中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省  12月26日、閻錫山故居の新南院。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 中国文化 観光 建築 外観 えんしゃくざん きんしゅう ゃくざん 中国山西省 中国山西省忻 中庭建築 中華民国 中華民国時代 国民政府 官費留学生 山西省出身 山西省忻 探訪山西省 留学生活 県河辺村 行政院長 軍閥私邸 陸軍士官学校

画像情報

登録日時
2019/12/26 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3280×4928 pixel
解像度
240 dpi
展開サイズ※
46.2(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ