検索結果 19 件中 1 件 〜 19 件 "看板メニュー"
  1. 2020083103535

    自宅で楽しむ店ごはん 馬家溝 別府市石垣東の馬家溝  看板メニューのボルシチ(左)と人気のオムライス=2020(令和2)年08月21日、別府市石垣東の馬家溝、クレジット:大分合同新聞社/共同通信イメージズ 「大分合同新聞」

  2. 2020070111164

    日本の外食企業、貴州省でのビジネスの先行きに自信  28日、看板メニューの牛丼セット。中国貴州省貴陽市雲岩区の、商店や飲食店が集まる市西路商業街には、日本の牛丼チェーン「すき家」がある。ゼンショーホールディングスが全額出資し、同省初となる日本の飲食企業として2018年10月19日に開業した。同店は食材を重んじながら牛丼を主力に提供しており、地元の人々の好みに合わせて貴陽のご当地メニュー「三椒牛丼」も開発。今年は新型コロナウイルス感染症拡大などの影響を受けたものの、店舗は通常営業している。同社は既に1千万元(1元=約15円)の追加投資を行い、同市でさらなる店舗展開を計画している。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020050804706

    静岡県のラーメン店、帰国困難な中国人留学生を支援  24日、静岡県静岡市駿河区にあるラーメン店「麺や厨」の看板メニュー「うっ鶏そば」。新型コロナウイルスの流行は、多くの人々の生活を混乱に陥れた。この春大学を卒業し、実家のある中国陝西省に戻る予定だった留学生の胡金丹(こ・きんたん)さんは、新型コロナウイルスの影響で日本にとどまらざるを得なくなった。胡さんは2015年に静岡県立大学に入学してから、地元で人気のラーメン店「麺や厨」でアルバイトを続けてきた。新型コロナウイルスの影響で、胡さんが搭乗するはずだった帰国便の運航が取り止めになった。借りていた部屋は解約済みの上、留学ビザの有効期限も切れたため、短期滞在ビザに切り替えざるを得なかった。胡さんはアルバイトをする資格を失った。同ラーメン店の店主、天野洋平さんは4月15日、胡さんの置かれた状況をインターネットに投稿し、支援を呼びかけた。投稿には「困っている金ちゃんを支援するために、当店は明日、弁当を販売することにしました。当日の売り上げは、全て金ちゃんに寄付します。全ての材料費は当店が負担します。みなさんの支援をお待ちしています」との内容が記されていた。(静岡=新華社配信/孫江明)=2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020022100003

    奇抜料理の喫茶店、次代へ 「甘口抹茶小倉スパ」  「喫茶マウンテン」の看板メニュー「甘口抹茶小倉スパ」=名古屋市 「ひと・まち・東海」

  5. 2018122521259

    今も愛される老舗レストラン「更新飯店」黒竜江省ハルビン  18日、厨房から蒸し上がったマントウ(小麦粉で作る蒸しパン)とあんまんを運ぶ従業員。中国黒竜江省ハルビン市にある更新飯店は60年以上続く老舗国営レストラン。同店は1989年、国に頼らず損益の責任を自ら負うこととし、従業員が力を合わせて店を人気店へと押し上げた。レストランの内装から経営方式まで、多くはかつてのスタイルを留めている。看板メニューの「超濃厚豆腐脳」(半固体豆腐に熱いタレをかけたもの)「悶香酥皮焼餅」(パリッと焼き上げた小麦粉でできた主食)「醤牛肉」(牛肉を醤油やさまざまな調味料で煮込んだもの)も昔と変わっておらず、今でも懐かしい味を求める人々に支持されている。店は伝統を残すと共に、新しいメニューも次々と開発しており、インターネットによる宣伝で、顧客の裾野を広げている。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2018122521291

    今も愛される老舗レストラン「更新飯店」黒竜江省ハルビン  18日、焼餅を作る更新飯店の従業員。中国黒竜江省ハルビン市にある更新飯店は60年以上続く老舗国営レストラン。同店は1989年、国に頼らず損益の責任を自ら負うこととし、従業員が力を合わせて店を人気店へと押し上げた。レストランの内装から経営方式まで、多くはかつてのスタイルを留めている。看板メニューの「超濃厚豆腐脳」(半固体豆腐に熱いタレをかけたもの)「悶香酥皮焼餅」(パリッと焼き上げた小麦粉でできた主食)「醤牛肉」(牛肉を醤油やさまざまな調味料で煮込んだもの)も昔と変わっておらず、今でも懐かしい味を求める人々に支持されている。店は伝統を残すと共に、新しいメニューも次々と開発しており、インターネットによる宣伝で、顧客の裾野を広げている。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2017121400007

    路面電車の洋食店、閉店へ 店主の安達征治さん  「きっちんせいじ」店主の安達征治さんと看板メニューのトルコライス=7日、長崎市 「九州沖縄なう」

  8. 2017113000006

    豪快ジビエ丼求め客集う 看板メニューの丼など  山の幸をてんこ盛りにした、ジビエ料理店「酔虎 夢」の看板メニューの丼など=福井県池田町 「北陸カレント」

  9. 2017110800004

    長崎に英国バスカフェ 看板メニューと坂名さん  「ロンドンカフェ」の前で看板メニューの「ハサミチーズポテト」を手にする店主の坂名浩さん=10月、長崎県波佐見町 「九州沖縄なう」

  10. 2016120200020

    南島原市、廃校舎を食堂に おかえりそうめんセット  南島原食堂の看板メニュー「おかえりそうめんセット」 「九州沖縄なう」

  11. 2018122521255

    今も愛される老舗レストラン「更新飯店」黒竜江省ハルビン  2016年7月13日撮影のハルビン市道外区北五道街にあった頃の更新飯店と従業員(左)。2018年12月18日撮影のハルビン市道外区南四道街にある現在の更新飯店と従業員(右)。(組み写真)中国黒竜江省ハルビン市にある更新飯店は60年以上続く老舗国営レストラン。同店は1989年、国に頼らず損益の責任を自ら負うこととし、従業員が力を合わせて店を人気店へと押し上げた。レストランの内装から経営方式まで、多くはかつてのスタイルを留めている。看板メニューの「超濃厚豆腐脳」(半固体豆腐に熱いタレをかけたもの)「悶香酥皮焼餅」(パリッと焼き上げた小麦粉でできた主食)「醤牛肉」(牛肉を醤油やさまざまな調味料で煮込んだもの)も昔と変わっておらず、今でも懐かしい味を求める人々に支持されている。店は伝統を残すと共に、新しいメニューも次々と開発しており、インターネットによる宣伝で、顧客の裾野を広げている。(ハルビン=新華社記者/王松)=2016(平成28)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2015111800581

    気仙沼の老舗食堂、復活 千葉憲二さん  「かもめ食堂」の看板メニュー「かもめラーメン」を紹介する千葉憲二さん=17日、宮城県気仙沼市

  13. 2015070300738

    何でも出てくる料理屋さん 1羽ザンギと桜井さん  看板メニュー「丸どり1羽ザンギ」を持つブロシェットバル桜花の店主桜井登志仁さん=札幌市北区 「ぐるり北海道」

  14. 2015070300737

    何でも出てくる料理屋さん 店主桜井登志仁さん  看板メニュー「丸どり1羽ザンギ」を手にするブロシェットバル桜花の店主桜井登志仁さん=札幌市北区 「ぐるり北海道」

  15. 2015042100721

    ルクアイーレにステーキ店 プライムステーキ  「ウルフギャング・ステーキハウス大阪店」の看板メニュー、骨付き牛肉「プライムステーキ」=21日午後、大阪市

  16. 2020010804594

    えび餅(三彩館ふじせい)  えび餅  一関地方の伝統の餅料理をアレンジした三彩館ふじせいの看板メニュー「ひと口もち膳」のえび餅=2013(平成25)年12月11日、岩手県、クレジット:岩手日報/共同通信イメージズ 「岩手日報」

  17. 2012082000496

    路地に点在する“個性派” そばめし  カフェの看板メニュー「そばめし」 「街あるきめです」(35)

  18. 2011052600369

    讃岐うどんを世界へ 経営者の樺島さん  台北のうどん専門店「土三寒六」で、空揚げやチャーシュー、エビ天ぷらの入った看板メニューのうどんを運ぶ樺島泰貴さん(共同) 「アジアビジネス」

  19. 2004122100174

    看板メニューの復活困難 お客に出される牛丼 「最後の一杯」を求めてやってきたお客に出される「吉野家」の牛丼=2月11日、東京・新橋 「特集」【】 

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像