恐竜の「地肌」くっきりと 国内初、福井で皮膚痕化石
本映像はログイン後にご覧いただけます

恐竜の「地肌」くっきりと 国内初、福井で皮膚痕化石  福井県立恐竜博物館は26日、同県勝山市の白亜紀前期(約1億2000万年前)の地層から、恐竜の体が地面に接触した際にできた皮膚痕の化石を発掘したと発表した。恐竜の「地肌」模様がはっきりと分かる資料で、国内では初めてという。二足歩行する草食恐竜のものとみられ、砂岩の表面に、直径約315ミリのうろこの突起跡が残る<映像内容>化石全景、ヨリ、表面アップ、関係者のコメント、発掘現場、博物館外観、撮影日:2007(平成19)年4月26日、撮影場所:福井県勝山市

タグ 福井県立恐竜博物館 勝山市 白亜紀前期 1億2000万年前 地層 恐竜 皮膚痕 化石 発掘 地肌 模様 国内初 二足歩行 草食恐竜 うろこ 突起跡 福井県勝山市 コメント 化石全景 博物館外観 同県勝山市 発掘現場 表面アップ

映像情報

撮影日
2007/04/26
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
02分28秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4