保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省  中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター付近で、アジアゾウに野生化訓練を施す「ゾウのお父さん」保鴻(ほ・こう)さん。(11月12日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/李芒茫)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 動物 生き物 お父さん アジアゾウ アジアゾウ専門 ケアスタッフ シェルター シーサンパンナ スタッフ センター センター付近 ゾウ専門医 中国雲南 中国雲南アジアゾウ 救助センター 救助センター付近 最終目標 繁殖救助 繁殖救助センター 野生ゾウ 野生化訓練 野生復帰 雲南アジアゾウ 雲南省シーサンパンナ

画像情報

登録日時
2019/11/12 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
1997×3000 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
17.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ