東京五輪選手村交流スペースを公開 63自治体の木の香り漂う
本映像はログイン後にご覧いただけます

東京五輪選手村交流スペースを公開 63自治体の木の香り漂う  2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は29日、東京都中央区で整備中の選手村の一部で、選手らの交流スペースとなる「ビレッジプラザ」を報道陣に公開した。全国の63自治体から寄せられた木材約1300立方㍍分が床、柱などに使用され、木の香りが漂い、森林の中にいるような空間となっている。また、同日午後には、63自治体の首長らを招き、お披露目式典も行った。ビレッジプラザは選手らの宿泊棟が立ち並ぶエリアの玄関口として設置され、雑貨店やカフェが入るほか各チームの入村式も行われる。平屋で5棟に分かれ、床面積は約5300平方㍍。昨年3月に着工し、既に内装工事が始まっている。4月末に完成予定。木材はスギやヒノキ、カラマツなど。約4万本分の角材が提供され、1本ずつ自治体名が印字されている。3本の角材をねじるように組み合わせて強度の強い柱にする「レシプロカル架構」など、部屋の用途に合わせて三つの工法を採用した。<映像内容>選手村ビレッジプラザ外観、内観、自治体名の入った木材の柱や床など。自治体首長を招いた式典、雑観、大会組織委の森喜朗会長あいさつ、東京都の小池百合子知事あいさつ、木材提供自治体として岐阜県の古田肇知事あいさつなど、撮影日:2020(令和2)年1月29日、撮影場所:東京都中央区

タグ 東京五輪 パラリンピック 選手村 交流スペース ビレッジプラザ 63自治体 木材約1300立方㍍ 雑貨店 カフェ 入村式 平屋 5棟 床面積 約5300平方㍍ スギ ヒノキ カラマツ レシプロカル架構 自治体首長 森喜朗会長 小池百合子知事 古田肇知事 あいさつ お披露目 お披露目式典 スペース パラリンピック組織委員会 ビレッジプラザ外観 レシプロカル レシプロカル架 会長あいさつ 内装工事 古田肇知事あいさつ 同日午後 大会組織 完成予定 小池百合子知事あいさつ 東京五輪選手村 東京五輪選手村交流 東京都中央区 森喜朗会長あいさつ 知事あいさつ 組織委員会 選手村ビレッジプラザ 選手村ビレッジプラザ外観 選手村交流 選手村交流スペース

映像情報

撮影日
2020/01/29
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
02分19秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4