孔子の故郷で「中国的」年越しを体験山東省曲阜市
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 孔子の故郷で「中国的」年越しを体験山東省曲阜市  1日、曲阜孔府の門前で観光客を迎える役者。古代中国の思想家として知られる孔子の故郷、山東省曲阜(きょくふ)市で1日、元旦と春節(旧正月)を祝う「孔府(孔子の子孫らが住んだ邸宅)で年越し」観光体験イベントが正式に始まった。中国国内外の観光客は期間中、蒸し菓子の「花糕(かこう)」を作ったり、「春聯(しゅんれん、縁起の良い対句が書かれた赤い紙)」を貼ったり、孔子を祭った「孔廟」で祈願したりできるだけでなく、しんこ細工や弓矢、伝統菓子「孔府糕点(こうてん)」など無形文化遺産の制作実演を見学することもできる。孔府は中国で最も盛大に行われる春節の儀式の規則を今に伝えており、家庭での最も古い年越しの作法を完全な形で残している。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国文化 年越し 観光 きょくふ しゅんれん イベント 中国国内外 伝統菓子 体験イベント 体験山東省 体験山東省曲阜市 制作実演 古代中国 山東省曲阜市 曲阜孔府 無形文化遺産 観光体験 観光体験イベント

画像情報

登録日時
2020/01/01 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
1648×2396 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
11.2(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ