検索結果 247 件中 1 件 〜 50 件 "フルンボイル"
  1. 2020070900409

    受験生運ぶ「高考」特別列車、18年連続運行内モンゴル自治区  6日、特別列車K5117便の外で受験生の乗車を待つ鉄道スタッフ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗にある大楊樹駅から6日午前9時30分、検温と健康コードの読み取りを終えた500人以上の「高考(全国統一大学入試)」受験生を乗せた特別列車K5117便が出発、100キロ余り先、試験会場のある阿里河鎮へと向かった。中国鉄路ハルビン局集団は18年連続で特別列車を運行している。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020070900211

    受験生運ぶ「高考」特別列車、18年連続運行内モンゴル自治区  6日、特別列車K5117便の車内でポーズを取る受験生。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗にある大楊樹駅から6日午前9時30分、検温と健康コードの読み取りを終えた500人以上の「高考(全国統一大学入試)」受験生を乗せた特別列車K5117便が出発、100キロ余り先、試験会場のある阿里河鎮へと向かった。中国鉄路ハルビン局集団は18年連続で特別列車を運行している。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020070900359

    受験生運ぶ「高考」特別列車、18年連続運行内モンゴル自治区  6日、特別列車K5117便の車内から記念乗車券を見せる受験生。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗にある大楊樹駅から6日午前9時30分、検温と健康コードの読み取りを終えた500人以上の「高考(全国統一大学入試)」受験生を乗せた特別列車K5117便が出発、100キロ余り先、試験会場のある阿里河鎮へと向かった。中国鉄路ハルビン局集団は18年連続で特別列車を運行している。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020070900362

    受験生運ぶ「高考」特別列車、18年連続運行内モンゴル自治区  6日、特別列車K5117便の記念乗車券。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗にある大楊樹駅から6日午前9時30分、検温と健康コードの読み取りを終えた500人以上の「高考(全国統一大学入試)」受験生を乗せた特別列車K5117便が出発、100キロ余り先、試験会場のある阿里河鎮へと向かった。中国鉄路ハルビン局集団は18年連続で特別列車を運行している。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020070705409

    ハルビン鉄路、夏の観光特別列車を運行  4日、ハイラル駅に停車する観光特別列車。中国の大草原の風景を楽しむ観光特別列車「フルンボイル号」が4日、旅行客68人を乗せ、内モンゴル自治区のハイラル(海拉爾)駅を出発しアルシャン(阿爾山)北駅へ向かった。同列車は中国鉄路ハルビン局集団が運行する夏の観光特別列車。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020070705373

    ハルビン鉄路、夏の観光特別列車を運行  4日、観光特別列車内で、おもちゃで遊ぶ子ども。中国の大草原の風景を楽しむ観光特別列車「フルンボイル号」が4日、旅行客68人を乗せ、内モンゴル自治区のハイラル(海拉爾)駅を出発しアルシャン(阿爾山)北駅へ向かった。同列車は中国鉄路ハルビン局集団が運行する夏の観光特別列車。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020070705387

    ハルビン鉄路、夏の観光特別列車を運行  4日、観光特別列車内の食堂車。中国の大草原の風景を楽しむ観光特別列車「フルンボイル号」が4日、旅行客68人を乗せ、内モンゴル自治区のハイラル(海拉爾)駅を出発しアルシャン(阿爾山)北駅へ向かった。同列車は中国鉄路ハルビン局集団が運行する夏の観光特別列車。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020070705395

    ハルビン鉄路、夏の観光特別列車を運行  4日、観光特別列車内で、おもちゃで遊ぶ子ども。中国の大草原の風景を楽しむ観光特別列車「フルンボイル号」が4日、旅行客68人を乗せ、内モンゴル自治区のハイラル(海拉爾)駅を出発しアルシャン(阿爾山)北駅へ向かった。同列車は中国鉄路ハルビン局集団が運行する夏の観光特別列車。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020070705370

    ハルビン鉄路、夏の観光特別列車を運行  4日、ハイラル駅に停車する観光特別列車。中国の大草原の風景を楽しむ観光特別列車「フルンボイル号」が4日、旅行客68人を乗せ、内モンゴル自治区のハイラル(海拉爾)駅を出発しアルシャン(阿爾山)北駅へ向かった。同列車は中国鉄路ハルビン局集団が運行する夏の観光特別列車。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020060402150

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品加工用の糸を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020060402165

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、制作技術について話し合うオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(左)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020060402092

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、制作技術について話し合うオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(右)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020060402122

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(左)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020060402152

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020060402164

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020060402172

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020060402160

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020060402179

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、オロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さんが制作した作品。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020060402170

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020060402134

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(右)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020060402081

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020060508864

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/王雪氷)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020060508893

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスで栽培されているサケツバタケ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020060508843

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元の作業場でサケツバタケを加工する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020060508869

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/王雪氷)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020060508899

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/趙沢輝)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020060508859

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020060508863

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元の加工工場に積まれたサケツバタケ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/趙沢輝)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020060508822

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020060508693

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で、飼料を運ぶトラック。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020060508698

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で飼育されている肉牛。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020060508786

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で、牛にエサを与える飼育員。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020060508797

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で飼育されている肉牛。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020060508685

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で、牛にエサを与える飼育員。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020060508747

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で、牛にエサを与える飼育員。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020060907925

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で、牛にエサを与える飼育員。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020060508676

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市にある肉牛牧場内の牛舎。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020022504032

    新型肺炎と闘い、生産を確保する大慶油田  11日、作業中の大慶油田1205掘削チームの隊員。新型コロナウイルスによる肺炎を前にして、中国黒竜江省の大慶(たいけい)油田は感染と闘い生産を確保する最前線に立っており、1月の国内石油・天然ガス生産量は299万石油換算トンで、年間の安定した生産実現の基礎を築いた。生産の第一線の感染対策を強化するために、大慶油田フルンボイル分公司(支社)は、計1千本近い消毒液や手洗い液、100余りの体温計や放射温度計の調達と配布を行った。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020022503984

    新型肺炎と闘い、生産を確保する大慶油田  11日、職場に復帰したスタッフの体温を測る大慶油田生産現場の防疫検査所検査員。新型コロナウイルスによる肺炎を前にして、中国黒竜江省の大慶(たいけい)油田は感染と闘い生産を確保する最前線に立っており、1月の国内石油・天然ガス生産量は299万石油換算トンで、年間の安定した生産実現の基礎を築いた。生産の第一線の感染対策を強化するために、大慶油田フルンボイル分公司(支社)は、計1千本近い消毒液や手洗い液、100余りの体温計や放射温度計の調達と配布を行った。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020022504007

    新型肺炎と闘い、生産を確保する大慶油田  11日、感染と闘いながら、現場で働く大慶油田のスタッフ。新型コロナウイルスによる肺炎を前にして、中国黒竜江省の大慶(たいけい)油田は感染と闘い生産を確保する最前線に立っており、1月の国内石油・天然ガス生産量は299万石油換算トンで、年間の安定した生産実現の基礎を築いた。生産の第一線の感染対策を強化するために、大慶油田フルンボイル分公司(支社)は、計1千本近い消毒液や手洗い液、100余りの体温計や放射温度計の調達と配布を行った。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020022503981

    新型肺炎と闘い、生産を確保する大慶油田  11日、大慶油田が生産現場に設けた防疫検査所。新型コロナウイルスによる肺炎を前にして、中国黒竜江省の大慶(たいけい)油田は感染と闘い生産を確保する最前線に立っており、1月の国内石油・天然ガス生産量は299万石油換算トンで、年間の安定した生産実現の基礎を築いた。生産の第一線の感染対策を強化するために、大慶油田フルンボイル分公司(支社)は、計1千本近い消毒液や手洗い液、100余りの体温計や放射温度計の調達と配布を行った。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020012320336

    ロシアの美術家が描く内モンゴルの風景  8日、内モンゴル美術館で作品を鑑賞する子ども。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル美術館で開催中の「ロシア美術家が見た蒼天のようなアルシャーとフルンボイル大草原-油絵作品展覧会」では、ロシアの美術家10人が同自治区アルシャー盟やフルンボイル市などで創作した風景油絵100点が展示されている。これらの作品は、内モンゴル自治区の自然や人と文化を生き生きと反映しており、草原文化が持つ独特の魅力を伝えている。会期は12日まで。(フフホト=新華社記者/王靖)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020012321251

    ロシアの美術家が描く内モンゴルの風景  8日、内モンゴル美術館で作品を撮影する来場者。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル美術館で開催中の「ロシア美術家が見た蒼天のようなアルシャーとフルンボイル大草原-油絵作品展覧会」では、ロシアの美術家10人が同自治区アルシャー盟やフルンボイル市などで創作した風景油絵100点が展示されている。これらの作品は、内モンゴル自治区の自然や人と文化を生き生きと反映しており、草原文化が持つ独特の魅力を伝えている。会期は12日まで。(フフホト=新華社記者/王靖)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020012321243

    ロシアの美術家が描く内モンゴルの風景  8日、内モンゴル美術館で作品を撮影する来場者。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル美術館で開催中の「ロシア美術家が見た蒼天のようなアルシャーとフルンボイル大草原-油絵作品展覧会」では、ロシアの美術家10人が同自治区アルシャー盟やフルンボイル市などで創作した風景油絵100点が展示されている。これらの作品は、内モンゴル自治区の自然や人と文化を生き生きと反映しており、草原文化が持つ独特の魅力を伝えている。会期は12日まで。(フフホト=新華社記者/王靖)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020012321100

    ロシアの美術家が描く内モンゴルの風景  8日、内モンゴル美術館で作品を撮影する来場者。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル美術館で開催中の「ロシア美術家が見た蒼天のようなアルシャーとフルンボイル大草原-油絵作品展覧会」では、ロシアの美術家10人が同自治区アルシャー盟やフルンボイル市などで創作した風景油絵100点が展示されている。これらの作品は、内モンゴル自治区の自然や人と文化を生き生きと反映しており、草原文化が持つ独特の魅力を伝えている。会期は12日まで。(フフホト=新華社記者/安路蒙)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020012321050

    ロシアの美術家が描く内モンゴルの風景  8日、内モンゴル美術館で作品を鑑賞する来場者。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル美術館で開催中の「ロシア美術家が見た蒼天のようなアルシャーとフルンボイル大草原-油絵作品展覧会」では、ロシアの美術家10人が同自治区アルシャー盟やフルンボイル市などで創作した風景油絵100点が展示されている。これらの作品は、内モンゴル自治区の自然や人と文化を生き生きと反映しており、草原文化が持つ独特の魅力を伝えている。会期は12日まで。(フフホト=新華社記者/王靖)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020012320463

    ロシアの美術家が描く内モンゴルの風景  8日、内モンゴル美術館で展示された油絵作品。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル美術館で開催中の「ロシア美術家が見た蒼天のようなアルシャーとフルンボイル大草原-油絵作品展覧会」では、ロシアの美術家10人が同自治区アルシャー盟やフルンボイル市などで創作した風景油絵100点が展示されている。これらの作品は、内モンゴル自治区の自然や人と文化を生き生きと反映しており、草原文化が持つ独特の魅力を伝えている。会期は12日まで。(フフホト=新華社記者/安路蒙)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020012320733

    ロシアの美術家が描く内モンゴルの風景  8日、内モンゴル美術館で作品を背景に記念撮影する来場者。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル美術館で開催中の「ロシア美術家が見た蒼天のようなアルシャーとフルンボイル大草原-油絵作品展覧会」では、ロシアの美術家10人が同自治区アルシャー盟やフルンボイル市などで創作した風景油絵100点が展示されている。これらの作品は、内モンゴル自治区の自然や人と文化を生き生きと反映しており、草原文化が持つ独特の魅力を伝えている。会期は12日まで。(フフホト=新華社記者/安路蒙)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020012321167

    ロシアの美術家が描く内モンゴルの風景  8日、内モンゴル美術館で作品を鑑賞する来場者。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル美術館で開催中の「ロシア美術家が見た蒼天のようなアルシャーとフルンボイル大草原-油絵作品展覧会」では、ロシアの美術家10人が同自治区アルシャー盟やフルンボイル市などで創作した風景油絵100点が展示されている。これらの作品は、内モンゴル自治区の自然や人と文化を生き生きと反映しており、草原文化が持つ独特の魅力を伝えている。会期は12日まで。(フフホト=新華社記者/安路蒙)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019122603160

    フルンボイル冬季ナーダム開幕内モンゴル自治区  23日、フルンボイル冬季ナーダム開幕式で出し物を披露する人々。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で23日、2019フルンボイル冬季ナーダムが開幕した。ナーダムはモンゴル語で娯楽やゲームを意味する。開幕式では民族的な特色を持つ10演目が広々とした純白の雪原で披露され、人々の目を楽しませた。ナーダムは歴史ある伝統的な祭日で、モンゴル族の生活において重要な位置を占めている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像