「新華社」AIが五輪選手をサポートアスリートの動きをデータ化するシステム開発
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」AIが五輪選手をサポートアスリートの動きをデータ化するシステム開発 中国の北京体育大学はこのほど、2022年北京冬季五輪を見据え、同大学研究チームが人工知能(AI)技術に基づく広範囲の3次元動作解析システムを開発したと明らかにした。同システムはAI技術によりアスリートの動きを自動識別し、人体の特徴点21カ所を抽出できる。アスリートの体にセンサーなどを装着せずに運動プロセスの座標パラメータを取得し、空間校正データを使って動作データを合成することが可能となる。システムはすでにスピードスケートやクロスカントリースキー、カーリング、ボブスレーなどの種目で実際に使用されているという。(記者/魏夢佳)<映像内容>アスリートの動きをデータ化するシステムを開発、アスリートの動きを自動識別する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 2022年北京冬季五輪 AI IT 科学 技術 スポーツ アスリート AI技術 カーリング クロスカントリースキー サポート サポートアス サポートアスリート システム システム開発 スピードスケート センサー パラメータ プロセス ボブスレー 五輪選手 人工知能 動作データ 動作解析 動作解析システム 北京体育大学 北京冬季五輪 大学研究 大学研究チーム 座標パラメータ 校正データ 研究チーム 空間校正 空間校正データ 自動識別 解析システム 運動プロセス

映像情報

撮影日
2020/01/14
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
00分32秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4