「新華社」スマート交通システムを高度化広東省広州市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」スマート交通システムを高度化広東省広州市 2020年の「春運(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送態勢)」は1月10日から2月18日までの計40日間。交通部門のデータによると、中国広州地区の今年の春運期間の旅客数は延べ5398万3千人で、引き続き高水準となる見通し。春節期間中の交通面での問題をより良く緩和するため、広州市の交通部門は春運の「最強の頭脳」を高度化させ、新たなスマート春運ビッグデータシステムを導入し、総合交通輸送データ、衛星測位、モバイルシグナリング、交通感知器、気象、環境保護などのデータを統合し、より科学的で高効率な意思決定を実現した。スマート交通システムプラットフォームは、市内各地区の自動車量と歩行者量をチェックでき、春運期間の広州、広州南、広州東各駅の広場に滞留する人数と1時間ごとの人の流れを監視して判断し、タクシーやバスの配車を即時に調整する。駅周辺ではAR(拡張現実)によるリアルタイム監視を実施し、車両の違法な営業運転の取り締まりと乗客の安全を確保する上で重要な役割を果たしている。(記者/呉涛、胡拿雲)<映像内容>スマート交通システムプラットフォームの利用、春運で混雑する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 春運 春節 旧正月 交通 混雑 IT 科学 技術 Uターンラッシュ シグナリング システム システムプラットフォーム スマート スマート交通 スマート交通システム スマート春運 スマート春運ビッグデータ タクシー チェック ビッグデータ ビッグデータシステム プラットフォーム モバイル モバイルシグナリング リアルタイム リアルタイム監視 中国広州 中国広州地区 交通システム 交通システムプラットフォーム 交通感知 交通輸送 交通輸送データ 交通部門 取り締まり 営業運転 帰省Uターンラッシュ 広州地区 広州東各駅 広東省広州市 意思決定 拡張現実 春節期間中 春運ビッグデータ 春運ビッグデータシステム 春運期間 環境保護 総合交通 総合交通輸送 衛星測位 輸送データ 輸送態勢

映像情報

撮影日
2020/01/17
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
01分14秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4