864

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/王雪氷)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020060508893

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスで栽培されているサケツバタケ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020060508843

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元の作業場でサケツバタケを加工する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020060508899

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/趙沢輝)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020060508869

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/王雪氷)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020060508822

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020060508859

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020060508863

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元の加工工場に積まれたサケツバタケ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/趙沢輝)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020060508691

    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省  5月28日、トン族伝統の木綿の手織り布を干す楊成蘭さん。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020060508693

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で、飼料を運ぶトラック。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020060508705

    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省  5月28日、日に当てて乾かしたトン族伝統の木綿の手織り布を取り込む楊成蘭さん(左)と弟子。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020060508698

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で飼育されている肉牛。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020060508762

    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省  5月28日、植物由来の染料をタンクに注ぐ楊成蘭さん(左)とトン族の女性たち。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020060508786

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で、牛にエサを与える飼育員。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020060508820

    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省  5月28日、トン族伝統の木綿の手織り布を干す楊成蘭さん。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020060508797

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で飼育されている肉牛。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020060508684

    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省  5月28日、合作社の貧困者支援作業場で布を織る楊成蘭さん。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020060508685

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で、牛にエサを与える飼育員。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020060508717

    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省  5月28日、トン族伝統の木綿の手織り布を干す楊成蘭さん(左)。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020060508818

    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困貴州省  5月28日、トン族伝統の木綿の手織り布の植物染め技法をスマートフォンでライブ配信する楊成蘭さん。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020060508777

    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省  5月28日、日に当てて乾かしたトン族伝統の木綿の手織り布を取り込んで帰る楊成蘭さん。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020060508747

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で、牛にエサを与える飼育員。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020060508769

    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省  5月28日、植物染料で黒く染まった両手を見せる楊成蘭さん(手前)と弟子。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020060508734

    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省  5月28日、完成したトン族伝統の木綿の手織り布を整理する楊成蘭さん。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020060508676

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市にある肉牛牧場内の牛舎。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020060508688

    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省  5月28日、手織り木綿の布で制作したスカーフを整理する楊成蘭さん。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020060508696

    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省  5月28日、トン族伝統の木綿の手織り布を干す楊成蘭さん(右)と楊さんの母親。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020060209175

    竹編み工芸品の制作で貧困脱却を後押し安徽省潜山市  21日、貧困者支援作業場で竹ひごを加工する農家の人。中国安徽省潜山(せんざん)市の王河鎮は、モウハイチクの生産がさかんで、竹細工の名工を輩出したことから、古くから「舒席の里」と称されてきた。竹編み工芸品「王河舒席」の省級無形文化遺産の伝承者、唐竹林(とう・ちくりん)さんは、弟の唐満結(とう・まんけつ)さんと2014年に潜山市欣興鑫舒席専業合作社(協同組合)を設立。現在、郷と鎮に40カ所以上の貧困者支援作業場を有している。これまでに600戸以上の農家の就職を支援し、累計で200戸以上の貧困世帯を貧困から脱却させてきた。(潜山=新華社記者/汪海月)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020060209025

    竹編み工芸品の制作で貧困脱却を後押し安徽省潜山市  21日、編み終えた「舒席」の編み目を調節する潜山市欣興鑫舒席専業合作社の職員。中国安徽省潜山(せんざん)市の王河鎮は、モウハイチクの生産がさかんで、竹細工の名工を輩出したことから、古くから「舒席の里」と称されてきた。竹編み工芸品「王河舒席」の省級無形文化遺産の伝承者、唐竹林(とう・ちくりん)さんは、弟の唐満結(とう・まんけつ)さんと2014年に潜山市欣興鑫舒席専業合作社(協同組合)を設立。現在、郷と鎮に40カ所以上の貧困者支援作業場を有している。これまでに600戸以上の農家の就職を支援し、累計で200戸以上の貧困世帯を貧困から脱却させてきた。(潜山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020060209135

    竹編み工芸品の制作で貧困脱却を後押し安徽省潜山市  21日、貧困者支援作業場で「舒席」を編む王潔梅(おう・けつばい)さん。中国安徽省潜山(せんざん)市の王河鎮は、モウハイチクの生産がさかんで、竹細工の名工を輩出したことから、古くから「舒席の里」と称されてきた。竹編み工芸品「王河舒席」の省級無形文化遺産の伝承者、唐竹林(とう・ちくりん)さんは、弟の唐満結(とう・まんけつ)さんと2014年に潜山市欣興鑫舒席専業合作社(協同組合)を設立。現在、郷と鎮に40カ所以上の貧困者支援作業場を有している。これまでに600戸以上の農家の就職を支援し、累計で200戸以上の貧困世帯を貧困から脱却させてきた。(潜山=新華社記者/汪海月)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020060209099

    竹編み工芸品の制作で貧困脱却を後押し安徽省潜山市  21日、完成した「舒席」を見せる潜山市欣興鑫舒席専業合作社の職員。中国安徽省潜山(せんざん)市の王河鎮は、モウハイチクの生産がさかんで、竹細工の名工を輩出したことから、古くから「舒席の里」と称されてきた。竹編み工芸品「王河舒席」の省級無形文化遺産の伝承者、唐竹林(とう・ちくりん)さんは、弟の唐満結(とう・まんけつ)さんと2014年に潜山市欣興鑫舒席専業合作社(協同組合)を設立。現在、郷と鎮に40カ所以上の貧困者支援作業場を有している。これまでに600戸以上の農家の就職を支援し、累計で200戸以上の貧困世帯を貧困から脱却させてきた。(潜山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020060209257

    竹編み工芸品の制作で貧困脱却を後押し安徽省潜山市  21日、「舒席」を編む農家の人。中国安徽省潜山(せんざん)市の王河鎮は、モウハイチクの生産がさかんで、竹細工の名工を輩出したことから、古くから「舒席の里」と称されてきた。竹編み工芸品「王河舒席」の省級無形文化遺産の伝承者、唐竹林(とう・ちくりん)さんは、弟の唐満結(とう・まんけつ)さんと2014年に潜山市欣興鑫舒席専業合作社(協同組合)を設立。現在、郷と鎮に40カ所以上の貧困者支援作業場を有している。これまでに600戸以上の農家の就職を支援し、累計で200戸以上の貧困世帯を貧困から脱却させてきた。(潜山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020052701276

    産業の発展で貧困から脱却広西チワン族自治区鹿寨県  19日、広西チワン族自治区柳州市鹿寨県四排鎮水頭村の果樹園で働く村民の廖義才(りょう・ぎさい)さん。中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県は、貧困脱却の取り組みとして地域の特色を生かした産業に力を入れており、貧困世帯の約89%が現代農業や畜産などに従事している。同県では2016~19年に22の村が貧困から脱却し、貧困者数は2万7587人から1013人に減少した。(南寧=新華社記者/黄孝邦)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020060508910

    移住・転居貧困救済事業と観光開発で生まれ変わった農村山西省  家畜飼育合作社(協同組合)で羊にえさをやる山西省忻州市岢嵐県宋家溝村の賀毛小(が・もうしょう)さん。(5月19日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市岢嵐(からん)県宋家溝村は2017年、移住・転居による貧困救済事業により周辺の14村145世帯の貧困世帯を受け入れた。また、77日間で数万平方メートルの建築を撤去して整地、新築する村全体の改良プロジェクトを実施、受け入れた住民の居住環境を大きく改善した。同時に農村観光の発展に力を注ぎ、村民の貧困脱却と増収を促進している。(忻州=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020052701327

    産業の発展で貧困から脱却広西チワン族自治区鹿寨県  19日、広西チワン族自治区柳州市鹿寨県四排鎮の木材加工工場で働く女性。中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県は、貧困脱却の取り組みとして地域の特色を生かした産業に力を入れており、貧困世帯の約89%が現代農業や畜産などに従事している。同県では2016~19年に22の村が貧困から脱却し、貧困者数は2万7587人から1013人に減少した。(南寧=新華社記者/黄孝邦)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020052701335

    産業の発展で貧困から脱却広西チワン族自治区鹿寨県  19日、広西チワン族自治区柳州市鹿寨県四排鎮水頭村の畑を歩く村民の潘正坤(はん・せいこん)さん。中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県は、貧困脱却の取り組みとして地域の特色を生かした産業に力を入れており、貧困世帯の約89%が現代農業や畜産などに従事している。同県では2016~19年に22の村が貧困から脱却し、貧困者数は2万7587人から1013人に減少した。(南寧=新華社記者/黄孝邦)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020052701293

    産業の発展で貧困から脱却広西チワン族自治区鹿寨県  広西チワン族自治区柳州市鹿寨県寨沙鎮古木村でアブラツバキの苗を手入れする村民。(5月10日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県は、貧困脱却の取り組みとして地域の特色を生かした産業に力を入れており、貧困世帯の約89%が現代農業や畜産などに従事している。同県では2016~19年に22の村が貧困から脱却し、貧困者数は2万7587人から1013人に減少した。(南寧=新華社記者/黄孝邦)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020060508812

    移住・転居貧困救済事業と観光開発で生まれ変わった農村山西省  上:山西省忻州市岢嵐県宋家溝村で、移住・転居が行われる前に村民が住んでいた家屋(資料写真)。下:山西省忻州市岢嵐県宋家溝村の家屋。(5月9日撮影)(組み合わせ写真)中国山西省忻州(きんしゅう)市岢嵐(からん)県宋家溝村は2017年、移住・転居による貧困救済事業により周辺の14村145世帯の貧困世帯を受け入れた。また、77日間で数万平方メートルの建築を撤去して整地、新築する村全体の改良プロジェクトを実施、受け入れた住民の居住環境を大きく改善した。同時に農村観光の発展に力を注ぎ、村民の貧困脱却と増収を促進している。(忻州=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020060508881

    移住・転居貧困救済事業と観光開発で生まれ変わった農村山西省  山西省忻州市岢嵐県宋家溝村を散策する観光客。(5月9日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市岢嵐(からん)県宋家溝村は2017年、移住・転居による貧困救済事業によりには周辺の14村145世帯の貧困世帯を受け入れた。また、77日間で数万平方メートルの建築を撤去して整地、新築する村全体の改良プロジェクトを実施、受け入れた住民の居住環境を大きく改善した。同時に農村観光の発展に力を注ぎ、村民の貧困脱却と増収を促進している。(忻州=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020051402398

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  8日、娘に髪をすいてもらう張さん。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020051402363

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  8日、アトリエのブランコで遊ぶ娘。外出が不便な張さんはアトリエに娘の遊び場を作った。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020051402391

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  8日、アトリエで娘に果物を食べさせる張さん。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020051402310

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  7日、ニワトリの世話をする張さんと娘。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020051402312

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  7日、美術教室の壁に張られた張さんの「貧困脱却模範」証書。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020051402360

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  7日、アトリエで娘に絵を教える張さん。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020051402349

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  7日、台所で昼食の準備をする張さん。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020051402364

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  7日、自宅近くで写生をする張さんと娘。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020051402403

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  7日、張さんが娘の成長を記録した絵の数々。(組み合わせ写真)張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/張浩波)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020051402352

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  7日、就寝前の娘に絵本を読んで聞かせる張さん。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020051402331

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  7日、娘の就寝後にアトリエで作業する張さん。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像