「新華社」武漢市に新型肺炎専門病院を建設SARS対応をモデルに
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」武漢市に新型肺炎専門病院を建設SARS対応をモデルに 中国湖北省武漢市の新型コロナウイルス肺炎感染予防制御指揮部(対策本部)は24日、同肺炎患者の治療を強化するため、2003年に重症急性呼吸器症候群(SARS)が発生した際に対応した北京小湯山医院を参考に、建築面積2万5千平方メートルの専門病院を建設し、来月3日までに完成させ、使用開始することを明らかにした。(記者/肖芸九、楊志剛、許楊、董博涵、方亜東)<映像内容>新型肺炎専門病院の建設現場、撮影日:2020(令和2)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 建設 病院 建設現場 空撮 ドローン SARS SARS対応 中国湖北省 中国湖北省武漢市 予防制御 予防制御指揮 使用開始 制御指揮 北京小湯山 北京小湯山医院 対策本部 専門病院 小湯山医院 建築面積 建設SARS 建設SARS対応 感染予防 感染予防制御 新型コロナウイルス肺炎 新型コロナウイルス肺炎感染 新型肺炎専門 新型肺炎専門病院 湖北省武漢市 肺炎患者 肺炎感染 肺炎感染予防 重症急性呼吸器症候群

映像情報

撮影日
2020/01/24
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
01分07秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4