中国人強制連行二審も敗訴 秋田・花岡鉱山の労働者ら
本映像はログイン後にご覧いただけます

中国人強制連行二審も敗訴 秋田・花岡鉱山の労働者ら  太平洋戦争中に秋田県の花岡鉱山や大阪の造船所などに強制連行され、過酷な労働を強いられたとして、中国人労働者と遺族ら計21人が国に計8250万円の損害賠償と謝罪を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は4日、請求を棄却した一審大阪地裁判決を支持し、原告側控訴を退けた。<映像内容>原告側の入り、旗出し、原告側の会見、大阪高裁の外観、撮影日:2020(令和2)年2月4日、撮影場所:大阪府大阪市

タグ 太平洋戦争中 花岡鉱山 中国人労働者 遺族 損害賠償 大阪高裁 一審大阪地裁 一審大阪地裁判決 中国人労働 中国人強制連行 大阪地裁 大阪地裁判決 大阪府大阪市 太平洋戦争 強制連行 控訴審判決 秋田花岡鉱山

映像情報

撮影日
2020/02/04
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分39秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4