成都永陵のミュージカル上演唐末五代の宮廷音楽と舞踊を再現
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 成都永陵のミュージカル上演唐末五代の宮廷音楽と舞踊を再現  19日、成都市の四川大劇院で初演を迎えた「伎楽・24」の一幕。中国四川省成都市の四川大劇院で19日夜、成都永陵博物館などの団体が共同で制作した中国風ミュージカル「伎楽・24」が初演を迎え、唐末五代時代の宮廷音楽や舞踊が再現された。成都永陵は五代十国時代・前蜀を建国した皇帝、王建(おう・けん)の陵墓で、現在中国で唯一、地上にある皇帝陵。最も貴重な文化財は王建の棺が安置されていた台座に刻まれた「二十四伎楽」のレリーフで、ミュージカルはこれを基に中国の民族音楽や中国画、伝統的な衣服や漢詩、書道を融合させ、文化財を「復活」させた。「伎楽・24」は今後全国で巡回公演を行い、さらに英国、フランス、韓国、日本などでの海外公演も計画している。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国文化 演奏 ミュージカル おうけん フランス ミュージカル上演 ミュージカル上演唐 レリーフ 中国四川省 中国四川省成都市 二十四伎楽 五代十国時代 五代十国時代前蜀 五代時代 四川省成都市 宮廷音楽 巡回公演 成都永陵 成都永陵博物館 民族音楽 永陵博物館 海外公演

画像情報

登録日時
2020/01/19 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2000×1333 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
7.6(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ