南京大学、古生代の海洋生物多様性曲線を発表精度は従来の400倍
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 南京大学、古生代の海洋生物多様性曲線を発表精度は従来の400倍  研究チームが生成した古生代の海洋生物多様性変遷曲線。(資料写真)中国江蘇省の南京大学はこのほど、同校と中国科学院からなる合同チームがスーパーコンピューター「天河2号」を用い、化石記録に基づく古生代海洋生物の多様性曲線を生成したと明らかにした。時間分解能は、同様の国際研究の精度に比べ400倍近く向上したという。関連する成果は同日、米学術誌「サイエンス」のオンライン版に掲載された。(南京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 古生物 オンライン サイエンス スーパーコンピューター 中国江蘇省 中国科学院 化石記録 南京大学 古生代海洋 古生代海洋生物 合同チーム 国際研究 変遷曲線 多様性曲線 時間分解能 海洋生物 海洋生物多様性 海洋生物多様性変遷 海洋生物多様性曲線 生物多様性 生物多様性変遷 生物多様性変遷曲線 生物多様性曲線 発表精度 研究チーム

画像情報

登録日時
2020/01/22 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
1749×1512 pixel
解像度
200 dpi
展開サイズ※
7.5(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ