ノーベル賞の吉野さん、万博協力依頼に抱負
本映像はログイン後にご覧いただけます

ノーベル賞の吉野さん、万博協力依頼に抱負  ノーベル化学賞を受賞した旭化成名誉フェローの吉野彰さんが18日、理事長を務める研究機関がある大阪府池田市で記者会見した。2025年に開催される大阪・関西万博でアドバイザーを依頼されていることを明かしたうえで「環境問題にそろそろ答えが出そうな時期に開かれる大阪万博は、世界に対して大きなメッセージを出す大きなチャンス。できるかぎりのことをしていきたい」と意気込みを語った。<映像内容>技術研究組合リチウムイオン電池材料評価研究センターの理事長として会見する吉野彰さん、ノーベル賞のメダルをかたどったチョコレートを手にフォトセッションに応じる吉野さん、撮影日:2019(令和元)年12月18日、撮影場所:大阪府池田市

タグ ノーベル化学賞 旭化成名誉フェロー 吉野彰 研究機関 大阪府池田市 記者会見 2025年開催 大阪・関西万博 アドバイザー 環境問題 大阪万博 技術研究組合リチウムイオン電池材料評価研究センター ノーベル賞 メダル フォトセッション セッション センター チャンス チョコレート メッセージ リチウムイオン電池 リチウムイオン電池材料 リチウムイオン電池材料評価 万博協力 万博協力依頼 協力依頼 名誉フェロー 大阪関西 大阪関西万博 意気込み 技術研究組合 技術研究組合リチウムイオン電池 技術研究組合リチウムイオン電池材料 材料評価 材料評価研究 研究センター 評価研究 評価研究センター 関西万博

映像情報

撮影日
2019/12/18
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
02分08秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4