「国際氷雪都市の持続可能な開発シンポジウム」開催黒竜江省ハルビン市
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 「国際氷雪都市の持続可能な開発シンポジウム」開催黒竜江省ハルビン市  6日、ハルビン市で開かれた「2020ハルビン国際氷雪都市の持続可能な開発シンポジウム」の会場。中国黒竜江省ハルビン市で6日、「2020ハルビン国際氷雪都市の持続可能な開発シンポジウム」が開かれ、ロシア、日本、ドイツなど21カ国・39都市の代表が、都市の持続可能な開発のための道筋や「スマート氷雪シティー」の建設について協議した。シンポジウムでは、ロシアのムルマンスク、日本の新潟市、ドイツのドレスデンなどの都市の代表がテーマをめぐって基調講演を行い、討論を展開。各都市の開発・建設における先進的な理念や成功の体験および発展の方向性を示した。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 国際交流 スマート氷雪シティー シティー シンポジウム スマート スマート氷雪 ドレスデン ハルビン ハルビン国際 ハルビン国際氷雪 ハルビン市 ムルマンスク 中国黒竜江省 中国黒竜江省ハルビン市 国際氷雪 国際氷雪都市 基調講演 持続可能な開発 持続可能な開発シンポジウム 氷雪シティー 氷雪都市 開催黒竜江省 開催黒竜江省ハルビン市 開発建設 黒竜江省 黒竜江省ハルビン市

画像情報

登録日時
2020/01/06 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
1446×2456 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
10.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ