日本在住28年の中国画家、私設美術館が銀座にオープン
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 日本在住28年の中国画家、私設美術館が銀座にオープン  8日、東京・銀座にオープンした王伝峰美術館。日本在住の中国画家、王伝峰(おう・でんぽう)氏の名を冠した私設美術館が8日、東京・銀座でオープンした。五階建てビルの全フロアが展示スペースとなっており、外観と内装は著名建築家の隈研吾氏がデザインした。同日館内で取材に応じた王氏は「美術館を通じて中国の芸術を広め、中国と世界の文化交流に貢献したい」と語った。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国文化 国際交流 文化交流 芸術 建築 外観 オープン デザイン 中国画家 展示スペース 日本在住 東京銀座 私設美術館

画像情報

登録日時
2020/01/08 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
4307×2872 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
35.3(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ