検索結果 27,391 件中 1 件 〜 50
  1. 2020080407301

    五輪関連施設・空撮資料 日本武道館  日本武道館=2020年8月4日午後、東京都千代田区(共同通信社ヘリから)

  2. 2020080407298

    五輪関連施設・空撮資料 日本武道館  日本武道館=2020年8月4日午後、東京都千代田区(共同通信社ヘリから)

  3. 2020080407296

    五輪関連施設・空撮資料 日本武道館  日本武道館=2020年8月4日午後、東京都千代田区(共同通信社ヘリから)

  4. 2020080407291

    五輪関連施設・空撮資料 日本武道館  日本武道館=2020年8月4日午後、東京都千代田区(共同通信社ヘリから)

  5. 2020080407251

    NHK・資料 NHK放送センター  NHK放送センター=2020年8月4日午後、東京都渋谷区(共同通信社ヘリから)

  6. 2020080407234

    五輪関連施設・空撮資料 代々木第一、第二体育館  国立代々木競技場の第一体育館(奥)と第二体育館(手前)=2020年8月4日午後、東京都渋谷区(共同通信社ヘリから)

  7. 2020080407232

    五輪関連施設・空撮資料 代々木第一、第二体育館  国立代々木競技場の第一体育館(手前)と第二体育館=2020年8月4日午後、東京都渋谷区(共同通信社ヘリから)

  8. 2020080407229

    五輪関連施設・空撮資料 代々木競技場と国立競技場  国立代々木競技場の第一体育館(手前上)、第二体育館(手前下)。右奥は国立競技場=2020年8月4日午後(共同通信社ヘリから)

  9. 2020080407207

    五輪関連施設・空撮資料 代々木競技場の第一体育館  国立代々木競技場の第一体育館=2020年8月4日午後、東京都渋谷区(共同通信社ヘリから)

  10. 2020080407201

    五輪関連施設・空撮資料 代々木競技場の第一体育館  国立代々木競技場の第一体育館=2020年8月4日午後、東京都渋谷区(共同通信社ヘリから)

  11. 2020080407190

    五輪関連施設・空撮資料 代々木競技場の第一体育館  国立代々木競技場の第一体育館=2020年8月4日午後、東京都渋谷区(共同通信社ヘリから)

  12. 2020080303681

    百度の自動駐車向けプラットフォームが量産開始江蘇省  シンガポールEMS大手フレックスの蘇州呉中工場。(資料写真)中国インターネット検索大手の百度(バイドゥ)が手掛ける自動バレーパーキング(AVP)向けプラットフォーム「アポロ・コンピューティング・ユニット(ACU)」が7月30日、シンガポール受託製造サービス(EMS)大手フレックスの江蘇省蘇州市呉中区の工場で量産を開始した。今年後半には電気自動車(EV)メーカー威馬汽車(ウェイマー)と共同開発した車両に搭載される。(南京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  13. 2020073108731

    中国総局・資料 武漢の予防センター  「武漢市疾病予防コントロールセンター」が入る建物=2020年7月23日、中国湖北省武漢市(共同)

  14. 2020073108267

    中国総局・資料 武漢の「火神山医院」  中国湖北省武漢市の「火神山医院」=2020年5月22日(共同)

  15. 2020073108252

    中国総局・資料 武漢の「雷神山医院」  中国湖北省武漢市の「雷神山医院」=2020年5月22日(共同)

  16. 2020073108209

    中国総局・資料 武漢の「黄鶴楼」  中国湖北省武漢市の「黄鶴楼」=2020年5月21日(共同)

  17. 2020073108157

    中国総局・資料 武漢の「黄鶴楼」  中国湖北省武漢市の「黄鶴楼」=2020年5月21日(共同)

  18. 2020073108117

    中国総局・資料 武漢駅  中国湖北省武漢市の武漢駅=2020年5月21日(共同)

  19. 2020073108100

    中国総局・資料 武漢市中心医院  中国湖北省武漢市の「武漢市中心医院」=2020年5月20日(共同)

  20. 2020073108065

    中国総局・資料 武漢の「黄鶴楼」  中国湖北省武漢市の「黄鶴楼」=2020年5月21日(共同)

  21. 2020073108053

    中国総局・資料 武漢の漢口駅  中国湖北省武漢市の漢口駅=2020年5月20日(共同)

  22. 2020073108019

    中国総局・資料 北京のAIIB本部  北京にあるアジアインフラ投資銀行(AIIB)の本部=2020年7月28日(共同)

  23. 2020073107988

    中国総局・資料 中国人民解放軍総医院  北京市内にある「中国人民解放軍総医院」=2020年7月30日(共同)

  24. 2020073107942

    中国総局・資料 中国人民解放軍総医院  北京市内にある「中国人民解放軍総医院」=2020年7月30日(共同)

  25. 2020073107852

    中国総局・資料 武漢の予防センター  「武漢市疾病予防コントロールセンター」が入る建物=2020年7月23日、中国湖北省武漢市(共同)

  26. 2020073107808

    中国総局・資料 武漢のホンダ工場  中国湖北省武漢市にある「東風ホンダ」の第3工場=2020年7月23日(共同)

  27. 2020073107803

    中国総局・資料 武漢のホンダ工場  中国湖北省武漢にある「東風ホンダ」=2020年7月23日(共同)

  28. 2020073107800

    中国総局・資料 武漢のホンダ工場  中国湖北省武漢市にある「東風ホンダ」の第1工場=2020年7月23日(共同)

  29. 2020073107794

    中国総局・資料 北京の「孔子学院」本部  北京市内にある「孔子学院」本部=2020年7月6日(共同)

  30. 2020080303341

    広州五大名刹の一つ華林禅寺を訪ねて  華林禅寺の祖師殿。(資料写真)中国広東省広州市茘湾区(れいわんく)にある華林禅寺は524年に創建された禅宗の古刹(こさつ)で、1500年近い歴史を持つ。インドの高僧、菩提達磨(ぼだいだるま、達磨大師)が中国で最初に禅の教えを説いた聖地とされる。達磨大師は、師の般若多羅(はんにゃたら)より受け継いだ禅の教えを広めるため、南北朝時代の梁の普通年間(520~527年)に海を渡り、3年かけて広州城外の珠江北岸にたどり着いた。後に華林禅寺となる「西来庵」をこの地に構え、修行に打ち込んだと伝えられている。境内には、有名な五百羅漢堂や星岩漢白玉舎利塔などがある。羅漢堂内に祭られている五百羅漢は、厳しい表情で座っていたり、腹を出して微笑んでいたりと、一体ずつ動きや表情が異なり、今にも動き出しそうな躍動感がある。(広州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020080507713

    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開  7月31日、大悲禅院の境内に立つ天王殿。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020080507767

    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開  7月31日、大悲禅院の境内に立つ山門殿。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020080507841

    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開  7月31日、大悲禅院の境内に立つ釈迦宝殿。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020080507711

    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開  7月31日、大悲禅院の境内に立つ倓虚法師紀念堂。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020080507789

    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開  7月31日、大悲禅院の境内に立つ鼓楼。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020080507720

    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開  7月31日、大悲禅院の境内に立つ鐘楼。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020080507815

    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開  7月31日、大悲禅院の境内に立つ大雄宝殿。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020080507812

    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開  7月31日、大悲禅院の一角。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020080100468

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  山西省臨汾市洪洞県の広勝寺にそびえる美しい瑠璃塔「飛虹塔」。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020080303423

    真慶観を訪ねて雲南省昆明市  7月30日、真慶観の紫微殿。中国雲南省昆明市にある道教寺院「真慶観」は元代の創建で、同省の建築史、芸術史、宗教史などの研究において重要な意義を持つ古建築群で、かつては真武祠と称していた。2006年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(昆明=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020080303333

    真慶観を訪ねて雲南省昆明市  7月30日、真慶観の正門。中国雲南省昆明市にある道教寺院「真慶観」は元代の創建で、同省の建築史、芸術史、宗教史などの研究において重要な意義を持つ古建築群で、かつては真武祠と称していた。2006年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(昆明=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020080303590

    真慶観を訪ねて雲南省昆明市  7月30日、真慶観の老君殿。中国雲南省昆明市にある道教寺院「真慶観」は元代の創建で、同省の建築史、芸術史、宗教史などの研究において重要な意義を持つ古建築群で、かつては真武祠と称していた。2006年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(昆明=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020073006127

    広勝寺の飛虹塔、瑠璃装飾の美を今に伝える山西省  広勝寺飛虹塔の全景。(資料写真)中国山西省洪洞県の県城(県政府所在地)から北東に10キロ余り離れた霍山(かくざん)の南麓に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される広勝寺がある。境内にある楼閣式の仏塔「飛虹塔」は、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。中国に現存する大型の瑠璃塔の中では最も保存状態が良い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020073006126

    広勝寺の飛虹塔、瑠璃装飾の美を今に伝える山西省  広勝寺飛虹塔の全景。(資料写真)中国山西省洪洞県の県城(県政府所在地)から北東に10キロ余り離れた霍山(かくざん)の南麓に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される広勝寺がある。境内にある楼閣式の仏塔「飛虹塔」は、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。中国に現存する大型の瑠璃塔の中では最も保存状態が良い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020072701187

    空から見た承徳のミニポタラ宮河北省  24日、承徳市のミニポタラ宮「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国河北省承徳市の「布達拉(ポタラ)・行宮(あんぐう)景勝区」は、清王朝の夏の離宮「避暑山荘」北側の獅子嶺の南麓にある。面積は25万7900平方メートル。景勝地には皇室の寺院群のうち、1767(乾隆32)年に造営された「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」がある。チベット自治区のラサ市にあるポタラ宮を模して建てられたことから、ミニポタラ宮とも呼ばれる。建築にも漢民族様式とチベット族様式が融合されており、雄大かつ荘厳な姿が青海チベット高原の風情を作り出している。(承徳=新華社記者/駱学峰)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020072700970

    空から見た承徳のミニポタラ宮河北省  24日、承徳市のミニポタラ宮「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国河北省承徳市の「布達拉(ポタラ)・行宮(あんぐう)景勝区」は、清王朝の夏の離宮「避暑山荘」北側の獅子嶺の南麓にある。面積は25万7900平方メートル。景勝地には皇室の寺院群のうち、1767(乾隆32)年に造営された「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」がある。チベット自治区のラサ市にあるポタラ宮を模して建てられたことから、ミニポタラ宮とも呼ばれる。建築にも漢民族様式とチベット族様式が融合されており、雄大かつ荘厳な姿が青海チベット高原の風情を作り出している。(承徳=新華社記者/駱学峰)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020072700794

    空から見た承徳のミニポタラ宮河北省  24日、承徳市のミニポタラ宮「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国河北省承徳市の「布達拉(ポタラ)・行宮(あんぐう)景勝区」は、清王朝の夏の離宮「避暑山荘」北側の獅子嶺の南麓にある。面積は25万7900平方メートル。景勝地には皇室の寺院群のうち、1767(乾隆32)年に造営された「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」がある。チベット自治区のラサ市にあるポタラ宮を模して建てられたことから、ミニポタラ宮とも呼ばれる。建築にも漢民族様式とチベット族様式が融合されており、雄大かつ荘厳な姿が青海チベット高原の風情を作り出している。(承徳=新華社記者/駱学峰)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020072803383

    巨大な採掘跡地がレジャー施設に変身湖南省長沙市  11日、湘江歓楽城の全景。(小型無人機から)中国湖南省長沙市の湘江沿いにあるテーマパーク、湘江歓楽城は元々巨大な採掘跡地だった。同市湘江新区は大胆な構想を打ち出し、科学的論証を経て、雪と水を組み合わせたレジャー施設の開発を決定した。二つの中核となるアミューズメント施設は、雪遊びエリアの「歓楽雪域」と、水遊びエリアの「歓楽水寨」で、「歓楽雪域」は巨大な鉱山の上に浮かんでいるようなデザインで、「歓楽水寨」はその上部に作られ、そこからは周囲の深い穴と絶壁の巨大な落差を俯瞰することができる。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020072803415

    巨大な採掘跡地がレジャー施設に変身湖南省長沙市  11日、湘江歓楽城の全景。(小型無人機から)中国湖南省長沙市の湘江沿いにあるテーマパーク、湘江歓楽城は元々巨大な採掘跡地だった。同市湘江新区は大胆な構想を打ち出し、科学的論証を経て、雪と水を組み合わせたレジャー施設の開発を決定した。二つの中核となるアミューズメント施設は、雪遊びエリアの「歓楽雪域」と、水遊びエリアの「歓楽水寨」で、「歓楽雪域」は巨大な鉱山の上に浮かんでいるようなデザインで、「歓楽水寨」はその上部に作られ、そこからは周囲の深い穴と絶壁の巨大な落差を俯瞰することができる。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020072803326

    巨大な採掘跡地がレジャー施設に変身湖南省長沙市  11日、湘江歓楽城の全景。(小型無人機から)中国湖南省長沙市の湘江沿いにあるテーマパーク、湘江歓楽城は元々巨大な採掘跡地だった。同市湘江新区は大胆な構想を打ち出し、科学的論証を経て、雪と水を組み合わせたレジャー施設の開発を決定した。二つの中核となるアミューズメント施設は、雪遊びエリアの「歓楽雪域」と、水遊びエリアの「歓楽水寨」で、「歓楽雪域」は巨大な鉱山の上に浮かんでいるようなデザインで、「歓楽水寨」はその上部に作られ、そこからは周囲の深い穴と絶壁の巨大な落差を俯瞰することができる。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像