「新華社」長さ100メートルの高速鉄道用レール生産現場遼寧省鞍鋼股份
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」長さ100メートルの高速鉄道用レール生産現場遼寧省鞍鋼股份 中国遼寧省に拠点を置く鞍山鋼鉄集団は、新中国で最初に鉄道用レールを生産した企業で、1950年代から現在までに生産したレールは累計約2千万トン、敷設したレールの長さは約42万キロに及ぶ。同集団傘下の鞍鋼股份大型廠は、高速鉄道のレールを生産する重要な工場で、生産されたレールは河北省秦皇島市と遼寧省瀋陽市を結ぶ「秦瀋旅客専用線」や北京市と広東省広州市を結ぶ「京広高速鉄道」、北京市と上海市を結ぶ「京滬高速鉄道」など速度や等級の異なる国内の高速鉄道で広く敷設されているだけでなく、「一帯一路」沿線の30余りの国・地域にも輸出されている。大型廠軌梁分廠の于福海(う・ふくかい)副工場長によると、同社が生産する長さ100メートルの高速鉄道用レールの高さのばらつきは通常0・5ミリ以内で、時速350キロに対応する製品の生産では、さらなる精度を要求しており、これらの技術は、いずれも同社が独自開発したものだという。(記者/李昂)<映像内容>鞍山鋼鉄の工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 鞍山鋼鉄 工場 鉄道 ばらつき レール生産現場 レール生産現場遼寧省 一帯一路 中国遼寧省 京滬高速鉄道 広東省広州市 旅客専用線 河北省秦皇島市 瀋旅客専用線 生産現場 生産現場遼寧省 生産現場遼寧省鞍 秦瀋旅客 秦皇島市 股份大型 遼寧省瀋陽市 遼寧省鞍 鋼鉄集団 集団傘下 鞍山鋼鉄集団 高速鉄道

映像情報

撮影日
2019/12/17
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分18秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4