「新華社」中国の科学者、光誘導による浸潤性可変植物表面保護剤を開発
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中国の科学者、光誘導による浸潤性可変植物表面保護剤を開発 中国安徽省合肥市にある中国科学院合肥物質科学研究院の技術生物・農業工程研究所の呉正岩(ご・せいがん)研究員率いるプロジェクトチームはこのほど、光制御を受ける浸潤性(親水性・疎水性)植物表面保護剤を開発した。同保護剤を使用することで、除草剤系の農薬が非標的作物に与えるダメージを軽減し、まるで植物に「よろい」を着せるように作物を保護できる。この保護剤はバイオ炭とナノ二酸化チタンを原料とし、技術開発コストが低く作業が容易で、環境に優しい。植物の表面保護に効果的で合理的な解決策・技術的支援を提供し、幅広い応用の可能性が期待できるという。関連する研究成果は米国化学会(ACS)が発行するエコ化学工業分野における重要な定期刊行学術誌「ACSSustainableChemistry&Engineering」に掲載された。(記者/水金辰、劉美子)<映像内容>光制御を受ける浸潤性植物表面保護剤を開発、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 科学 技術 植物 Engineering せいがん エコ化学工業 エコ化学工業分野 ダメージ バイオ炭 プロジェクトチーム 中国安徽省 中国安徽省合肥市 中国科学院 中国科学院合肥 中国科学院合肥物質科学 化学工業 化学工業分野 合肥物質科学 合肥物質科学研究 安徽省合肥市 定期刊行 定期刊行学術 工程研究所 技術生物 技術生物農業 技術的支援 技術開発 技術開発コスト 植物表面 植物表面保護 標的作物 物質科学 物質科学研究 生物農業 生物農業工程 研究成果 米国化学会 表面保護 親水性疎水性 農業工程 農業工程研究所 酸化チタン

映像情報

撮影日
2020/01/20
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
00分55秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4