海南省博物館で竜泉青磁展、現代巨匠の作品120点を展示
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 海南省博物館で竜泉青磁展、現代巨匠の作品120点を展示  18日、海南省博物館で展示された青磁作品「望」。中国海南省海口市の海南省博物館でこのほど、浙江省竜泉市の特産「竜泉青磁」の現代作品展が開幕し、現代の巨匠20人の手による作品120点が展示された。「玉のような青さ、鏡のような明るさ、磬(けい、中国古代の打楽器)のような響き」と呼ばれる竜泉青磁は、陶磁器の製法として唯一ユネスコ世界無形文化遺産に登録されている。ここ数年は世界各地で宋代以降に中国から輸出された古代竜泉青磁が数多く見つかっており、多くの国の博物館が貴重な文化財として収蔵している。今回の作品展の会期は2月15日まで。(海口=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国文化 竜泉青磁 ユネスコ ユネスコ世界 ユネスコ世界無形文化遺産 世界各地 世界無形文化遺産 中国古代 中国海南省 中国海南省海口市 古代竜泉 古代竜泉青磁 唯一ユネスコ 唯一ユネスコ世界 浙江省竜泉市 海南省博物館 海南省海口市 無形文化遺産 現代作品展 現代巨匠 青磁作品

画像情報

登録日時
2020/01/18 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
5360×3456 pixel
解像度
300 dpi
展開サイズ※
52.9(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ