東京ガスが豊洲に開所した水素ステーション
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「日刊工業新聞」 東京ガスが豊洲に開所した水素ステーション  燃料電池バスの水素は任せて―。東京ガスは16日、東京・豊洲に燃料電池バスに対応した豊洲水素ステーションを開所した。2系統化により1日20台ほどの燃料電池バスに供給できる。カーボンニュートラルの都市ガスが原料という環境性の高さも訴える。同社4カ所目で、旗艦の水素ステーションになる。日本水素ステーションネットワーク(東京都千代田区)と共同建設した。建設費は非公表で、通常の約6億円より数割高いとみられる。中圧パイプラインからの都市ガスで水素を製造する。液化天然ガス(LNG)の採掘から燃焼の工程で発生する二酸化炭素(CO2)をカーボン・オフセットしている。東京都は年内に燃料電池バスを100台以上普及する計画で、豊洲水素ステーションは都営の燃料電池バスの水素供給を担う。穴水孝東ガス副社長は同日、「大幅に稼働率が上がる」と期待を示した。他の水素ステーションの1日の平均利用台数は、燃料電池車(FCV)5台ほど。=2020(令和2)年1月16日、東京都江東区豊洲、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

タグ 東京ガス 日本水素ステーションネットワーク 水素ステーション 燃料電池バス FCバス 燃料電池車 FCV FCバス カーボンオフセット カーボンニュートラル ガス副社長 ネットワーク パイプライン 二酸化炭素 利用台数 圧パイプライン 孝東ガス 平均利用 平均利用台数 日刊工業新聞 日本水素ステーション 東ガス副社長 東京豊洲 東京都千代田区 東京都江東区豊洲 水素ステーションネットワーク 水素供給 液化天然ガス 燃料電池 穴水孝東 豊洲水素ステーション 都市ガス

画像情報

登録日時
2020/01/16 11:09:44
種別
画像 / 報道
提供元
日刊工業新聞

データサイズ

画像サイズ
1856×2784 pixel
解像度
300 dpi
展開サイズ※
14.7(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ