「新華社」廊坊臨空経済区・自由貿易試験区の企業誘致発表会、北京で開催
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」廊坊臨空経済区・自由貿易試験区の企業誘致発表会、北京で開催 中国北京市で先ごろ、「新たな力、新たなチャンス、新たなモデル」をテーマに、北京大興国際空港廊坊(ろうぼう)臨空経済区・中国(河北)自由貿易試験区大興空港エリア廊坊区域のグローバル企業誘致発表会が開催された。同発表会では、河北臨空経済産業発展シンクタンク(カセダ・シンクタンク)が設立され、国家新エネルギー車(NEV)ビッグデータ監視プラットフォームや車載インテリジェント端末など、提携プロジェクト計7件の調印が行われた。総投資額は790億元(1元=約16円)に達し、同経済区はプロジェクトの集積段階に入った。発表会は、国内外の航空会社や多国籍企業から高い注目を集め、80社以上の有名企業が参加した。同経済区は全体的な位置づけとして、国際交流センター機能担当区、国家航空科学技術革新先導区、京津冀(北京・天津・河北省)共同発展モデル区に分けられる。計画面積100平方キロの同経済区内には、10平方キロの自由貿易試験区も設けられている。(記者/張碩)<映像内容>廊坊臨空経済区・自由貿易試験区の企業誘致発表会の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ グローバル企業誘致発表会 インテリジェント インテリジェント端末 エリア廊坊 エリア廊坊区域 カセダシンクタンク グローバル企業 グローバル企業誘致 シンクタンク センター センター機能 センター機能担当 チャンス ビッグデータ ビッグデータ監視 ビッグデータ監視プラットフォーム プラットフォーム プロジェクト 中国北京市 企業誘致 企業誘致発表 企業誘致発表会 位置づけ 北京大興国際空港 北京大興国際空港廊坊 北京天津 北京天津河北省 国家新エネルギー 国家航空 国家航空科学 国際交流 国際交流センター 国際交流センター機能 多国籍企業 大興空港 大興空港エリア 天津河北省 廊坊区域 廊坊臨空 廊坊臨空経済 技術革新 技術革新先導 提携プロジェクト 新エネルギー 機能担当 河北臨空 河北臨空経済 産業発展 産業発展シンクタンク 発展シンクタンク 発展モデル 監視プラットフォーム 科学技術革新 科学技術革新先導 空港エリア 空港エリア廊坊 経済区内 経済産業 経済産業発展 臨空経済 臨空経済産業 自由貿易 自由貿易試験 航空会社 航空科学 航空科学技術革新 計画面積 誘致発表会 車載インテリジェント 車載インテリジェント端末 集積段階

映像情報

撮影日
2019/12/23
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
02分15秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4