中国の研究チーム、神経膠腫治療に新たな道筋示す
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 中国の研究チーム、神経膠腫治療に新たな道筋示す  今回の研究の概略図。遺伝子ZDHHC17と分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼキナーゼ4(MAP2K4)の複合体は、C-JunN末端キナーゼ(JNKs)とp38のシグナル伝達を活性化させ、神経膠腫の悪性化を招く。ゲニステイン薬剤はこの複合体の結合を防ぎ、腫瘍の成長を阻害する。(資料写真)中国科学院合肥腫瘤医院医学病理部の方志友(ほう・しゆう)研究員と陳学冉(ちん・がくぜん)副研究員のチームがこのほど、スクリーニングにより、悪性神経膠腫(グリオーマ)治療の鍵となる低分子薬剤を発見した。研究成果は学術誌「Theranostics」に巻頭記事として掲載された。(合肥=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 医療 医学 JNKs JunN JunN末端 JunN末端キナーゼ Theranostics ZDHHC がくぜん キナーゼ キナーゼキナーゼ グリオーマ ゲニステイン ゲニステイン薬剤 シグナル シグナル伝達 スクリーニング タンパク質 タンパク質キナーゼキナーゼ 中国科学院 中国科学院合肥 促進因子 促進因子活性化 分子薬剤 分裂促進 分裂促進因子 医学病理 医院医学 医院医学病理 因子活性化 因子活性化タンパク質 巻頭記事 悪性神経膠腫 末端キナーゼ 活性化タンパク質 活性化タンパク質キナーゼキナーゼ 瘤医院医学 研究チーム 研究成果 神経膠腫 神経膠腫治療 遺伝子ZDHHC

画像情報

登録日時
2020/01/14 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
549×1080 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
1.6(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ