首里城、全焼の正殿公開 「見せる再建」へ
本映像はログイン後にご覧いただけます

首里城、全焼の正殿公開 「見せる再建」へ   昨年10月に火災があった首里城(那覇市)を管理する一般財団法人「沖縄美ら島財団」などは4日、沖縄県警が火災の捜査を終結したことを受け、出火場所とみられる正殿周辺を含む火災現場を報道陣に公開した。県などは一般向けの立ち入りエリアを広げ、「見せる再建」を進める。奉神門から先にある焼失建物の公開は初めて。正殿跡にはがれきが散乱し、正面には竜をかたどった「大龍柱(だいりゅうちゅう)」一対がすすけた状態で立っていた。北殿や南殿・番所(ばんどころ)は骨組みが残ったが、赤瓦が落ちたり、窓ガラスが割れたりしていた。県や政府は、3月上旬から首里城公園内でプロジェクションマッピングをしたり、今春の大型連休をめどに一般公開したりして、観光客誘致に力を入れる方針だ。<映像内容>がれきが散乱する正殿跡、すすけた状態で立つ「大龍柱」一対、骨組みが残った北殿や南殿・番所など、撮影日:2020(令和2)年2月4日、撮影場所:沖縄県那覇市

タグ 首里城 沖縄美ら島財団 沖縄県警 見せる再建 奉神門 正殿跡 がれき 大龍柱 北殿 南殿 番所 首里城公園内 だいりゅうちゅう りゅうちゅう プロジェクションマッピング 一般公開 一般財団法人 出火場所 南殿番所 大型連休 正殿公開 正殿周辺 沖縄県那覇市 火災現場 焼失建物 窓ガラス 立ち入り 立ち入りエリア 観光客誘致 首里城公園

映像情報

撮影日
2020/02/04
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分27秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4