「新華社」ルワンダ大使がライブコマースに出演コーヒー1トン完売
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」ルワンダ大使がライブコマースに出演コーヒー1トン完売 ルワンダのジェームス・キモニョ駐中国大使はこのほど、中国電子商取引(EC)大手アリババグループ傘下のライブコマース「淘宝直播(タオバオライブ)」のスタジオを訪れ、ルワンダのコーヒーの販売プロモーションを行った。このeWTP(世界電子商取引プラットフォーム)チャリティーライブは同国の農民の増収支援を目的としており、十数分間で2千パック以上のコーヒーが売れ、その総重量は1トン以上となった。eWTPはアリババグループが3年以上前に最初に提唱し、2018年末にルワンダにまず設立された。その最初の取り組みは、ネット通販大手の天猫国際(Tモール・グローバル)などのプラットフォームに同国のコーヒー製品が掲載されるよう支援することだった。中間マージンの廃止によって産業付加価値が高まり、同国のコーヒー農家は、同グループを介してコーヒーを1キロ販売するごとに、以前より4ドル(1ドル=約109円)多く収入を得ることができるようになった。(記者/王懌文、李濤)<映像内容>ルワンダ大使がライブコマースに出演した様子、ルワンダの農民の画像など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ ルワンダ 中国大使 コーヒー EC 馬雲 ジャック・マー 農業 アリババ ロゴマーク eWTP アリババグループ アリババグループ傘下 グループ グローバル コーヒー製品 コーヒー農家 ジェームスキモニョ ジェームスキモニョ駐中国大使 ジャックマー スタジオ タオバオライブ チャリティー チャリティーライブ ネット通販 ネット通販大手 プラットフォーム プロモーション マージン モールグローバル ライブコマース ルワンダ大使 世界電子商取引 世界電子商取引プラットフォーム 中国電子商取引 中間マージン 付加価値 出演コーヒー 取り組み 増収支援 大手アリババグループ 大手アリババグループ傘下 天猫国際 産業付加価値 販売プロモーション 電子商取引 電子商取引プラットフォーム 駐中国大使

映像情報

撮影日
2020/01/14
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分53秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4