「新華社」内モンゴル・河套かんがい区で世界かんがい施設遺産登録証伝達式
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」内モンゴル・河套かんがい区で世界かんがい施設遺産登録証伝達式 世界かんがい施設遺産の登録証伝達式が5日、中国内モンゴル自治区バヤンノール市で開かれ、国際かんがい排水委員会(ICID)などの組織の代表が立ち会う中、9月4日に「2019年度世界かんがい施設遺産」に選ばれた同自治区の河套かんがい区域に登録証が授与された。同区域は、黄河の最北端に位置し、2200年以上の歴史を持つ。かんがい面積は1020万ムー(68万ヘクタール)に達し、中国で最も古い1千万ムー規模の超大型かんがい区で、国の重要な穀類・食用油の生産拠点となっている。(記者/李雲平)<映像内容>世界かんがい施設遺産の登録証伝達式、河套かんがい区域の風景、撮影日:2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 世界かんがい施設遺産 風景 空撮 ICID かんがい かんがい区域 かんがい施設遺産 かんがい施設遺産登録 かんがい面積 バヤンノール市 ムー規模 世界かんがい施設遺産登録 中国内モンゴル自治区 中国内モンゴル自治区バヤンノール市 内モンゴル 内モンゴル河 内モンゴル河套 内モンゴル自治区 内モンゴル自治区バヤンノール市 国際かんがい排水委員会 套かんがい 套かんがい区域 河套かんがい 生産拠点 穀類食用油 超大型かんがい

映像情報

撮影日
2019/12/05
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分08秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4