河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  10日、国家スキージャンプセンター「雪如意」。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 2022年北京冬季五輪・パラリンピック 建設 ドローン 空撮 風景 景観 シーズン スキージャンプ スキージャンプセンター スキー公園 スキー公園競技 スキー公園競技場 センター パラリンピック パラ競技 パラ競技エリア 中国河北省 中国河北省張家口市 五輪パラリンピック 付帯施設 公園競技 公園競技場 冬季五輪 冬季五輪パラリンピック 北京冬季五輪 北京冬季五輪パラ 北京冬季五輪パラリンピック 北京冬季五輪パラ競技 国家スキージャンプ 国家スキージャンプセンター 小型無人機 張家口市 張家口市崇礼区 張家口選手村 本体工事 河北省崇礼区 河北省張家口市 河北省張家口市崇礼区 競技エリア 競技コース 競技シーズン 運営テスト 雲頂スキー 雲頂スキー公園

画像情報

登録日時
2019/12/10 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3078×5472 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
48.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ