福島の出発は「なでしこ」 聖火リレー詳細ルート発表
本映像はログイン後にご覧いただけます

福島の出発は「なでしこ」 聖火リレー詳細ルート発表  2020年東京五輪で国内聖火リレーの最初のランナーに、東日本大震災が起きた11年にサッカー女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で優勝した日本代表「なでしこジャパン」のメンバーを起用すると、大会組織委員会が17日、発表した。東日本大震災の被災地、各地の世界遺産や名所を組み込み、47都道府県、858市区町村を巡るリレーの詳細なルートも公表された。<映像内容>東京2020組織委の森喜朗会長あいさつ、聖火リレールート発表、聖火ランナー発表、雑観、フォトセッションなど、撮影日:2019(令和元)年12月17日、撮影場所:東京都中央区

タグ 2020年東京五輪 国内聖火リレー 最初のランナー サッカー女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会 優勝 日本代表「なでしこジャパン」 メンバー 東京2020組織委 森喜朗会長 あいさつ なでしこ なでしこジャパン サッカー女子ワールドカップ セッション ドイツ大会 フォトセッション ランナー ルート発表 世界遺産 会長あいさつ 大会組織委員会 市区町村 日本代表 東京都中央区 東日本大震災 森喜朗会長あいさつ 聖火ランナー 聖火ランナー発表 聖火リレー 聖火リレールート 聖火リレールート発表

映像情報

撮影日
2019/12/17
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
03分17秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4