春節まであとわずか出稼ぎ労働者のバイク帰省始まる福建省
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 春節まであとわずか出稼ぎ労働者のバイク帰省始まる福建省  15日、バイクで故郷へ向かう出稼ぎ労働者たち。スマホのナビ機能を使っているという。春節(旧正月、今年は1月25日)で帰省する出稼ぎ労働者の第一陣268人が15日、中国福建省の泉州市、アモイ市、漳州(しょうしゅう)市などの都市から198台のバイクに乗り、故郷に向けて出発した。中国石油天然気集団(CNPC)はこのバイク隊のために便宜を図る公益活動「ぬくもりの道をバイクで帰ろう」を15日から23日まで実施している。今年で9年目になるこの活動では、福建省と江西省のガソリンスタンド35カ所を開放し、バイクで帰省する人々に無料で給油サービスや反射ベスト、ショウガ湯、温かいお茶および地図などを提供するといった一連の思いやりのあるサービスを行っている。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 春節 旧正月 中国文化 帰省 交通 CNPC しょうしゅう ぬくもり ガソリンスタンド サービス ショウガ ショウガ湯 ナビ機能 バイク帰省 中国石油天然気集団 中国福建省 公益活動 出稼ぎ労働 出稼ぎ労働者 反射ベスト 思いやり 給油サービス

画像情報

登録日時
2020/01/15 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3299×5080 pixel
解像度
300 dpi
展開サイズ※
47.9(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ