「新華社」義烏発の「中欧班列」、今年500本運行輸送量が6割増
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」義烏発の「中欧班列」、今年500本運行輸送量が6割増 50個のコンテナを積んだ「中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)」の列車が24日、中国浙江省義烏西駅を出発、スペインのマドリードに向かった。これにより、今年の義烏発中欧班列の運行本数は500本に達し、年間輸送量は4万TEU(20フィートコンテナ換算)を上回り、前年比63・2%増となった。義烏市市場発展委員会の関係責任者によると、同市発の中欧班列が2014年11月18日に初めて運行して以来、鉄道部門と地方政府は絶えず協力を強め、運営の市場化を志向し、国際貿易ルートの建設を目指し、絶えず質の高い発展を推進してきたという。統計によると、同中欧班列で輸送される貨物の70%以上は浙江省からのものとなっている。19年、義烏市は省内の寧波市や温州市、諸曁(しょき)市などと連携し、省内の貿易企業に対する中欧班列のサービス能力をいっそう高めた。鉄道部門の統計によると、義烏発の中欧班列は増え続けており、14年には年間1本だったものが、16年に100本、19年には500本に達し、累計で1124本となった。現在は11路線を有し、沿線に四つの出先機関、五つの物流中継センターを設立しており、ユーラシア大陸の37カ国・地域と結んでいる。(記者/応曲川)<映像内容>中欧班列がスペインのマドリードに出発、大量のコンテナが置かれている様子、撮影日:2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 一帯一路 交通 鉄道 風景 空撮 ドローン コンテナ コンテナ換算 サービス サービス能力 スペイン センター マドリード ユーラシア大陸 中国浙江省 中国浙江省義 中継センター 出先機関 同中欧班 国際定期 国際定期貨物列車 国際貿易 国際貿易ルート 地方政府 定期貨物列車 市場発展 市場発展委員会 年間輸送量 浙江省義 浙江省義烏 物流中継 物流中継センター 発展委員会 義烏市市場 義烏市市場発展 義烏西駅 貨物列車 貿易企業 運行本数 運行輸送量 鉄道部門 関係責任者 高い発展

映像情報

撮影日
2019/12/24
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分07秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4