「新華社」中国、LiDARの応用加速でスモッグの伝播経路解明へ
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中国、LiDARの応用加速でスモッグの伝播経路解明へ レーザー光を利用し対象物までの距離を測定する高性能センサー「LiDAR(ライダー)」により「地表面のスモッグ」に対して死角の無い垂直立体測定を実現し、ネットワーク観測を通じて汚染原因を分析する。中国は今、京津冀(北京市・天津市・河北省)や長江デルタ地域、四川省、重慶市などの人口密集地域で、この種の新型「スモッグ測定ライダー」の普及と応用を加速させ、スモッグの伝播経路を3Dで描き出そうとしている。ここ数年、中国科学院合肥物質科学研究院が主導して開発した「大気粒子状物質とオゾンの時空計測ライダーシステム研究開発・応用モデル」により、地面から上空10キロまでの範囲内のスモッグ分布をリアルタイムで観測し、その成分を分析できるようになった。この技術はすでに京津冀や長江デルタ、四川省、重慶市など多数の地域におけるネットワーク観測で使われている。全国に設置された合計約500台のうち約200台が京津冀地域に置かれ、フルカバー観測を実現している。中国科学院安徽光学精密機械研究所環境光学研究センターの張天舒(ちょう・てんじょ)副主任は「ライダーから照射されるレーザー光は一つ一つが『探針(プローブ)』のようで、地上近くの微小粒子状物質「PM2・5」などの大気汚染物質の観測データを直接取得できる。特にネットワーク観測後は、それぞれの『探針』が取得したデータから大気物理や気象モデル解析に取り入れることで、スモッグの時間的、空間的分布や伝播経路、総量などの重要な情報を動的かつリアルタイムに調査し、3Dで汚染物質のシミュレーションの場が構築できる」と説明した。(記者/代群、馬姝瑞)<映像内容>高性能センサー「LiDAR」の稼働の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

タグ 科学 技術 環境 汚染 スモッグ LiDAR ちょうてんじょ てんじょ カバー観測 システム システム研究開発 システム研究開発応用 シミュレーション スモッグ分布 スモッグ測定 スモッグ測定ライダー センサー センター デルタ地域 ネットワーク ネットワーク観測 プローブ モデル解析 ライダー ライダーシステム ライダーシステム研究開発 リアルタイム レーザー光 一つ一つ 中国科学院 中国科学院合肥 中国科学院合肥物質科学 中国科学院安徽 中国科学院安徽光学 人口密集 人口密集地域 伝播経路 伝播経路解明 光学研究 光学研究センター 光学精密機械 光学精密機械研究所 北京市天津市 北京市天津市河北省 合肥物質科学 合肥物質科学研究 大気汚染物質 大気物理 大気粒子状物質 天津市河北省 安徽光学 安徽光学精密機械 微小粒子状物質 応用モデル 応用加速 時空計測 時空計測ライダー 気象モデル 気象モデル解析 汚染原因 汚染物質 津冀地域 測定ライダー 物質科学 物質科学研究 環境光学 環境光学研究 研究センター 研究所環境 研究所環境光学 研究開発 研究開発応用 研究開発応用モデル 立体測定 粒子状物質 精密機械 精密機械研究所 精密機械研究所環境 経路解明 観測データ 計測ライダー 計測ライダーシステム 長江デルタ 長江デルタ地域 高性能センサー

映像情報

撮影日
2020/01/06
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
01分13秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4