「新華社」アリババ達摩院、科学技術に関する今年の十大トレンドを予測
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」アリババ達摩院、科学技術に関する今年の十大トレンドを予測 中国電子商取引(EC)大手のアリババグループ傘下の先端科学技術研究機関、DAMOアカデミー(達摩院)は2日、人工知能(AI)や量子コンピューティング、ブロックチェーンなど科学技術分野に関する今年の十大トレンドを予測し発表した。達摩院が発表するトレンドの内容は、現実生活に使われつつある先端技術に焦点を当てており、業界から有益な見通しと受け止められている。「十大トレンド」は次の通り。①AIが感知知能から認知知能へ進化。②コンピューティングとストレージの一体化による、AIの計算処理能力のボトルネック突破。③「産業のインターネット」がデジタル変革を推進。④機械間の大規模な協業が可能に。⑤モジュール化によりチップ設計のハードルが下がる。⑥大規模生産のブロックチェーンアプリケーションの一般化。⑦量子コンピューティングは課題解決の局面へ。⑧新素材が半導体デバイスのイノベーションを推進。⑨データのプライバシーを保護するAI技術の実用化が加速。⑩クラウドがIT技術革新の中心に。(記者/張璇、呉帥帥、夏亮、李濤)<映像内容>アリババ達摩院が科学技術に関する今年の十大トレンドを予想、撮影日:2020(令和2)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 AI技術 DAMO DAMOアカデミー アカデミー アプリケーション アリババ アリババグループ アリババグループ傘下 アリババ達摩 イノベーション インターネット クラウド コンピューティング ストレージ チップ設計 デジタル デジタル変革 デバイス トレンド ハードル ブロックチェーン ブロックチェーンアプリケーション プライバシー ボトルネック ボトルネック突破 モジュール 中国電子商取引 人工知能 先端技術 先端科学技術 先端科学技術研究 処理能力 半導体デバイス 大規模生産 感知知能 技術革新 現実生活 研究機関 科学技術 科学技術分野 科学技術研究 科学技術研究機関 計算処理 計算処理能力 認知知能 課題解決 量子コンピューティング 電子商取引

映像情報

撮影日
2020/01/02
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分19秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4