JBCに4千万円賠償命令 亀田3兄弟訴訟、東京地裁
本映像はログイン後にご覧いただけます

JBCに4千万円賠償命令 亀田3兄弟訴訟、東京地裁  日本ボクシングコミッション(JBC)による処分を巡り、元世界王者の亀田興毅さんら3兄弟側が、JBCと理事長らに総額約6億6400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は31日、計4550万円の支払いを命じた。判決によると、兄弟の次男大毅さんの世界戦を巡るトラブルで、JBCは2014年2月、亀田ジムの会長と、マネジャーの資格更新を認めない決定をした。これにより、3兄弟は国内で試合ができなくなった。<映像内容>判決後に行われた記者会見。出席者は亀田興毅さんと北村晴男弁護士、撮影日:2020(令和2)年1月31日、撮影場所:東京都千代田区

タグ 日本ボクシングコミッション JBC 元世界王者 亀田興毅 3兄弟 約6億6400万円 損害賠償 東京地裁 大毅さん 亀田ジム 北村晴男弁護士 トラブル マネジャー 世界王者 北村晴男 東京都千代田区 次男大毅 資格更新 賠償命令

映像情報

撮影日
2020/01/31
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
02分27秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4