「新華社」中国とミャンマー、「一線両園」で生産能力の協力推進
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中国とミャンマー、「一線両園」で生産能力の協力推進 ミャンマーと国境を接する中国の雲南省保山市はここ数年、「一帶一路」構想に積極的に関与し、国外での産業パーク(園区)建設を模索し、「一線両園」の建設を推進している。「一線両園」は、同市とミャンマーのマンダレー、ミッチーナを結ぶ交通網を「線」とし、保山工業貿易パークや騰衝(とうしょう)辺境経済協力区など中国国内の産業パークと、「保山市-マンダレー・ミョータ経済貿易協力区」「ミャンマー・ミッチーナ経済開発区」といったミャンマーの産業パークを相互に接続する構想。このうち「保山市-マンダレー・ミョータ経済貿易協力区」は「一線両園」構想における国外の重要な工業パークとなっている。同経済貿易協力区では現在、既に4700平方メートルに及ぶ工場の建物が完成しており、累計約1億元(1元=約16円)の投資が行われた。入居企業1社が既に生産を開始しており、入居登録が済み、投資許可証を取得した4社は工場の完成を待って生産を開始する予定。また、投資合意に達した企業は10社余りに上る。今年末には全ての先行実施プロジェクトが運用開始される見通しとなっている。(記者/林碧鋒)<映像内容>中国とミャンマーの「一線両園」構想、工業パークの様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 一帯一路 工場 建物 空撮 ドローン プロジェクト マンダレー マンダレーミョータ マンダレーミョータ経済 マンダレーミョータ経済貿易 ミッチーナ ミャンマー ミャンマーミッチーナ ミャンマーミッチーナ経済開発 中国国内 保山工業 保山工業貿易 先行実施 先行実施プロジェクト 入居企業 入居登録 協力推進 実施プロジェクト 工業パーク 工業貿易 工業貿易パーク 投資合意 投資許可 生産能力 産業パーク 経済協力 経済貿易 経済貿易協力 経済開発 貿易パーク 貿易協力 辺境経済協力 運用開始 雲南省保山市

映像情報

撮影日
2020/01/20
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分44秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4