「新華社」濃厚接触者の隔離施設でロボット活躍浙江省嘉興市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」濃厚接触者の隔離施設でロボット活躍浙江省嘉興市 中国浙江省嘉興市南湖区にある新型コロナウイルス肺炎患者との濃厚接触者を集中隔離・経過観察する施設でこのほど、インテリジェントロボット「小米」が正式に配属され、経過観察者へのサービスを開始した。経過観察者がマスクを必要とした場合、指令を受けてからわずか1分で正確に届けることができる。スタッフが任務開始前に消毒し、終了後も各部位を再度消毒処理する。サービスを提供する際は、医薬品は医薬品、食品は食品と厳密に分け、1度に同一種類の物資しか運ばない。生活ごみなど経過観察者が出した物を持ち帰ることもしない。小米は在宅介護市場向けに開発されたインテリジェントロボットで、高齢者に食事を届けるなどのサービスをカスタマイズして提供する。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>新型肺炎の隔離施設で活躍するロボット、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス インテリジェントロボット 小米 IT 科学 技術 物資 配送 隔離施設 インテリジェント カスタマイズ サービス スタッフ ロボット ロボット活躍 ロボット活躍浙江省 中国浙江省 中国浙江省嘉興市 介護市場 任務開始 嘉興市南湖区 在宅介護 在宅介護市場 新型コロナウイルス肺炎 新型コロナウイルス肺炎患者 活躍浙江省 活躍浙江省嘉興市 浙江省嘉興市 浙江省嘉興市南湖区 消毒処理 生活ごみ 経過観察 肺炎患者 隔離経過 隔離経過観察 集中隔離 集中隔離経過

映像情報

撮影日
2020/02/03
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
1024p
フレームレート
30fps
再生時間
01分24秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4