張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省  14日、張掖大仏寺大仏殿の十八羅漢像。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 仏教 ちょうえき シルクロード 中国甘粛省 中国甘粛省張 仏教建築 保存状態 保護単位 十八羅漢 十大弟子 名所旧跡 国家重点 国家重点文物 大仏寺大仏殿 張掖大仏寺 掖大仏寺 掖大仏寺大仏殿 文物保護 文物保護単位 永安元年 甘粛省張 甘粛省張掖 皇室寺院 皇帝崇宗 西夏時代 西夏王朝 観音菩薩 釈迦涅槃 重点文物 重点文物保護 重要文化財

画像情報

登録日時
2020/01/14 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
5472×3648 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
57.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ