新型肺炎で放射温度計の製造急ピッチ四川省成都市
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

新型肺炎で放射温度計の製造急ピッチ四川省成都市  1日夜、携帯式放射温度計の基板の溶接作業をする従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、中国四川省成都市のベビー用品メーカー、成都凡米科技有限公司では、「防疫対策重点区域」および人が多く集まる場所での需要に対応するため、従業員が残業して作業にあたり、携帯式放射温度計の製造を急ピッチで進めている。(成都=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 携帯式放射温度計 製造 ベビー用品 ベビー用品メーカー メーカー 中国四川省 中国四川省成都市 四川省成都市 対策重点 対策重点区域 急ピッチ 急ピッチ四川省 急ピッチ四川省成都市 放射温度計 有限公司 溶接作業 用品メーカー 科技有限公司 製造急ピッチ 製造急ピッチ四川省 重点区域 防疫対策 防疫対策重点

画像情報

登録日時
2020/02/01 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3572×5199 pixel
解像度
300 dpi
展開サイズ※
53.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ