「新華社」ジュラ紀の恐竜足跡化石、避暑山荘で多数発見河北省承徳市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」ジュラ紀の恐竜足跡化石、避暑山荘で多数発見河北省承徳市 国河北省承徳市文物局と中国地質大学(北京)は6日、「避暑山荘の恐竜足跡に関する研究が得た重大成果」をテーマとした共同記者会見を行い、同市にある清代の離宮、避暑山荘とその周辺の寺院の敷地から、完全な状態で保存されたジュラ紀の恐竜の足跡化石を多数発見したと発表した。この発見は、恐竜の進化や地球の気候変動を研究する上で重要な価値を持つという。中国、米国、オーストラリアの科学者は、彼らの研究チームが同省承徳地区の恐竜足跡を調査した結果、大部分の足跡化石は避暑山荘の敷地内に分布していると表明した。詳細な調査によると、同地区ではデイノニコサウルス類、ユーブロンテス、グラレーター、コリアナオルニスなど複数種の恐竜の足跡化石が発見された。これらの豊富な足跡化石の記録は、華北地方における恐竜の進化の記録がジュラ紀の燕遼生物群から白亜紀前期の土城子(どじょうし)足跡動物群、さらには熱河生物群までほぼ連続していることを示している。(記者/駱学峰)<映像内容>避暑山荘で恐竜足跡を多数発見、撮影日:2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

タグ 恐竜 足跡 化石 発見 じょうし オーストラリア グラレーター コリアナオルニス ジュラ紀 デイノニコサウルス ユーブロンテス 中国地質 中国地質大学 共同記者会見 国河北省 地質大学 徳市文物 恐竜足跡 恐竜足跡化石 気候変動 熱河生物 燕遼生物 発見河北省 白亜紀前期 研究チーム 華北地方 足跡動物 足跡化石 避暑山荘

映像情報

撮影日
2019/12/06
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分04秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4