「江川式建築」の旧遷喬尋常小校舎
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「山陽新聞」 「江川式建築」の旧遷喬尋常小校舎  現存の「江川式建築」で最大規模の旧遷喬尋常小校舎。岡山県真庭市の国重要文化財「旧遷喬尋常小学校」などを設計した江川三郎八(1860~1939年)の企画展が、LIXILギャラリー(大阪市北区大深町)で開かれている。江川は県内各地に優れた意匠の洋風建築を残しており、展示品の多くを貸し出している真庭市教委や県内の顕彰グループは「江川の功績が全国に広まれば」と、開催を喜んでいる。=2019(令和元)年12月31日、岡山県真庭市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

タグ 外観 LIXIL LIXILギャラリー ギャラリー グループ 喬尋常小学校 国重要文化財 大阪市北区大深町 尋常小学校 山陽新聞 岡山県真庭市 最大規模 江川三郎八 洋風建築 県内各地 真庭市教委 遷喬尋常小学校 重要文化財 顕彰グループ

画像情報

登録日時
2019/12/31 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
山陽新聞

データサイズ

画像サイズ
2202×3629 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
22.8(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ