五輪期間中に臨時列車 地方会場でも終電繰り下げ
本映像はログイン後にご覧いただけます

五輪期間中に臨時列車 地方会場でも終電繰り下げ  2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は22日、五輪期間中、サッカーの試合が行われる札幌市、宮城県、茨城県の3会場について通常の終電終了後を含む深夜時間帯に臨時列車の運行を検討していると発表した。3会場は、札幌ドーム(札幌市)、ひとめぼれスタジアム宮城(宮城県利府町)、カシマスタジアム(茨城県鹿嶋市)。午後10時以降に競技が終了する開催日を中心に検討しており、五つの鉄道事業者の13路線が対象となる。<映像内容>会見雑観、斎藤勝久・東京2020組織委輸送局輸送企画部長(メガネ着用)の説明、佐久間巧成・東京都オリンピック・パラリンピック準備局輸送担当部長の説明、撮影日:2020(令和2)年1月22日、撮影場所:東京都中央区

タグ 東京五輪 パラリンピック 札幌市 宮城県 茨城県 臨時列車 札幌ドーム ひとめぼれスタジアム宮城 カシマスタジアム 斎藤勝久 佐久間巧成 オリンピック オリンピックパラリンピック オリンピックパラリンピック準備 サッカー パラリンピック準備 パラリンピック組織委員会 メガネ着用 五輪期間中 企画部長 会見雑観 佐久間巧 地方会場 宮城県利府町 巧成東京都 成東京都 成東京都オリンピック 担当部長 斉藤勝久 東京都オリンピック 東京都オリンピックパラリンピック 東京都中央区 終電終了 組織委員会 茨城県鹿嶋市 輸送企画 輸送企画部長 輸送担当 輸送担当部長 鉄道事業

映像情報

撮影日
2020/01/22
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分43秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4