「新華社」中国の巨大電波望遠鏡「天眼」が正式稼働国内外への開放を強化
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中国の巨大電波望遠鏡「天眼」が正式稼働国内外への開放を強化 中国の500メートル球面電波望遠鏡(FAST)、通称「天眼」が11日、国の検収に合格し、3年にわたる調整期間を経て正式に稼働を開始した。今後は高効率で安定した運用に力を入れ、国内外への開放と共用を強化する。「天眼」は、貴州省平塘県に建設された単口径では世界最大の電波望遠鏡。建設過程では巨大なサイズや超高精度などの技術的難題を解決してきた。国家検収委員会の専門家は「天眼」の各指標がいずれも承認された検収指標に達しているかそれを上回っていると指摘。一部の基幹技術は世界のトップレベルに達したと述べた。「天眼」が持つ高感度性は今後3~5年、低周波重力波の検出や高速電波バーストの起源、星間分子などの最先端分野で進展を生み出すことが見込まれる。中国科学院国家天文台は現在、国内外の専門家を積極的に組織し「天眼」の優れた性能をいかに発揮するかを研究しており、国内外への開放と共用を強化することで、重要な成果の実現を目指している。(記者/楊焱彬、劉勤兵、呉思)<映像内容>巨大電波望遠鏡「天眼」の空撮、撮影日:2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 科学 技術 風景 空撮 FAST トップレベル バースト 世界最大 中国科学院国家天文台 低周波重力波 国家検収 国家検収委員会 基幹技術 建設過程 技術的難題 星間分子 最先端分野 検収委員会 検収指標 球面電波望遠鏡 稼働国内外 調整期間 貴州省平塘県 電波バースト 電波望遠鏡 高速電波 高速電波バースト

映像情報

撮影日
2020/01/11
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分54秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4