皇帝ゆかりの品々を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」開催遼寧省
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 皇帝ゆかりの品々を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」開催遼寧省  「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」に展示された清時代・乾隆年間の「粉彩紅地八宝燭台」。(資料写真)中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日、「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開幕した。文化財60点余りを展示する同展は、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清の入関(1644年に清朝が長城[山海関]を越えて北京に遷都したこと)前の創始期と入関後の王朝最盛期における各皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。(瀋陽=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 旧正月 春節 中国文化 しきたり 中国遼寧省 中国遼寧省瀋陽市 乾隆年間 年賀行事 年賀行事文物 敬神孝祖 文物特別展 時代乾隆 時代乾隆年間 朝賀錫福 清時代乾隆 清朝宮廷 瀋陽故宮 王朝最盛期 行事文物 行事文物特別展 遼寧省瀋陽市 開催遼寧省

画像情報

登録日時
2020/01/20 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3264×2448 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
22.8(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ